出生前診断の告知のあり方と自己決定の支援について考える【泣いて笑ってBlog】

メインサイト http://www15.ocn.ne.jp/~nikomama/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

掲示板での出会い28 emuさん・のんきちさん・はなさん・さつきさん

いつ亡くなったのかその疑問が膨れるばかり  by おかよ 管理人 2004/11/06 10:49:17


おはようございます。今日は私のことで書き込みさせてくださいね。聞き流してくださってもいいですから^^

あちこちの天使ママサイトや掲示板で、私と同じように妊娠中期で死産したり人工死産なさった方の体験を目にする度に心が締め付けられます。
いつも思うのは・・・私の娘は、いつ、亡くなったのか・・・。
分娩中にお腹の中で亡くなったのか・・・出産と同時に亡くなったのか、それとも産まれた後なのか・・・そんなこと考えたってどうしようもないのかもしれないけど。。。
でも、今でも気がかりなのは、産まれた後、まだ温かいあの子を抱き上げてあげればよかった。もっと会わせて欲しいと言えば良かった。お遺灰を残して欲しいと主人に伝えればよかった。もう1度会いたい。 



Re:いつ亡くなったのかその疑問が膨れるばかり
 by emu 2004/11/06 14:53:31

おかよさん、こんにちは。
前回、お話してから随分日にちがあいてしまいました。。私も同じ事を考えています・・・息子がいつ亡くなったのかわかりません。
私は8ヶ月の検診で原因不明の子宮内胎児死亡を宣告されました。
医師の話では亡くなってから2~3週間は経過していると。。自覚症状がなく息子の異変に気づいてやれなかった私。とてもショックでした・・・母親として情けなかった・・・7ヶ月の検診の日、胎動があまりないような気がしたので病院でその旨話をしました。でもその時は異常がなくて・・赤ちゃんも緊張しちゃったのかな~という助産師さんの言葉で安心してしまいました。
あの時もっとちゃんと調べてもらえばよかった。。おそらく息子は7ヶ月の検診の直後、私のお腹に小さい体を置いたままお空へかえっていったのだと思います。
中で苦しくても、痛いところがあってもすべて一人で耐えていたのかと思うとやりきれません・・・おかよさん、自分の事ばかりでごめんなさい。。私も息子に会いたいです・・・ 


Re:いつ亡くなったのかその疑問が膨れるばかり  by のんきち 2004/11/06 23:26:02


おかよさん、私も赤ちゃんがいつ亡くなってしまったのかははっきりしません。私も他のサイトでその事について書かれている話を見て考え込んでしまいました。
そして想いはおかよさんと同じです。
私は、主治医に事前にその事について聞きました。
主治医の答えは「だいたいの赤ちゃんは出てくる前に心臓が耐えられなくて亡くなってしまう事が多い」でした。
私の赤ちゃんは体勢が悪く、出て来るまでに時間がかかりました。そしてやっと出て来てくれた赤ちゃん、しばらくの間私の足元にいるのが見えましたが動いている様子はなく、そしてスタッフの人に連れて行かれました。
体を綺麗にしてもらってからはずっと一緒でしたが、今でも思うのは出て来てすぐに抱いてあげればよかった…。私のもとに来た時のあの冷たい肌…。赤ちゃんが出て来た瞬間には私の主治医はいなくて、後日赤ちゃんの事を聞いても「はっきりとは言えないけどおそらくお腹にいる時に」…って事でした。
陣痛が来ている間、ずっと神様にお祈りをしていました。「どうかこの子が苦しますにあなたのもとに行けますように…どうかどうか…」私はその祈りが届いている事を信じたいです。

おかよさんの祈りもきっと届いているはずです。私はそう信じています。


Re:いつ亡くなったのかその疑問が膨れるばかり  by はな 2004/11/07 01:46:23

おかよさん、こんばんわ。私もそれはずっと考えてしまいます。
でも、私の予想。
私の場合もプレグラを使った朝はちゃんと動いてた(と思います)。その動きは「出たくない」っていう動きだったのか、「さようなら」の挨拶だったのか…それ以降はおなか痛くて、わからなくなりました。
おなかの中でもうお空へ返ったんだろうと思います。
私のチビたんも体勢が悪くて、最後は何度もいきんでチビたんも苦しかったと思います。
私はおなか痛いし、引っかかったところが痛くてあの時は無我夢中でいきんでしまって、、、、でも最近、思うことはチビたんは私たち夫婦に試練を与えてくれたんだということ。いい親になるために。いい助産婦になるために。いい人間になるために。チビたんを亡くす経験があるからこそ、感じることが増えました。
私も写真もとらず、遺灰も残しませんでした。前にすすむためにと思って二人で相談してのことですが、ときどき後悔してます。あまり前にすすんでるとはいえないし、、、、私も会いたい。きれいにわかるチビたんのエコー写真を見てあの小さな姿を思い出すばかりです。 


Re:いつ亡くなったのかその疑問が膨れるばかり
 by さつき  2004/11/11 19:47:04

私も・・・同じ事を思っています。もうすぐで・・・・出産予定日。「ごめんね」あの子に、泣いて謝っています。
最近、また、妊婦さんを見るのが辛くなっています。早く子供が欲しい・・・私も自分の子を抱いてみたい・・・あの子の分まで、抱きしめたい・・・してやれなかった事をしてあげたい・・・



さつきさんへ
 by おかよ 管理人 2004/11/12 13:50:52


もうすぐ予定日なんですね。どんなに心乱れることか・・お気持ちお察しします。
私のことで恐縮ですが、私も娘を5月2日に21週で死産して出産予定日は9月7日でした。しかしその日、私の実の妹が23週で娘を出産しました。娘は420グラム。姪っ子は451グラム。一見してほとんど変わらない大きさの姪っ子を出産予定日に見たときは、私、気が狂いそうになりました。。。。娘なのか?姪っ子なのか?あの悪夢の続きなのか?これは神様から与えられた試練だというのなら・・・なぜ私にだけ?!と情緒不安定に陥りました。。。
さつきさん 私の3人の息子は、それぞれ亡くなった娘と関係する日付に生まれています。姪っ子にいたってはまさに娘の出産予定日に生まれた子です。全員が娘と深く関係してることは・・私自身、否定できないように思います。
今現在、私たちは将来の自分自身を見ることができないけれど、みんな幸せになるために生まれてきてると信じています。幸せとは程遠い位置に追いやられてしまった自分たちだからこそ、幸せはその数倍にもなってきっとさつきさんの許にやってきてくれると思います。泣けるときはたくさんたくさん泣いてくださいね。我慢するのはよくないです。。。
スポンサーサイト
別窓 | 掲示板過去ログから | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

掲示板での出会い27 ろころさん・のんきちさん

あたしの赤ちゃん① by ろころ(omusubi) 2004/11/06 17:27:48

わたしは一回人工中絶しています。
生まれていたら末っ子になる子でした。

赤ちゃんの体の半分は胞状奇胎でした。

この状態は生命になる事も出来なく、母体が癌になるという可能性があった為、妊娠を断念しました。(事実子宮頚部ガンの疑いがありました。)手術の時、先生に「もう子供がいるのだから今回は不幸中の幸いだよね」と言われ、同業者でありながら、このコメント。
怒りを越えて、その先生の人としてのあり方に哀れみの気持ちでいっぱいになりました。怒る気力もありませんでした。

手術はおかよさんと一緒で、人工的に出産する方法でした。

私はどうしようもない精神状況になっていたので、もしかしたら幻覚なのかもしれないとその時思いましたが、手術後にベッドで自暴自棄になっていた時、子宮のところをふと見たら、うっすらと光の珠が見えたんです。
その珠は私に向かって話しかけているように直感的に感じました。
私の自己満足かとも思いましたが、その時、「僕はココまでを学びに来たんだよ。悲しまないで。僕に体を提供してくれてありがとう」そう、言っているように感じたんです。



Re:あたしの赤ちゃん②  
by ろころ(omusubi)2004/11/06 18:02:36

次の朝、診察に来たドクターに「私の子、男の子だったんでしょうか?」と聞くと、ドクターは「何でわかっちゃったの?教えなかったのに?」と返事をしました。
その時思ったんです。コレは息子が挨拶に来てくれたんだと。
私を助けに来てくれたんだと。

昔々日本のある特定の地方では、初産の子供や、年取ってからの子を人工的に流産させる地方があったそうです。その理由は初産や高齢出産の子供に奇形児が少なくなかったためだとも、体の毒を浄化するためだともいわれていたようです。

