出生前診断の告知のあり方と自己決定の支援について考える【泣いて笑ってBlog】

メインサイト http://www15.ocn.ne.jp/~nikomama/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

掲示板での出会い17 のんきちさん・みいさん

ちょっとつらいです by のんきち 2004/10/14 23:24:15


おかよさん こんばんは。今日はちょっと凹むことがありました。
もうずいぶん前に通信販売で頼んでいたベビーグッズが今日届いたんです。某通販…何で今ごろ…しかもこんなつらい時期に…またいろいろと思い出して泣けてきちゃいました。
赤ちゃんのために使うハズだったブランケット、母子手帳ケース…。まだ性別も分かっていないのに選んだ女の子っぽいベビー服。
この商品頼んだ頃はまさかこんな日が来るなんて思いもしなかったのに。赤ちゃんもオナカで育っていたのに…。思い出して、つらいです。
なぜ今赤ちゃんはいないんでしょう。何か、心の準備が出来ていないところにこれはかなりキツイです。自分で頼んでるクセにね。でもタイミング悪すぎです。けどこれからこんな出来事は多いのかも知れませんね。何が赤ちゃんを思い出させるかわからないですもんね。
自分なりに心構え出来てるつもりでも実際そうじゃなかったりとか。
ああでも今日のはホントキツイなあ…。
ちょっと前向きな気持ちになりつつある時にこれは…。寂しいです。 


おはようございます  by みい 2004/10/15 10:45:37

のんきちサン、大丈夫ですか?
ほんとに辛い出来事でしたね。
おかよサンみたいな言葉が私には思い浮かばなくて…。
ただ、ちゃんと眠れたのかなぁ。と心配になりました。
元気になれる様な事を言ってあげられなくてごめんなさい。一歩ずつ 前進したり後退したりしながらゆっくり焦らず前に進んでいってください。のんきちサンが笑顔でいれる日が早くきますように(*^_^*)  



みいさん ありがとう
 by のんきち 2004/10/15 11:37:20


みいさん おはようございます。
優しい言葉をかけて頂いてありがとうございました。
すごく嬉しいです。(涙)昨日は何だかあまり寝付けずちょっと夜更かししていろいろネット散歩していました。
あるサイトにすごく良い言葉が書いてあって何度も何度もその言葉を読んで泣いていました。そしたらちょっと悲しい気持ちが和らぎました。その後はちゃんと眠れました。みいさん、心配かけてごめんなさい。そしてありがとう。
今日はお天気もいいのでちょっと元気になりました。
青空を見るとなんだか癒されますね。みいさんも大変な時なのに本当にありがとう。私も1歩ずつゆっくり歩いていきますね。
みいさんやおかよさんやみんなから元気を分けてもらいながら。
またお話出来ることを楽しみにしています。 


Re:ちょっとつらいです  by おかよ 2004/10/15 13:11:33


こんにちは、のんきちさん、みいさん。
それは・・・とても辛かったですね.私の場合は死産後も、市の方からマタニティクラスの案内葉書が届いたり、他にもありましたね。
・・・その度に心が乱れ激しい悲しみが襲ってきました。

のんきちさん、辛いよね。でも、それはのんきちさんも書いてあるけれど、のんきちさんが注文したものですよね?
たぶん、きっとね・・・まだ「元気」になったかのように思うのは気のせいなんですよ。前向きな気持ちになっていても、あるとき突然、また悲しい現実につかまって身動きできなくなるときも、やっぱりこの先、幾度となくやって来ます。
でも私は我慢しないで泣いてます。昨日もね、主人が言いました.私の友達から昨夜遅くに電話が入って「誰?」と聞いてくるから「Mちゃんよ」と、答えたら「あ~、女の子二人いる人だっけ.いいなぁ。」って。
うちは男の子3人でしょう?やっぱり私も亡くなった娘が帰ってきてくれたらいいな・・・ってずっとずっと願っていたからやっぱりちょっと寂しいものはあるのですよ。
だけど、きっと主人はそういう意味ではなく(たぶん)男の子ばっかり3人じゃなくて女の子も欲しいなぁって、思わずぽろっと言ってしまったのかもしれません.
3人の息子達が生まれたとき、無事に元気で生まれてくれて本当に嬉しかったし愛しかった・・.だけど、その寝顔に娘の最後のお別れのときの顔を重ねて面影を探し、娘のことを誰も思い出してくれなくなりそうで・・・・寂しかった.
私にとってたった一人の娘です.どうしてもこの腕に抱きたいという思いは、正直言ってまだずっと心の中にくすぶっています.贅沢な悩みだと思われる方もいるかもしれませんが、たとえ流産・死産後に授かった子がいても、その子のことを心から愛していても、亡くなってしまったもう一人の我が子を忘れることはできないのです…

女の子用のベビー服、1度も我が子用に買ってあげたことはなく、いつも洋服売り場では、やはり辛くなってしまいます.・・・ごめんなさい。のんきちさんを励ますつもりが・・・・。

のんきちさん、きっと今頃荷物が届いたのは、まだまだ天使になった我が子のことを思い続けていいのだということではないでしょうか。
忘れようにも忘れられない.ただ、泣くことだけが私達が自分自身を慰めるたった一つの方法なのだと私は思います.

また素敵な青空が撮れたら、貼り付けに来て下さいね.みいさんも、いつもありがとう。。。。毎日、みいさんも祈りつづけているのですよね.私も妹の日記をUPしながら、本当に胸が熱くなるんですよ・・・・。また「こんなことあったよ」って報告、待ってますね☆  
スポンサーサイト
別窓 | 流産・死産体験談 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 出生前診断の告知のあり方と自己決定の支援について考える【泣いて笑ってBlog】 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。