出生前診断の告知のあり方と自己決定の支援について考える【泣いて笑ってBlog】

メインサイト http://www15.ocn.ne.jp/~nikomama/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

掲示板での出会い13 なおさん

教えてください by なお 2004/10/08 23:01:07

おかよさん、こんばんは。理子ママさんと同じく、ポコズママの会からやってまいりました。
聞きたいことがあるんですがいいでしょうか?

私は、今年5月に20週で第一子の息子を死産しました。27cm、404gでした。原因は前期破水です。感染症によるものだろうとは言われましたが、はっきりとした原因はわからないと言われてしまいました。
他の病院にメールなどして問い合わせたところ、検査をして原因がわかるかもしれないと言われたので、今、悩んでいるところです。
なぜ、通っていた病院ではわからないのに、他の病院では検査を…という話になったのか。通っていた病院の先生はいい先生なので好きなのですが、原因を追究できないという点で不安を感じています。

何が聞きたいかっていうのは、おかよさんは、娘さんを亡くされたあと、次の妊娠に向けて何かしたか…ということです。病院で検査をしたり、されましたか?それとも、特に何もせずに次のお子さんを妊娠され、無事に出産されたんでしょうか?このHPを一生懸命読んだつもりですが、そのようなことについては書いてなかった気がしたので、質問させていただきました。もし、どこかに書いてあって、見逃していたらすいません。

最近、頚管無力症などという言葉を知ってしまい、さらに不安になっています。私はもしかしたらあの病気なんじゃないか、とか、いや、あれが原因かも、とか、素人判断で不安に陥っている日々です。お返事いただけたらうれしいです。



[レス] Re:教えてください by おかよ 2004/10/09 13:47:16

なおさん、こんにちは。お返事が遅れまして申し訳ありません・・・。何度も読み返させていただきました。私が娘を死産したのは6年前の5月。時期も赤ちゃんの週数もほとんど変わらないのです。ですからとても辛く読ませていただきました。

>原因は前期破水です。
>感染症によるものだろうとは言われましたが、はっきりとした原因はわからない
>と言われてしまいました。


息子さんを死産された時・・・入院中の病院で検査はされなかったということでしょうか。
私は細菌感染による前期破水でした。でもこれは検査で分かったことです.どんな菌に感染したのかを調べるためです.
そして子宮頸ガンの検査も受けました.クラスⅢaでした。なおさんがメールで問い合わせた病院が、なぜ原因がわかるなどと言ってるのか私は理解に苦しんでいます.

私は専門家ではありませんから、一意見としてあくまでも参考にとどめておいてくださいね…。

もう10月ですから5ヶ月前の死産の原因となった細菌を調べることも、もうできないでしょう。そして頚管無力症も、細菌感染とは関係がないはずです.頚管が短い→重くなった子宮を支える力がない、といったものでそれは頸管縫縮術を受けるなどで改善されるそうです.

ただ、前回の妊娠の出血がこの無力症のものであるのか感染を起こしたためであるのか、または別のものなのかは・・・・今となっては分からないとしか申し上げられないと思います.
また今回はとても悲しい結果になりましたが、次回もまたそうなるとは決して言えません.流産・死産は、繰り返し起きるものではないと思いますし、またそうであって欲しいと願っています.繰り返すようでしたら、それは不育症と呼ばれ、細菌感染とは原因も異なってくるはずです.

不安は痛いほど分かります。。本当にわからないんですよね.なぜ細菌感染による前期破水を起こしてしまったのか・・・・。
私も、当時はインターネットという手段を持っていなくて本を読み漁り「なぜ?なぜ?」という一心でした。

私は死産後1年3ヶ月してから長男を授かりました.その時はまた仕事を持っていましたので無理が重なり、腎盂腎炎を起こして40度近い高熱を出し12週ごろに入院しました.
そして以前の悲しい思いをした教訓を、忘れてはいけなかったと反省し、仕事はやめました.

「妊娠は病気じゃないよ」と、いわれますがその言葉はもう死語だと私は思います.自分とは違う命を子宮に授かったときから、母親は無理をせず、できるだけ穏やかに過ごすことを心がけるべきだと思いました.

この掲示板の過去ログに同じように感染を起こして死産に至った方も、なおさんと同じように「どんなことに気をつけていたのですか」と、聞いてくださいました.次回、新しい命を授かったときは、また同じ病院に行かれるのでしたら、きっと注意深く診てくださるでしょう。
もし病院を変わるのであれば、細菌感染前期破水起こしたことを伝えておけば検診の度にオリモノの状態をチェックしたり、必要ならば座薬タイプの消毒をしてもらったりということもできるかもしれません。

下着はいつも清潔にし、疲れたら休んで決して無理はしない.そして妊婦ライフを楽しむことを心がけていれば、きっときっと、待望の赤ちゃんに会うことができると思います。

長くなってまとまりがなく、申し訳ありません.
またいつでも遊びに来て下さいね.


[レス] Re:教えてください
by なお 2004/10/09 14:18:27

おかよさん、ていねいにお返事ありがとうございます。

実は今日、また違う病院から返事がきていました。3つぐらいに同じ内容で問い合わせてみたんです。
今日返事をもらった病院では、前期破水の原因の確定診断は不可能だとありました。そして、特に有効な対策もないとありました。
こんなにも病院によって違うものかと、何を信用すればいいのかわからなくなっています。

入院中の病院では、白血球の数が非常に多くなっているので、感染症ではあるけれど、感染を起こして破水したのか、破水したから感染したのかはわからないって言われたんです。
おかよさんのように、どんな菌に感染したのか、調べてくれたのかよくわかりませんが、私には教えてもらえなかったように思います。実際のところ、説明を受けたとき、混乱していたのであまり覚えていないんですけど…。
残念ですけど、もう、今となっては遅いっていうのが本当のところなのかもしれないんですね。

ちょっと話がずれちゃうんですけど、私は、通っていた病院から救急車で運ばれたんです。搬送先の病院は、未熟児の対応ができるからって。検診に行っていた病院の先生は、救急車の中でまだ希望はあるようなことを言ってくれました。でも「次の妊娠は…」とか、次回についてばっかり話すので、やっぱり無理なのかなぁと思っていました。
いざ搬送先につくと、あっさり「羊水が全然ないね。今回は残念だけど…」と言われました。さっきまで先生は励ましてくれてたのに…なんでこの病院の人は最初からあきらめているのか、不思議でなりませんでした。

無理とわかっているなら、わざわざ違う病院なんかに来たくなかったです。ここにくれば助かるんだと信じていたので…。それで、この病院というのが最悪でした。最悪ぶりを話していると長くなってしまいますので、省きます。検診に通っていた病院の先生には、次回に妊娠したとき、おりものの検査などで見ていくしか方法がないと言われてしまいました。原因はつきとめられないとも言われました。座薬タイプの消毒っていうのもあるんですね。おかよさんは、それで対応されたんでしょうか?長くなってしまいすいません。実は今日、息子の予定日なんです。台風なんかきちゃって、なんだかやな感じです。
スポンサーサイト
別窓 | 掲示板過去ログから | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 出生前診断の告知のあり方と自己決定の支援について考える【泣いて笑ってBlog】 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。