私はその子を中絶した後、血液検査でも癌のマーキングが消えてしまったんです。ドクターも経過検査のたびに「こんなこともあるんだね・・・・」と不思議がっていました。私には、彼が助けに来てくれたのと同時に地球上での、そこまでの体験をしに来たんだとそう考える事で、彼の存在のあり方と自分の状況の認知をすることが出来たように思います。短絡的かもしれませんが・・。
とはいえ、しばらくは彼の事で無き崩れる日がほとんどだったのですが・・・。

そして、おまけ。
水子供養をした際、護摩炊きをしてもらった時の事です。両手をあわせ祈っている時、ふと目を開けたら、護摩炊きの火の上に、またあの光の珠がありました。
「僕は次のところに行って、やる事があるんだ。あまり心配されると、僕が気になって集中できないから、そんなに心配したり、自分を責めたりしないで。僕は感謝してるんだよ。肉体を提供してくれてありがとう。ソレハあなたしか出来ないことだったんだから。」と、瞬時に胸に語りかけてきたのです。(そのように感じました。)
コレは私の体験ですが、もしかしたら途中で、生まれる事を選択しない子もいると言う事は、ありえるのかもしれなんだと思います。
この世界には色々な事が同時に存在しています。何しろ、受胎にしろ、出産にしろ、流産にしろ、子供の生命がGO!を出さなければ、おこりえないことだということですから・・。
医学的にもこの分野は探求されて来ているとの事です。もしかしたら、気に障るような事を書いてしまったかもしれません。お許しください。でも、こういう体験もあるのだと知っていただきたくて、この場にお邪魔いたしました。それでは・・・☆ 



Re:あたしの赤ちゃん①
 by のんきち 2004/11/06 23:42:01


ろころ(omusubi)さん、初めまして。

辛い経験の後にとても不思議な経験をされたんですね。とても不思議なお話です。

科学的なことだけが現実ではないですし、このような経験もきっと現実として存在するんでしょうね。
「お母さんを選ぶ赤ちゃん」という本にもこのような不思議な経験をされた方のお話が載っていました。
赤ちゃんがお母さんを選ぶように、生まれることを選ばない赤ちゃんもいるのかもしれないですね…。
でもそれは私達母親にとってはとても辛いこと。
だけどそれまでの短い期間でもちゃんと意味があるんでしょうね。少し、読んでいて気持ちが軽くなりました。私のもとには光の珠は来てくれませんでしたが、私の赤ちゃんもそれまでの経験をするために私を選んで来てくれたんでしょうか…?



Re:あたしの赤ちゃん①  by おかよ 管理人 2004/11/07 04:00:16

ろころさんは私のブログWith Childrenからお越しいただいています^^産褥シッターさんで看護婦の資格で動いていらして、以前は小児アレルギー科にお勤めだったそうです^^なんだかよく思うのですがここは看護師さん・助産師さんつながりがありますよね・・・

不思議な話・・それが本当なら、救われますね・・・。
私も不思議な体験はよくしていたほうですが、娘のときはどうしてもネガティブだった自分の気持ちばかり思い出してしまいます。だから私を見限って、嫌って、私の許から出て行こうとしたんじゃないかなって思ってしまう時もあるんですよね。
でも、わざわざ死ぬために生まれてくる命なんて・・ないですよね。たった数日でも数週間でも、『生きた』私たちの大切な我が子なんですよね。

別窓 | 掲示板過去ログから | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

掲示板での出会い26 のんきちさん・みいさん・emuさん・

ちょっとつらくて…  by のんきち 2004/11/05 01:02:33


こんばんは、おかよさん。今日とてもショックなことがありました。
近所に住むママ友が妊娠してたそうなんですが、昨日流産してしまったということだったんです。彼女が妊娠してた事を私は知りませんでした。言う機会を逃していたら私の赤ちゃんがダメになって、余計に言い難くなってしまってと、今日、彼女から話を聞き、ただただショックで…。13週だったそうです。
赤ちゃんを連れて帰って来ていたそうなので、会わせてもらいました。私の赤ちゃんと同じ、すごく小さい…彼女の赤ちゃんはもっと小さかった…でも小さな手や足にはちゃんと爪もあって…私の赤ちゃんと同じ、男の子でした。
彼女はもともと明るく振舞うタイプの子なので今日だって悲しみを見せないようにしていたみたいで…。
多分あまりに突然の出来事に気持ちが追いついてないだけなんじゃないか、と思うんですが…。
後から後から、日毎に悲しい気持ちになるんじゃないかと、とても心配なんです。でもそっとしておいて欲しいと願う気持ち、裏腹に、一人にして欲しくないと思う気持ち、分かるだけに私どうしたらいいのかと悩んでしまって…。
こんな悲しい事が私の周りで起こるなんて。もうなんていったらいいのか…つらいです…

Re:ちょっとつらくて…  by みい 2004/11/05 13:27:30

こんにちは。13週…私が2年前に流産したのは12週、その時に赤ちゃんを見てやる事ができなくて、落ち着いたころに『見てやれば良かった』と後悔しました。
のんきちサンのお友達の赤ちゃんと同じくらいなのでなんだか私もつらいです。私の友達(妊娠7ヶ月)は先日、急性虫垂炎で手術しました。もう少し遅かったら赤ちゃんはダメになってたみたいで、無事に手術が終わって安心しました。のんきちサンの心と体のほうは大丈夫ですか?



Re:ちょっとつらくて…  by おかよ 管理人 2004/11/05 15:41:19

のんきちさん、ママ友さんの赤ちゃんに会ったこと、きっとママ友さんは喜んでいらっしゃいますよ。普通ならそんな小さくて亡くなってしまった赤ちゃんに、誰が会いたいと言うでしょう・・・。
会わないほうがいいだろうと、誰もが思うことでしょう。だけど、のんきちさんはご自身の経験から、たとえ小さくても私たちの可愛い赤ちゃんに変わりがないことを知っています。
だからこそ、会いに行ったんですよね。

ママ友さんはご自身で赤ちゃんを弔ってあげるんですね。それはもしかしたら・・・今日なのかもしれないのですよね。
赤ちゃん・・・も、きっとお母さんと一緒に過ごす時間が持ててよかったですね。
私ものんきちさんのこの書き込みを拝見したのは深夜だったのですが・・・言葉に詰まってしまってお返事ができませんでした。雑談掲示板の方に貼り付けたセピア色の写真は天使のはしごが見えます。なぜか昨日はその写真がどうしても貼りたかったのです。そしてのんきちさんの書き込みを見つけました。
だから・・・なんとなくその理由がわかった気がしました。お友達のママさんも、とても悲しい涙に暮れる日々が続くことと思います。のんきちさん。悲しいね・・・同じ経験者なのに・・なんて声をかけて差し上げればいいのか・・・わからなくなりますね。
のんきちさんがそのお友達のママさんに何かしてあげたいと思うなら・・・素敵なポストカードにメッセージを託して渡すのもいいかもしれません。。。
赤ちゃん、天国に召されていったんですね。。。きっときっと可愛い子なんでしょうね。


Re:ちょっとつらくて…  by emu 2004/11/06 14:03:03

のんきちさん、こんにちは。今日久しぶりにお邪魔しています。
お友達事。。哀しいですね。。辛いですね。。大切な我が子を亡くすという経験をしているからこそ気持ちが痛いほどわかり、言葉につまります。ただただ、天使ちゃん達が皆幸せでいてくれる事を願っています。。
たいしたことが言えなくてごめんなさい・・・


Re:ちょっとつらくて…  by のんきち 2004/11/06 22:56:04

**みいさん**

レスありがとうございました。
みいさんの赤ちゃんは12週で…。彼女と同じ位ですね。辛い事を思い出させてしまいました。ごめんなさい。みいさんのお友達の手術が無事終わったとの事。私も本当によかったと思います。心から。
みいさんのお友達が元気な赤ちゃんに会えますように…。私もお祈りしています。それから、私はなんとか前向きにいけてるかな…?
悲しい気持ちは同じですが、前より泣かなくなりました。お気遣いありがとうございます。みいさんも忙しい事とは思いますが、お体に気を付けてくださいね。


**おかよさん**

いつも優しい言葉をありがとうございます。
天使のはしごの写真、そうだったんですね。やっぱり何事にも意味があるんだな…って思いました。
今までは、天使のはしごに出会えたとしても、ただきれいだな~って見ていただけなのに、今は特別な思いです。雲の向こうでは赤ちゃんが頬杖ついてこっちを見てる様な気がします。
今日、ママ友からメールが来ました。やっぱり悲しいって…。頭では分かっているような気はしてるけど、何でって思ってしまうって。
彼女を想うと泣けてきてしまいます。辛い気持ち、悲しい気持ち、やりきれない気持ち…分かるだけに切ないです。私もそうであったように、人に話す事で少しは気持ちが軽くなると思うので、また彼女の様子をみながらいろんな想いを聞いたり話したりしようと思います。


