出生前診断の告知のあり方と自己決定の支援について考える【泣いて笑ってBlog】

メインサイト http://www15.ocn.ne.jp/~nikomama/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

NHKクローズアップ現代でのオンエアが決まりました。

既に泣いて笑ってのメインサイトではご紹介済みですが、明日、2010年12月14日にNHKクローズアップ現代でのオンエアが決定しました。
http://cgi4.nhk.or.jp/gendai/index.cgi
タイトルは「進化する超音波検査の課題」(仮)
◆本放送:2010年12月14日(火) NHK-総合 19:30~19:55   
◆再放送:2010年12月14日(火)深夜 NHK-BS2 24:15~24:41 ※日付上は15日(水)
※再放送については、当日の放送事情により、時間が変更になる可能性もあります。


・電話だけの取材
・カメラ無し・ディレクターとお会いしての取材
・カメラ有りの取材
・取材には至らなかったけれども、ご協力をお申し出いただいた方

等々・・・


今回は多くの皆様に助けていただきました。
今、放送を前に、きっとディレクターのYさんもラストスパートなのかな・・・
おそらく睡眠不足で、それでも、頑張ってくださっているんだろうなと、心から感謝です。


ただ、番組の放送が終了した後、自分自身がどのような感想を持つことになるのか
それはまだ未知数でもあり
そして、取材に応じてくださったお母様方のお気持ちも心配です。

取材に応じるまでの葛藤、そして取材が終わってからも、それをきっかけに自身の心と向き合い、新たな気付きを得て始まる次のステップに戸惑い、そして今度は第3者へのメッセージとして発せられた自身の言葉が与える影響と反応に敏感になり、そこからもまた感情の揺さぶりが始ります。

私達の体験は、全ての人に受け容れられるわけではないけれども、妊娠・出産・育児を経験されてきた方や、これから経験されるであろう方、そして産婦人科や小児科に携わる医療関係者の方、福祉関係者の方などにご覧いただければ・・・と思います。

出生前診断にまつわる議論は、これからまだまだ成されるべきで、それはもちろん、専門家の間だけでなく、当事者や体験者も参加していくべきです。ただ、当事者や体験者というのは、精神的にかなりデリケートな状態の方が大多数で、参加するというまでにかなりのパワーを要します。
決して忘れたいわけじゃない。忘れたくなくて、でも、どこかで抑圧していて、なんとか今を生きている。

妊娠を継続した方には継続した方の
断念した方には断念した方の
それぞれの尊い決断と生き方を、私は、いつも正しいと思うし応援したいと思っています。

NHKクローズアップ現代でのオンエアが決まりました。…の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | 各メディアでの紹介 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

『中絶の決断 ずっと癒えず 』読売新聞医療ルネサンスの記事から

yomiuri220218.jpg

2月18日 読売新聞 医療ルネサンスにて ご紹介いただきました。(上の画像クリックで大きくなります)
東京から遠路はるばる取材においでくださったY記者さんとは本当はもっとお話がしたかった。
限られた時間の中、事前に泣いて笑ってのサイトを下見してコピーしてマーカーして聞き取りをして写真撮って記事にして。私なんてうまくまとめられないから、いつもダラダラと書いてしまうのですが・・・さすがY記者はプロですね。ありがとうございます。

記事を見たとメールをくださる方もいて嬉しく思います。ありがとうございます。

Y記者からは中絶という言葉での表現になること、人工死産という言葉は使えなかったことの連絡を事前にいただきました。

私は中絶という言葉も含めて受容ができているから大丈夫だと伝えました。

でも、赤ちゃんを失ってまだ日が浅い母親にとっては、“中絶”をたとえ頭ではわかっていても心では拒絶するという反応が起きて当たり前なのです。

この妊娠を終えるか継続するか・・・自分で意思決定をしなければならなかった母親の皆さんには、どこかで共感してもらえたら、それだけで嬉しいです。


インターネットでも記事が読めます。ヨミドクターのページへ↓
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=20954

また、同じく【赤ちゃんを亡くして(3)病気や障害 否定しない】にも出産前に赤ちゃんに病気があることがわかった方の記事が紹介されています。遺伝カウンセリングのことも紹介されています。

【追記】

今、このブログをUPして気が付きました。
Y記者はヨミドクターオンラインの記事に情報を追加してくださっているんですね。
思わず胸が熱くなります。

追加してくださっている情報は上記ヨミドクターのページでご確認ください。



別窓 | 各メディアでの紹介 | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨

第8回 日本遺伝看護学会学術大会 交流集会に参加してきました。

2009年9月11日(金)・12日(土)に、第8回 日本遺伝看護学会学術大会と交流会が広仁会館(広島大学 霞キャンパス内)にて開催され参加してきました。

スケジュールの調整が厳しく、今回はかなりの強行突破で、私は12日の午前2時過ぎに起床、3時半には車に乗って高速道路を広島までカッ飛んで行きました。普段は軽自動車に乗っているのですが、さすがにオンボロ軽自動車では約5時間の高速での道程には不安があり、父の車を借りました。カーナビがついてるので心強かったです。
そして交流集会が終わったら、また車に乗ってトンボ返りでした。会場にいる時間よりも往復の移動時間のほうがずっと長かったんですが、様々な市民活動・ボランティア活動をなさっている方々や医療関係者の皆さんにお目にかかれたことが何よりも嬉しかったです。とてもよい刺激をいただきました。

面識のない方が、「ホームページ見ています。」とおっしゃってくださることは大変嬉しいのですが、また恥ずかしかったりもします。
そして出生前診断に関して関心の高い医療者の方々と直接お話できたことは大きな収穫だったと思います。わざわざ泣いて笑ってのブースにおいでいただきながら、どの方とも、ゆっくりお話しすることができなかったのですが、また機会を見つけて連絡させていただきたいと思っています。

泣いて笑ってのウエブサイトにて紹介している、冊子・手引書・リーフレット一式をご購入いただきました皆様には、心より感謝いたします。

また広島大学の関係者の皆様、日頃からお世話になっている長崎大学の関係者の皆様には、会場でも何かと手伝っていただいたりお気遣いをいただきました。心より感謝申し上げます。


↓泣いて笑ってのブースにいただいたボードに貼らせていただいた写真たちです。この写真の提供を快く承諾してくださったママとご家族には心から“ありがとう”を申し上げます。

IMG_9012k.jpg
IMG_9011ks.jpg


↓長崎大学の方が作成してくださったポスターです。タイトルは
出生前診断の告知のあり方と自己決定の支援について考えるサイト
「泣いて笑って」におけるリーフレット共同作成のプロセス


IMG_9013k.jpg



別窓 | 活動報告 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 出生前診断の告知のあり方と自己決定の支援について考える【泣いて笑ってBlog】 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。