**emuさん**

レスありがとうございました。
emuさんの天使のはしごの写真、本当に綺麗で心に響きます。
おかよさんも天使のはしごの写真を見せてくれたり、そしてemuさんも。タイミング良すぎで、なんだか出来すぎてますね。でも本当にありがとうございました。
彼女も今は深い悲しみの中、いろんな事を考えている事と思います。私もそうでした。みなさんも同じ想いだったでしょうね。泣いて泣いて泣いて…。
その気持ちが分かるからこそ、なんとか力になってあげたいと思うんですが、どうすればいいのか正直わからなくて…。でも私に出来ることでなんとか力になりたいと思います。
みいさん、おかよさん、emuさん、そして私と彼女の赤ちゃんが仲良く遊んでいられますように。天使になった赤ちゃんみんなが幸せでいられますように。
別窓 | 掲示板過去ログから | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

掲示板での出会い25 はなさん・のんきちさん

また来てしまいました。 by はな  2004/10/30 02:24:25


こんばんわ。今日から夫は夜勤。
気が付けば、あの子がいなくなって最初の夫の勤務も夜勤。
私の産休もあと2週間になりました。あと2週間と思うと、不安で不安で・・またお産を診れるのか、笑顔でおめでとうをいってあげられるか、私があの子を産んだ職場で涙が出たりしないだろうか、、、連日テレビを見ては辛い体験をしてる方々を見て「みんな 辛い思いをしても生きてる」と思っては赤ちゃんの病気を知って、究極の選択を迫られたときに「父も亡くしてるのになんでわたしばっかり・・・」という気持ちを抱いてしまったことを反省しています。
ここ最近 涙が止まってました。でも友達のお母さんが「ちゃんと天国でおじいちゃん(私の父)が初孫を探して今ごろ遊んであげてるよ」と言ってくれた言葉にまた涙が出ました。
最近、なぜか涙があまり出ません。涙が出なくて、ご飯も食べて、夜もしっかり寝れて冷静に「あと2週間になった」と思ってる自分が少しいやになります。
もしかしたら赤ちゃんには病気がなかったかもしれないし寝たきりでも呼吸器をつけても生きていたかったのかもしれない、じゃあ、私の選んだ道は自分で赤ちゃんを手放したんじゃなかって・・・とにかくいやでいやで・・・結局もやもやしてるんですよね

・・・前にも後ろにも動けない自分がいやになります…でもこれはやっぱり月日が流れるのを待つしかないんですよね。
おっぱいもすっかりしぼんで、ほとんど出なくなって妊娠してた証はおなかの濃くなった毛だけ。

母子手帳だけは赤ちゃんのかわりにパジャマのポケットに入れて抱いて寝ています。


Re:また来てしまいました。 by のんきち 2004/10/30 15:19:37

はなさんはじめまして。私は9月30日に赤ちゃんを亡くし今日でちょうど1ヶ月です。
先程その時刻、午後2時12分を迎えました。
はなさんも9月に赤ちゃんをなくされたんですね。もうあと2週間でお仕事に戻られるとの事。はなさんは助産婦さんなんですね。私もそうですが、赤ちゃんをなくしたママ達にとって妊婦さんを見るのは本当につらい事。できるだけ見ないように…と思ってしまう位なのに、はなさんはお仕事で毎日関わらなくてはならない、これは本当に大変だと思います。
赤ちゃんを思い出して、またあの時にフラッシュバックしてしまう、その要因がありすぎます。ただ、はなさんが仕事としてそれら全てを受け入れる事ができるかどうか…心配です。
でも助産婦さんの仕事は本当に素晴らしい仕事だと思います。自分のお産に立ち会ってくれた助産婦さんは一生忘れられません。はなさんが今まで関わった全てのママ達もはなさんをずっと覚えているでしょうね。
今のはなさんにとってはつらいかもしれませんが、助産婦さんて本当にいいお仕事だと私思います。
はなさんは涙が出ない事を気にしていられるようですが、それははなさんが赤ちゃんの事をちゃんと受け止めて、そして哀しみもちゃんと受け止めていけてるからじゃないでしょうか?
私も、自分で望んだわけではないけど、自分の選択で赤ちゃんがいなくなったこと、ホントにこれでよかったのか、もしかしたらちゃんと生まれてこれたんじゃないかとか色んな事考えて苦しくなります。はなさんも同じ想いなんですね。本当につらいですね。私が出会った心癒される言葉が書いてあるHP「お空の赤ちゃん」の中の「哀しみからの旅立ち」、これをみて私ずいぶん救われました。ぜひはなさんも覗いてみて下さい。はなさん、またお話して下さいね。


Re:また来てしまいました。 by おかよ 管理人 2004/10/31 01:35:20


はなさん、こんばんは^^
涙は枯れたと思っても、あるとき突然、またあふれてきます。でも毎日泣いていると、自分自身が自分を守ろうとするんじゃないのかな・・・なんだか泣けない自分が許せないというか信じられないというか・・・。
もう自分は大丈夫なんだと、そこで思ってしまいがち。。。だけど、本当は違うんだ・・・私は死産後、元いた職場には戻れなかったですよ。死産後5ヶ月してパート就職しました。新しい職場で新しい人間関係で、好きなハーブを扱う職場だっただけに楽しかった。
だけど、不意に悲しくなってよく泣いてました。でも、はなさんの場合は死産した場所と職場が同一・・・想像しただけで不安になるのも大いにわかる気がします。
死産後、赤ちゃんや妊婦さんを見ても正視できるようになるのは、自分自身が妊娠して安定期に入り無事に出産した後かもしれません。妊娠中、いくら前回と違うとはわかっていても不安はどうしてもついてまわるから・・・。無事に産声を聞くまでは・・・やっぱり『安心』はできないのですよね。その後も無事に大きくなってくれるまでは・・・やっぱり安心できない。
『赤ちゃん』はだって私たちにとって、亡くしてしまったたった一つの愛しい命。たとえ次の子が授かっても、その子の代わりではないから・・・。
はなさん。はなさん自身のために、赤ちゃんのために・・・。迷いながら傷つきながら歩んでいくこと、とても心配してしまいますが陰ながら見守らせてください。
私なら・・・って考えると、言葉になりません。『赤ちゃんの死を前にして』は医療従事者向けにも作られています。
もし書店で手に入るなら読んでみられませんか・・・?


Re:また来てしまいました。 by はな 2004/11/02 01:55:47


のんきちさん、おかよさん、お返事ありがとうございます。いよいよ11月に入りました。もう、カレンダーをみると怖いとか言ってられなくなりました。
夫には昨日「心が耐えられなかったら、1回やめてもいい??」と聞いたら「いいよ」って言ってくれました。

お空に返した赤ちゃんを結婚して1年半、待ち望んでいました。なぜか専業主婦してるときにはやってこなくて、働き出したらすぐにできた子。
だからなんとなく 専業主婦に戻るともう赤ちゃんが来ないような気がして、働くことを選びました。

のんきちさん。私は午後2時14分。のんきちさんも私と同じ時期に辛い思いをしてるのに私を励ましてもらってすみません。

おかよさんの私を含めた皆さんへのお返事には毎回涙が出ます。時間があるので泣ける本をさがしてたくさん読みました。「誕生死」ももちろん・・・あとで紹介してる本 見てみます。また妊娠したいです。あの、やたら暑かったり寒かったりしたこと。
母子手帳が照れくさかったこと、何よりもおなかのなかで赤ちゃんが動く感じをまた体験したいです。そして旦那の分身を残したい。

私の赤ちゃんが眠ってる供養塔へ行くと、毎回新しい子供用のお菓子や、おもちゃが供えてあります。わたしだけじゃないという思いで、これまた励まされます。なんだか、まとまりのない文章ですみません。もう少しだけ、家にいる時間を楽しみます。ちゃんと働けるといいな、、、
別窓 | 掲示板過去ログから | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

掲示板での出会い24 みずうみさん

また振り出しかな・・・  by みずうみ 2004/10/30 00:54:55


ここに書き込みさせて頂くのははじめてです。
おかよさん、こんにちは。
いつもおかよさんのHP拝見させてもらってます。

私は8月半ばに9週目での流産をしました。その後、色々な方の体験談などを読み、こんなに沢山のママ達が辛い経験をしながらも毎日頑張っておられる姿に元気をもらっています。
私の場合は典型的な妊娠初期の流産だったため、”仕方のない事”として諦める以外に方法はありませんでした。
私よりももっと辛い早産や死産を経験した方も多い・・・おかよさんの体験談を読ませて頂いた時は涙がとまらず、こんなに辛い思いをしながらの出産・・私がおかよさんだったら・・とずっと考えさせられました。
我が子の形さえはっきりしない妊娠初期流産。これはどうしようもなかった事、仕方のなかった事・・・何度こうして自分に言い聞かせてきたかわかりません。
あれから2ヶ月以上が経ち、今では何もなかったような生活が続いています。昨日、主人の友達夫婦に会ってきました。主人の友達の奥さんとも仲良くさせてもらっていて、買い物に一緒に行ったりしていました。彼女は私より2週間早く2人目の赤ちゃんを妊娠していて、私の妊娠がわかった時は二人で喜び合い、私の流産後は私と一緒に泣いてくれたり・・・彼女は本当に優しくしてくれます。
その後も何度か会っていたのですが、お腹はあまり目立っていなかったので、彼女が妊娠しているという事をあまり意識せずに済んでいたのでしょう・・。
昨日会った時には、大きくなったお腹を見て凍りついてしまいました。本当なら私のお腹もこんなに大きくなっていたんだろう・・胎動も感じていただろうし、マタニティーも着ていて・・こんな思いがいっきに頭を駆け巡り、それでもそんな思いを悟られないように必死に笑顔で話していた自分がいます。
元気になった私、前を向いて歩いている私、そんな私を見て、私が妊娠していた事さえみんな忘れているのでしょうね。
赤ちゃんの鳴き声を聞いては体が硬直したり、妊婦さんを羨ましく思っていたり、友達の赤ちゃんを見ては胸が張り裂けそうになってる私の心なんて、自分にしか理解できない事はよくわかっているのですが、タマにこんな気持を持て余してしまいます。昨日はキツかった・・・久し振りにドカンと落ち込みました。
沢山の方々が同じような思いを書かれているので、どれだけ救われたかわかりません。また今日から頑張って進んでいきます。同じような思いを何度も何度もしながら、しっかりと生きていかなければ・・。そう自分に言い聞かせながら、今日は書き込みさせて頂きました。



Re:また振り出しかな・・・ by おかよ 管理人 2004/10/31 01:13:47

たとえ初期流産でも、悲しみって深いんですよね。

私もそれはたくさんの天使ママたちと出会うことで知り得たことです・・・。
だってあの妊娠したとわかったときの、あの体の内からみなぎる喜びとかパワーとか・・・思い出しただけで震えるぐらい、とても大きな感動ですものね。
私も、もう自分は大丈夫だと思って出産後の友人に会いに行っては泣き、閉じこもり、立ち直り、また泣き暮らし・・・の繰り返しでした。
自分はこんなに心の狭い悪魔のような人間なんだって怖くなったときもありましたよ。。。
みずうみさんのような、いつも他の天使ママたちに優しい言葉をかけて差し上げられるママには、きっとまた幸せな日々が戻ってきてくれます。たとえ時々気持ちを持て余してしまっても、『それが当たり前』なんだと肯定して自分を許してあげてください。。。

Re:また振り出しかな・・・
by おかよ 管理人 2004/10/31 01:16:43
追伸
頑張らなくていいんですよ。。。泣き腫らした目で顔晴っていけばいいんですよ^^もうすぐ帰国されるんですよね。
食べたいものリスト、また教えてくださいね♪



Re:また振り出しかな・・・ by みずうみ 2004/11/01 02:18:18


おかよさん、ありがとうございます。
私も色々な方の体験談を読ませて頂きながら、自分の気持ちの整理をしたり、自分自身に言い聞かせたりしています。
時間と自分とのにらめっこをしながら頑張っていきますね。
いよいよ里帰り!!明日の朝はやく立ちます。8ヶ月ぶりの日本なので、母や家族に会えるうれしさで、気持ちはもうあっちに飛んでいますよ!
日本に帰ったら、美味しい魚が食べたいですね~。約一ヶ月の滞在になりますが、帰ってきたらまたお知らせしますね。それまで私の事を覚えておいてくださいね!
おかよさんもお忙しい日々を送っておられると思いますが、どうかご自愛下さい。ではまたお話できる日を楽しみにしています!
別窓 | 掲示板過去ログから | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

掲示板での出会い23 のんきちさん

想うこと  by のんきち 2004/10/28 01:19:10


こんばんは、おかよさん。
昨日赤ちゃんのお供養に行ってきました。
お坊さんのお話を聞いて涙がいっぱい出ました。
赤ちゃんはいろんな人と関わっていないだけに、赤ちゃんがいた事をずっと覚えてあげられるのはご両親だけです、ですからずっと忘れないでいてあげる事こそが1番のお供養になります、というお話を聞き涙が溢れ、本当にそうだなあと思いました。
その時おかよさんと赤ちゃんの事も思い出しました。
おかよさんがずっとずっとこの先も想いつづけていくだろう赤ちゃんはきっと幸せだろうなあって。私もずっと忘れない。この世には生まれてはこれなかったけど私たちの大事な赤ちゃん。ちゃんと産んであげることは出来なかったけど…。赤ちゃんが私を選んで来てくれたこと、ずっと忘れない。赤ちゃんがいつも幸せである様にずっと想い続けようと思います。いっぱいいっぱい幸せになるように想い続けようと。それであのコが喜んでくれるなら…。
みんなの赤ちゃんもママにいっぱい想われて幸せなんだろうな、と思います。天使ママ達、いっぱいいぱっぱい赤ちゃんのこと想ってあげて下さいね。赤ちゃんはそれが1番嬉しいそうですから…☆


Re:想うこと  by おかよ 管理人 2004/10/29 17:03:33


泣くことは思い出すことだったり 詫びることだったり 感謝することだったり・・・。
そして、またいつか、きっと会えると信じることだったり・・・。
私たちが想わないで誰が想ってくれるのだろう。
私もどこかでその言葉を聞いたことがあります。
忘れない。いつだって。  
別窓 | 掲示板過去ログから | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

掲示板での出会い22 ミルキーさん・さつきさん・のんきちさん・はなさん

ちょっと辛くて。。。 by ミルキー 2004/10/22 14:18:18

はじめまして。私は産婦人科に勤める看護師です。
7月に初めて授かった赤ちゃんを亡くしました。妊娠週数18週で、女の子でした。たくさんの思いが交錯し、今まで同じような産婦さんや赤ちゃんをお世話させていただいたのに、自分自身がこうなってみて、なんて薄っぺらな看護をしていたのかと思い知らされました。
おかよさんがHPに書いておられる、そういうケアのできる人間が必要だと心から思います。
産後の休暇を取った後、また職場に復帰していますが、やはり毎日辛くてどうしようもないのです。早く私も赤ちゃんが欲しい・・・焦る気持ちを抑えることができません。
自分の感情を押し殺して、毎日勤務することが果たしていいのかどうか・・・今、迷っています。でも、幸せそうな妊婦さんや赤ちゃんを見ると、悲しい反面、勇気もパワーももらってる気がします。
でも、バランスを失ってきてさまよってるうちに、ここにたどり着きました。聞いてくださってありがとうございます。写真も素敵ですね。なんだか張り詰めていたものが、ぷつんと切れて昨晩は大泣きしました。おかよさん、私もおかよさんみたいに強くなりたいです。


Re:ちょっと辛くて。。。
by さつき  2004/10/22 17:19:38

こんにちは。さつき と言います。私も流産の経験をもつ看護師です。ミルキーさん、まだ、子供さんを亡くして3ヶ月くらいですよね。自分自身が産婦人科に勤めてるとは、まだ、辛いでしょうね。

私は5月31日に流産しました。13週でした。
看護師としてでなくても、まだ、働くことは出来ません。沢山の人と関わるのは、私の場合、辛いです。
流産後、2週間だけ働いてみたけど・・無理でした.きっと、人それぞれだと思うけど・・・私は8月に子宮筋腫の手術で入院して、赤ちゃん・妊婦さんをイッパイ見て初めは見るのも嫌で・・・目をそむけていましたが段々と妊婦さんにも赤ちゃんにも頑張って欲しい気持ちに変わってきました。
なんだか、今にも妊娠しそうな?勢い(気分ですョ)で退院時には気持ち良く病院を後にしました。

ミルキーさん。お仕事、あまりキツイときは無理しないで下さいね。私だって、いまだに泣いてるんだもん。きっと、これからも泣いちゃうんだろうけど・・・ちゃんと、吐き出す場所を確保して下さいね。
きっと、ここでも吐き出す事が出来ると思いますよ。みなさん、気持ちが分かる方ばかりなので・・・。 


Re:ちょっと辛くて。。。
by のんきち 2004/10/22 23:06:29

ミルキーさん、はじめまして。私は9月30日に2人目の赤ちゃんをお空に帰しました。私も看護師です。
ミルキーさんは産婦人科にお勤めなんですね。嫌でも毎日妊婦さんや赤ちゃんと関わらなくてはならないなんて…それは、本当につらいことですね。ミルキーさんの気持ち痛い程わかります。

私も以前は外来だけですが産婦人科に勤務していた事があります。その頃は自分自身、妊娠も赤ちゃんをなくす事も経験していませんので、看護…と呼べるような行為は出来てなかったと今になって思います。

赤ちゃんが欲しいと切実に願うミルキーさんの気持ち、焦る気持ち、私も同じです。決して競争するような事ではないんだけど、私も早くまた幸せな妊婦さんの方に行きたい…!と強く思います。そしてこの哀しみから早く抜け出したい…。
ミルキーさんは毎日妊婦さんを見てるし、より強くその思いにかられるんでしょうね。本当につらいですね。自分の気持ちもまだまだなのに誰かを看護するって。しかもそれが妊婦さんや赤ちゃんなんて。
だけど、ミルキーさんが妊婦さんや赤ちゃんから勇気やパワーをもらえるって思えるのなら、それは素晴らしいことだと思います。私はまだまだそんな風に思える域に達してません。さつきさんの記事を見ているとこんな私じゃダメだなあって思いました。
ミルキーさんの哀しみやつらい気持ち、ここでおかよさんやみんなが聴いてくれますよ。同じ気持ちで共感をもって。吐き出す事で気持ちが楽になるって私もここに来て教えてもらいました。
今の職場にいるのがつらいのなら無理にいる事もないのかもしれませんが、そんなミルキーさんだからこそ出来る看護もあるかもしれない。つらいけど…。でも、今はまだ無理ですよね。あんまりにも自分がつらいのなら無理しなくてもいいと思います。ミルキーさん、つらいけど悲しいけど、一緒にゆっくり歩いていきましょう。 


Re:ちょっと辛くて。。。 by おかよ 管理人 2004/10/22 23:43:45

こんばんは。ミルキーさん、さつきさん、のんきちさん、書き込みありがとうございます・・・。
以前、こちらの掲示板には産婦人科の医師、助産師さんからもお書き込みがありました。。。いくらご自身が産婦人科で働く身であっても、流産死産を頭では理解していても、我が身に起きたことはとても辛く悲しいことでしょうね。
看護師である顔。私の顔。交互に現れる顔・感情。。。。どのようにご自身を保たれているのか・・・・本当に頭が下がります。
ミルキーさんまだ日が浅いのに、体は少しずつ回復してくるけれど・・・やっぱり心はなかなか元気にはなれません。
毎日、本当に頑張っていらっしゃるんですね。たとえ産婦人科にお勤めでも、死産流産のケアに長けているスタッフは、まだまだ日本には数少ないことです。。。もっともっとこういった部分にも、専門的なケアを必要とすることを・・・産婦人科の皆さんには知っていただきたい思いです・・・。
ミルキーさん、頑張らないことも、ありなのではないでしょうか。
頑張ることでご自身が幸せならば、それもすばらしいと思います。ですが、逃げることは卑怯ではないと思います。
悲しいけれど、時間がゆっくりゆっくり流れて・・・ゆっくりゆっくり歩いていくしかできないのかもしれません。いつでも思いを吐き出しに来てくださいね。



ありがとうございます  by ミルキー 2004/10/25 16:28:21

さつきさん、のんきちさん、おかよさん

レスを読ませていただいて、本当に、久々に泣けました。
いつも泣いてるんだけど・・・・本当に泣いたのは久しぶりです。
こんな感情を持ちながら働く私は、産婦人科に勤める看護師として失格だと思っていました。苦しくてたまりませんでした。だけどこの掲示板の過去の書き込みも見させていただいてとても救われたような気がしています。さつきさんものんきちさんも看護師なんですね。

私ももう1度、これからをどうしたいのか考えてみます。また来ますね。本当にありがとうございました。


Re:ちょっと辛くて。。。  by はな 2004/10/25 16:38:19

こんにちわ。はじめまして。私も9月にはじめての赤ちゃんを亡くしました。21週でした。
赤ちゃんはいなくてもちゃんと産休があってうちで久しぶりの専業主婦をしています。(毎日ぐうたらです)
私も産婦人科で働く助産婦です。以前、おかよさんにお話を聞いてもらいました。あと3週間もすればまた、職場復帰することになってます。
職場の婦長さんに「家にいても考えてばかりになるから仕事したほうがいいよ」といわれてるし、私には助産婦以外できることがないので・・・産婦人科の仕事は嫌いではないので、私自身復帰はしたいのですが。正直 不安です。怖いです。職場で妊婦さんと関わることや、中絶する人を見て自分が平静でいられるか・・・・・産休中の今、ワン子を飼いはじめて、そのお世話に明け暮れて時間がどんどん過ぎていくのですが、友達と電話ではなすことも会うことも避けてるのにちゃんと働けるのか、、、外出して、ご主人とお買い物してる妊婦さんを見れば「この人は、私と同じくらいの予定日かな~。お買い物とか楽しいんだろうな~。」と考えてしまいます。
今までは(妊娠する前も含め)職業柄「あ、妊婦さんだ、どこで産むのかな」くらいだったのに・・・

ミルキーさん、確かに明るい妊婦さんや赤ちゃんってパワーをくれますよね。でもその反面、今のミルキーさんには辛いことでもありますよね。
来月から働く私ですが、少し頑張ってみようと思います。赤ちゃんをさわって。ここにきて、おかよさんに聞いてもらって少し心が楽になってます。ありがとうございます。 
別窓 | 掲示板過去ログから | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

掲示板での出会い21 あっこさん

はじめまして☆  by あっこ 2004/10/23 00:07:42

おかよさんはじめまして☆私は19歳の短大生です。
先月9月8日に流産ではじめての赤ちゃんをお空へ還しました。。それからおかよさんのHP・ポコズママのHPに出会い、私も今回の出来事をカキコしようか迷っていましたが思い切って書き込みさせて頂きました。

今の彼氏は私が今までで一番最高の人で初めてこの人となら結婚したいと思った人でした。
その彼の赤ちゃんが出来たと知った時、嬉しい反面不安もあり正直複雑な気持ちでしたが彼と私は絶対産むと決めていました。
その時、赤ちゃんは5週に入ったばかりでした。けれどその時、エコーでは赤ちゃんは確認できず一週間後に来るように言われました。次の検診の時はエコーに写ってくれる事を祈る毎日でした。
妊娠が判ってからも私はバイトを休む事が出来ず出勤していました。私のバイト先は結構ハードだったので不安でした。電化製品のお店で重いものを持ったり走り回ったり。。。ずっと立ちっぱなしだったので赤ちゃんにもいつもごめんね。。頑張ってと心の中でいってました。。

彼のご両親に妊娠の報告をし、結婚の話も進みバイトも辞めようと決めた翌日の出来事でした。いつものように出勤し、ふとトイレに行くと出血が。。。動揺し、泣いてしまいました。すぐに早退し病院へ。。 
一番近くの産婦人科へ彼と駆け込みました。病院は私は初診だった為、受付の人に「受付時間も過ぎてますのでいつも行っている病院へ行ってください。」と笑いながら言われました。
それからその受付の人はめんどくさそうに院長に電話していました。あまりの対応の悪さにあきれながらすぐにその病院を出ました。そして行きつけの産婦人科へ電話し、「先生は帰ってしまいましたがすぐ来てください」と。
急いでその病院へ向かうと先生が来てくれていました。。診察がおわり先生から「今回は流産の可能性がありますので明日の朝また来てください」と。。けれど私は家に帰るのが怖くて病院に泊まることにしました。ずっとずっと泣きじゃくる私に彼は「大丈夫。大丈夫」と優しくなだめてくれずっと傍にいてくれました。夜も眠れず出血は止まりませんでした。
「お願い。。頑張って」とお腹をさすりながら赤ちゃんに言っていました。夜中、トイレへ行くと塊が。。その瞬間、お腹の中にはもういない感じがしていました。けれど信じたくない、自分の思い違いだと思いたかった。。朝、看護婦さんが軽く、「もう流産してるから九時に手術するから」と。それまで何の説明も話も聞かされていない私と彼は現実に起きていることが把握できませんでした。
その後先生が来ました。私は頭が真っ白のまま手術台へ。。あまりの怖さに体が震えました。看護婦さん二人もいたのですがとても冷たい態度で怖さに我慢できず、「彼も中に入る事はできませんか?」と尋ねるとあっさり「無理に決まってるでしょ」と。。
それから全身麻酔が打たれ「痛い・・怖い」と思っている内に意識が飛びました。。

目が覚めたときにはもうお昼で時計を見てあれから三時間も経っている事に気づきおどろきました。それから吐き気との戦いでした。。その間、看護婦さんは一度も来ませんでした。
若い私たちを軽蔑というかバカにしたような態度でした。
しばらくしてやっと看護婦さんが来て、まだ完全に麻酔から覚めない私に「歩いてみて。検診しないと帰れないわよ!」と。。
その時の私はとても歩ける状態ではなかったのに。。。ふらふらしながら検診室へ。それなのに点滴をもってスタスタと歩く看護婦さん。
針が抜けそうで怖くて私は「点滴、自分で持ちます」と言ったくらいでした。病院の対応の悪さに本当に悲しくなりました。。。
退院してからの私は毎日毎日泣いてばかりでした。なんで守ってあげられなかったんだろう。。とか病院を変えてれば。。とか毎日、亡くなった赤ちゃんの事を考え自分を責めていました。
退院して一週間でバイト復帰したのですが、バイト中も苦しくて悲しくてトイレで声を殺して泣いた時もありました。。正直、バイト先にいるのが嫌だった。。苦しかった。。バイト先にいるとあの時の事ばかり思い出してしまいバイトに行くのが嫌になりました。。
体力も落ち、精神的にもきつくて自分の体の状態を知り、そしてまたショックを受け。。本当に辛くて、バイト先に嘘をついてずる休みをしてしまいました。
流産の事は店長には話していましたがズル休みした日、店長から今回の事をいろいろと言われ限界に達し、辞めようと思いその事を伝えると態度がガラリと変わり残ってもらいたいと説得されました。
今、二週間程お休みを頂いていますが私なりにいろいろ考え彼とも相談しやっぱり今のバイト先は辞めようと思っています。
今月の十五日にお寺で亡くなった赤ちゃんの供養に行ってきました。私と彼は不思議な体験を何度か経験しました。亡くなった赤ちゃんはいつでも私達の傍で見守ってくれているんだな☆って感じました。名前も決めていたので供養の時によだれかけに名前を書いてあげました☆
今も情緒不安定でしょっちゅう泣き出したり意味もなくイライラしてしまいます。でも亡くなった赤ちゃんから沢山の事、学びました。赤ちゃんの為にも前を向いてしっかり生きていこうと思っています。長くなりごめんなさい。。そしてまとまりのない文で不快な思いをさせてしまったかもしれませんがお許しください。
おかよさんのHPで元気いっぱいもらってます☆本当にありがとうございますm(__)mこれからも頑張って下さい☆応援しています!! 


Re:はじめまして☆
by おかよ 管理人 2004/10/23 12:37:58

あっこさん、こんにちは^^
まだお若いのに、お二人とも絶対に産むと決めていらっしゃたんですね。とても偉いです。そんなに好きな人と出会えてよかったですね。そんなに好きな人の赤ちゃんを授かってよかったですね。
お二人が、これからも手をつないで寄り添っていく姿をお空から赤ちゃんは、きっと、見守ってくれていると思います・・・。

病院のひどい対応には、心が痛みます。母親は、あの時こうしていれば・・・などと自分を責めてしまうものですが、責めることで自分が苦しくなるのに責めることでなんとか自分を保てるようなこともありますよね。
流産は、人生の中でも、本当にとても辛い経験になりますよね。
でも、赤ちゃんのご供養までされるお二人のことですから、赤ちゃんも、不思議なことを何度か見せて応えてくれたんじゃないかな・・・・。
こちらこそ、ありがとうございます。またいつでも遊びに来てくださいね^^彼氏さんにもよろしく・・・・^^ 
別窓 | 掲示板過去ログから | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

掲示板での出会い20 のんきちさん・emuさん

はじめまして☆  by emu 2004/10/19 18:49:56

おかよさん、はじめまして。emuといいます。
今日は感謝の気持ちを伝えたくてお邪魔しました★

私は今年8月に28週で第1子の息子を死産し、お空へかえしました。
死産後、ポコズママさんのHPでおかよさんの撮影された素敵な写真を見せていただき、息子を亡くした悲しみや色々な想いに沈んだままの心がおかよさんの写真の力によって、癒され少し落ち着きました。
その時に書き込みすれば良かったのですが、勇気がなくて今になってしまいました。。
おかよさんの様に素敵にとはいきませんが、大好きな自然や心を動かしたものをカメラに収める事も生きる力に繋がるような気がして、つい先日写真を始めたところです。機械オンチの私は買ったばかりのデジカメの使い方がなかなか理解できず、悪戦苦闘中です・・・ ><
使いこなせるようになるまでかなり時間がかかると思いますが、なんとか頑張ってみます^^

明日は2回目の月命日。先月よりは少し心穏やかに過ごせるような気がしています。。毎日辛くて悲しくてどうしようもないけれど、おかよさんのお陰で少し前を向く事ができました。本当にありがとうございます。
自分の事ばかりになってしまいすみません。。HPは少しずつ読ませて頂いています。おかよさんの写真楽しみに待っています♪ 



Re:はじめまして☆ by のんきち 2004/10/19 23:53:39


emuさん、はじめまして。私は9月30日に2人目の赤ちゃんをお空に返したのんきちといいます。
私もこちらでおかよさんの言葉や写真に癒されています。そして私もおかよさんの影響を受けて写真を撮り始めました。
写真にはけっして言葉では伝わらない何かがありますよね。おかよさんの撮る写真は本当にステキで、自然の素晴らしさや優しさを感じさせてくれますよね。
それは多分おかよさんの人柄とか自然を愛する気持ちがすごく写真に現れてるんじゃないか、と私思うんです。私はおかよさんみたいなステキな写真はまだまだ撮れませんが、思いつくままに写真を撮っています。
撮り始めるとなんだかとっても楽しいですよ。emuさんが出会ったステキなもの達をぜひ写真に撮っていっぱい見せて下さいね。一緒に写真楽しみましょう…☆楽しみにしています。 


Re:はじめまして☆
by おかよ 2004/10/20 13:10:06

emuさん、はじめまして^^嬉しいです。。。感謝してるのは、いつも私のほうなんです。心から、みなさんに会えたことを、いつもいつも感謝しているのは私のほうなんですよ。。。
私の写真がきっかけとなり、emuさんも写真を始められたこと。のんきちさんもそうだと言ってくださる。もう今、涙。涙・・・ですよ、私。
写真は・・・本当に心をそのまま写し出し、とてもやさしい慰めを与えてくれますよね。
私も、いつも、写真を撮るときは、大抵が子供たちと一緒です。勿論、そのときはお空にいる娘のことも考えています。うまく撮ろうと思って撮ってるわけじゃないんだけれど、パソ君に取り込んだ写真を見て、いつも自然の持つ優しさ・あたたかさ・偉大さに、心から感嘆しています。
きっと私たちの可愛い、愛しい天使たちも、こんな優しい自然に抱かれながら、あたたかい時間をきっと過ごしていてくれるんだろうな・・・と信じています。

emuさんも、のんきちさんも、まだ天使たちとお別れしたばかり・・・。きっと涙しない日はないでしょうね・・・・。涙涸れる日が来ることは無くても、きっと涙の中に宿る私たちママの愛が、お空の天使たちのそばに咲く美しい花たちに、滴となってなって落ちていることを祈っています。共にゆっくりゆっくり歩いていきましょうね。そしていつか・・・写真サークルなんか作ったりして^^また写真、よろしかったら貼り付けに来てくださいね。待っています。



Re:はじめまして☆
by emu 2004/10/20 15:55:46

★のんきちさんへ 

こんにちは、はじめまして。^^
のんきちさんもおかよさんの素敵な写真に影響を受けられたんですね。のんきちさんの写真もとても素敵です☆

10月16日に貼り付けられた、ススキちゃん達の写真。心地よい風が伝わってくるような雰囲気で私のお気に入りです。勝手にすみません。。
写真は始めてみると本当に楽しいですね。私も思いつくままに撮っています。なかなかうまく撮る事ができませんが、いつかお邪魔してみようかなぁ。。と今からドキドキです。

のんきちさんは2人目の赤ちゃんとお別れして、まだ1ヶ月経っていないのですね。お体はいかがですか?子育てをされながら、この悲しみと向き合っていかなければならず、本当にお辛いと思います。心身ともにお大事になさってくださいね。写真、一緒に楽しませてください。のんきちさんの写真楽しみにしています。^^ありがとうございました


★おかよさんへ 

おかよさん、こんにちは。温かいお言葉ありがとうございます。
自然の持つ力は本当にすごいですよね・・・おかよさんの素敵な写真の力でその事を再認識しました。。
おかよさんが写真を撮られる時は3人の息子さんと一緒なのですね。娘さんもお空から微笑ましくその様子を見ているのかなぁ・・・と勝手に想像しています^^;
おかよさんの娘さん、のんきちさんの赤ちゃん、たくさんの天使ちゃん、私の息子。みんなみんなお空で仲良く、幸せにしているといいですね。。
自分のペースも大切にしつつ、ゆっくり一緒に歩かせていただけたら嬉しいです。写真サークルいいですね♪お仲間に入れていただけるよう頑張ります^^ありがとうございました★ 
別窓 | 掲示板過去ログから | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

掲示板での出会い19 のんきちさん

コーラ  by のんきち 2004/10/18 00:44:53

こんばんは、おかよさん。
タイトル見てわかりますが、今日はコーラをお供えしました。
赤ちゃんがオナカにいる時、あまり好きではなかったコーラが何故か大好きだったので、たぶん赤ちゃんが好きだったのかな…と思ったもので^^
この前ふと気付いた事があるのですが、私の赤ちゃんが亡くなった日は木曜日だったんですけど、予定日も実は木曜日だったんです。なんとなくカレンダー見ててハッとして。それで調べてみたら赤ちゃんが私のところに来てくれた日も多分木曜日。これって偶然…?なんか、偶然の気がしなくて…。(ダンナに話したら「ただの偶然!」って鼻で笑われてしまいましたけど。)
だとしたら、やっぱり赤ちゃんは全てを承知して私の所に来てくれたのかなあって思いました。ちょっと話はそれますが、赤ちゃんを死産した夜、あまり眠れず何度か目が覚めたりしてたんですね。私の横で小さな箱に入ってる赤ちゃん見ては泣いたりしてたんですけど、ふと夜空に1つだけひときわ輝く星を見つけたんです。
不思議なんですけど他の星は全然見えませんでした。どんなに目を凝らしてみてもその星だけでした。(でも病室の窓から見えるだけの夜空なんで限定されてますけど。)
私はその星がどうしても赤ちゃんの星に思えて、窓から見えなくなるまでずっと赤ちゃんと一緒に見てました。歌を歌ってあげたりしながら。それで不思議と悲しい気持ちが和らぎ、その後ぐっすり眠りました。
退院後も夜寝ていてふと目が覚めることもあって、そんな時はその星を探してみるんですけどまだ見つけたことはないんですね。でもその星を見つける「夢」を見るんです。もしかしたら、この夢にも何かイミがあるのかも…なんて思うんですけど、ちょっと考えすぎかな…?

おかよさんは長男さんがオナカに来る前に夢でメッセージを見たそうですが、私にもそんな嬉しい不思議が来るでしょうか。不思議や奇跡は目に見えなくても確かに存在するものだと私は信じているので、偶然の様ないろいろな出来事でも実は全て何かにつながっていく様な気がしています。
今回の悲しい出来事にもやっぱりイミがあるのではと思います。私の赤ちゃんは全てが木曜日に絡んでいます。これももしかしたら何かイミがあるのかも知れませんね。 



Re:コーラ  by おかよ 2004/10/18 13:19:43

何も意味が無いことなんてないかもしれない。。。その事実に意味を与えるのは私たち自身だけれど、だけど偶然なんて本当は存在しなくて必然だらけなのかもしれない。と、思ったら心がすっと軽くなって温かくなって違う涙も溢れます。
のんきちさんが感じること・信じることを大切にして下さい…。

でもコ~ラだぁ?・・・って最初はビックリしましたが(笑)

でも、私もそうでした。
妊娠中はなぜかコーラが飲みたくなりました。
今、空気が澄んできて夜空もきれいに見えますよね。のんきちさんにとっての、イチバンのお星様。きっと今晩も、のんきちさんのおうちの上で光り輝いていますよね☆  
掲示板での出会い19 のんきちさん…の続きを読む
別窓 | 掲示板過去ログから | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

掲示板での出会い18 のんきちさん

マフィン by のんきち 2004/10/16 00:20:53


こんばんは☆
今日は初めて赤ちゃんにお供えという物をしました。
今までおもちゃなどは置いてあげたりしてたんですが、食べ物などは全くあげた事なかったんです。
まだ赤ちゃんだから食べ物なんて食べられないしジュースも飲めないし…とか思ってて。母乳も絞ってあげてみようかなとか思ったこともあったんですが、その後どんどん母乳がでてきたらさらにつらくなるかも…って思ってやめました。
ミルク作るのもまたなんかつらくなりそうだし…などなどいろいろ思うところもあって。
でもなんだか今日は私の好きなお店のマフィンをどうしても赤ちゃんにあげたい衝動にかられてしまったのです。
それはきっとある言葉に出会ったからだと思うんです。あるサイトに書いてあった言葉なんですけど、赤ちゃんはお空から私達ママに元気になって欲しくて小さな幸せを毎日毎日一生懸命運んでくれているらしいのです。
その小さな幸せに気付くかどうかはママの気持ち次第らしいのですが。

それを見た時に昨日の出来事は、もしかしたら赤ちゃんからのメッセージだったのかなって思いました。確かにこんな幸せな時もあったんだよって赤ちゃんが教えてくれているのかも知れないなって。
あの通販のベビーグッズ選んでる時はホントに幸せだったな…と思うのです。赤ちゃんが私のところに来てくれて残ったものは悲しみやつらい気持ちばっかりじゃなく、ちゃんと幸せだった思い出もあるなあって、なんか思い出しちゃいました。
幸せだった時…。それにおかよさんを始め、いろんな人との出会い、人の優しさに触れ合えたこと、他にもいっぱいいっぱい今回の出来事を通して得たものが確かにあります。それらは全て赤ちゃんが私のところに来てくれたからこそ…。そして今でも私に幸せを送り続けてくれているなんて…。
悲しい気持ちとはまた違う涙が出てきました。赤ちゃんにありがとうっていう思いでいっぱいになりました。それで、赤ちゃんにも何かしてあげたくて、今まであげたことなかったお供えをあげようかなって思ったんです。それが私の大好きなマフィンだったんですけど。
これからは私の好きな物とか何でもあげることにしようと思います。それからおかよさん、娘さんを思う気持ちが痛いほど伝わってきて泣けてしまいます。そんなにも愛されて娘さんはとても喜んでいると思います。娘さんもきっと毎日おかよさんの愛情に負けない位の愛情を小さな幸せと一緒に届けてくれているんでしょうね。本当に愛しい赤ちゃんたちです…☆


Re:マフィン by おかよ 2004/10/16 12:23:25


こんにちは^^そうなですか。マフィンがお好きなんですね。
私も、前は時々パウンドケーキやマフィンを焼いていましたが、三男が卵アレルギーのためちょっと中断しています^^チョコチップマフィンやバナナマフィン、抹茶マフィンなんかが得意です♪
自分が好きなもの、美味しいって思うもの、そういったものを、大好きな人に大切な人に、あげたいなぁって思うのは、自分自身も幸せな気分になれますよね^^
きっとのんきちさんの赤ちゃんも喜んでくれてますよね^^

私のおすすめの本というのに「おかあさんを選ぶ赤ちゃん」というのがあるんですが、その本の中に、赤ちゃんは自分の短い人生を承知の上で、それでも私達を母親として選んで生まれてきてくれたんだという箇所があるんですよ。そう思うと、悲しくて寂しくて泣くこともあるけれど、赤ちゃんに「ありがとう」と感謝して気持ちがあったかくなることができるんですよ。
本当のことはわからない。いつか私達がこの世を後にしても、先にお空に行ってしまった赤ちゃんと会えるのかどうか・・・それともその赤ちゃんは生まれ変わって私達の近くにいてくれてるのか・・・それがわかるのかどうかも・・・。
今の時点で私達は知ることができないけれど、でも確かに幸せだってたくさんたくさんプレゼントしてくれましたよね。悲しみの方が大きくなってしまうこともあるけれど、忘れちゃいけないよね。姿はなくても、親子であること。きっとどこかで繋がってるんじゃないかって、私も信じています。
ある日、ふっと出会った言葉に心が震えてあったかい気持ちになったならそれはきっと偶然じゃなくて、赤ちゃんがくれたメッセージだと私も思います。
よかったですね^^昨日は優しい1日だったんですね。
それを知って、私も今日はなんだか穏やかに過ごせそうです。ありがとう、のんきちさん^^
別窓 | 掲示板過去ログから | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

掲示板での出会い17 のんきちさん・みいさん

ちょっとつらいです by のんきち 2004/10/14 23:24:15


おかよさん こんばんは。今日はちょっと凹むことがありました。
もうずいぶん前に通信販売で頼んでいたベビーグッズが今日届いたんです。某通販…何で今ごろ…しかもこんなつらい時期に…またいろいろと思い出して泣けてきちゃいました。
赤ちゃんのために使うハズだったブランケット、母子手帳ケース…。まだ性別も分かっていないのに選んだ女の子っぽいベビー服。
この商品頼んだ頃はまさかこんな日が来るなんて思いもしなかったのに。赤ちゃんもオナカで育っていたのに…。思い出して、つらいです。
なぜ今赤ちゃんはいないんでしょう。何か、心の準備が出来ていないところにこれはかなりキツイです。自分で頼んでるクセにね。でもタイミング悪すぎです。けどこれからこんな出来事は多いのかも知れませんね。何が赤ちゃんを思い出させるかわからないですもんね。
自分なりに心構え出来てるつもりでも実際そうじゃなかったりとか。
ああでも今日のはホントキツイなあ…。
ちょっと前向きな気持ちになりつつある時にこれは…。寂しいです。 


おはようございます  by みい 2004/10/15 10:45:37

のんきちサン、大丈夫ですか?
ほんとに辛い出来事でしたね。
おかよサンみたいな言葉が私には思い浮かばなくて…。
ただ、ちゃんと眠れたのかなぁ。と心配になりました。
元気になれる様な事を言ってあげられなくてごめんなさい。一歩ずつ 前進したり後退したりしながらゆっくり焦らず前に進んでいってください。のんきちサンが笑顔でいれる日が早くきますように(*^_^*)  



みいさん ありがとう
 by のんきち 2004/10/15 11:37:20


みいさん おはようございます。
優しい言葉をかけて頂いてありがとうございました。
すごく嬉しいです。(涙)昨日は何だかあまり寝付けずちょっと夜更かししていろいろネット散歩していました。
あるサイトにすごく良い言葉が書いてあって何度も何度もその言葉を読んで泣いていました。そしたらちょっと悲しい気持ちが和らぎました。その後はちゃんと眠れました。みいさん、心配かけてごめんなさい。そしてありがとう。
今日はお天気もいいのでちょっと元気になりました。
青空を見るとなんだか癒されますね。みいさんも大変な時なのに本当にありがとう。私も1歩ずつゆっくり歩いていきますね。
みいさんやおかよさんやみんなから元気を分けてもらいながら。
またお話出来ることを楽しみにしています。 


Re:ちょっとつらいです  by おかよ 2004/10/15 13:11:33


こんにちは、のんきちさん、みいさん。
それは・・・とても辛かったですね.私の場合は死産後も、市の方からマタニティクラスの案内葉書が届いたり、他にもありましたね。
・・・その度に心が乱れ激しい悲しみが襲ってきました。

のんきちさん、辛いよね。でも、それはのんきちさんも書いてあるけれど、のんきちさんが注文したものですよね?
たぶん、きっとね・・・まだ「元気」になったかのように思うのは気のせいなんですよ。前向きな気持ちになっていても、あるとき突然、また悲しい現実につかまって身動きできなくなるときも、やっぱりこの先、幾度となくやって来ます。
でも私は我慢しないで泣いてます。昨日もね、主人が言いました.私の友達から昨夜遅くに電話が入って「誰?」と聞いてくるから「Mちゃんよ」と、答えたら「あ~、女の子二人いる人だっけ.いいなぁ。」って。
うちは男の子3人でしょう?やっぱり私も亡くなった娘が帰ってきてくれたらいいな・・・ってずっとずっと願っていたからやっぱりちょっと寂しいものはあるのですよ。
だけど、きっと主人はそういう意味ではなく(たぶん)男の子ばっかり3人じゃなくて女の子も欲しいなぁって、思わずぽろっと言ってしまったのかもしれません.
3人の息子達が生まれたとき、無事に元気で生まれてくれて本当に嬉しかったし愛しかった・・.だけど、その寝顔に娘の最後のお別れのときの顔を重ねて面影を探し、娘のことを誰も思い出してくれなくなりそうで・・・・寂しかった.
私にとってたった一人の娘です.どうしてもこの腕に抱きたいという思いは、正直言ってまだずっと心の中にくすぶっています.贅沢な悩みだと思われる方もいるかもしれませんが、たとえ流産・死産後に授かった子がいても、その子のことを心から愛していても、亡くなってしまったもう一人の我が子を忘れることはできないのです…

女の子用のベビー服、1度も我が子用に買ってあげたことはなく、いつも洋服売り場では、やはり辛くなってしまいます.・・・ごめんなさい。のんきちさんを励ますつもりが・・・・。

のんきちさん、きっと今頃荷物が届いたのは、まだまだ天使になった我が子のことを思い続けていいのだということではないでしょうか。
忘れようにも忘れられない.ただ、泣くことだけが私達が自分自身を慰めるたった一つの方法なのだと私は思います.

また素敵な青空が撮れたら、貼り付けに来て下さいね.みいさんも、いつもありがとう。。。。毎日、みいさんも祈りつづけているのですよね.私も妹の日記をUPしながら、本当に胸が熱くなるんですよ・・・・。また「こんなことあったよ」って報告、待ってますね☆  
別窓 | 流産・死産体験談 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

掲示板での出会い16 はなさん

はじめまして。  by はな 2004/10/12 21:08:23

私もはじめて授かった子をお空へ返して、もうすぐ4週間になります。21週3日でした。そして、おかよさんと同じ14時14分。(なんだか、同じ時間だったので、親近感が沸いています。)男の子でした。380グラムのかわい顔したちびたろうです。

私は産婦人科に勤めています。で、勤務してる病院で死産しました。
今は赤ちゃんもいないのに産休中です。でも職場のスタッフは暖かくて、若い助産婦さんには辛いお産に立ちあわせてしまいましたが、スタッフのほうが私たち夫婦以上に泣いてて、、、、私もこれまで何度か、死産に立ち会ったことがありますが、いつも涙なく声をかけてあげることができませんでした。
でもまさか、自分が患者さんになるとは思っていませんでした。

産休もあと一ヶ月。正直、夫以外の人に声を出して今回のことは話していません。声に出すと涙が出るので…。あんまり泣くと、夫も心配するし。でも1人で出かけると、妊婦サンや赤ちゃんがやたら目に付いて買い物だけしたらさっさと家を目指して。
・・・でもでも産休が明けて職場復帰すれば妊婦サン相手の仕事だし、お産にも立ち会わないといけないし、そんなことを考えると少し怖くなります。
どうにもならないんですけどね。なんだかまとまりのない文章ですみません。誰かに聞いて欲しいんだけど、やっぱりこの話は重いですから、、、知り合いには話しづらいです。
でも産休で時間の余っている今、ちょくちょくここのHPをのぞいて同じ思いの人が多いこと、それでもまた赤ちゃんを産めたことを知ってなんだか少し心が楽になりました。
ほんと 初めてなのにわけわからない文章ですみません。また来ます。



Re:はじめまして。 by おかよ 管理人 2004/10/13 00:30:05

はなさん、こんばんは^^お話できること、心から嬉しく思います。
私も産後、出産育児一時金や高額医療給付金などを受け取って産休を取っていました。とても複雑で悲しかったのを今でも思い出します。

まだ4週間なんですね。お体のほうはいかがですか?
産婦人科にお勤めならば、知識は十分にお持ちでしょうから、余計に抑制する部分もありさぞお辛いことでしょう・・・・。
以前、ここに産婦人科の医師からお書き込みがありました。ご自身は流産を経験されて、それでも毎日産婦人科で働き続ける・・・その苦しみをほんの少しだけ吐露されていました。
その時も私は申し上げたんですが、いくら産婦人科に勤めている「専門家」でもご自分の流産や死産の経験は、身を引きちぎられるように痛いものです。
尊い大切な命を失った今、ただ一人の母親にしか過ぎません。ご自身の立場などから、その苦しみや悲しみを吐き出すことを躊躇って・・・我慢して・・・心が壊れそうになる前に「辛いんだ。悲しいんだ。」って泣いてもいい場所がはなさんのそばにあるといいですね。
この掲示板も、そんな為にあります。これからも、もしなにかありましたら・・・なんでもいいです^^泣き言でもバカ話でも。お話しにいらしてくださいね。

はなさんとは週数も近く、時刻は一緒・・・・。私の方こそ、親近感・・・感じています。
ご自身を楽にしてあげてください。泣くことは最大の癒しです・・・。どんなに醜くてもいい。だけど悲しむというプロセスをちゃんと通り越していかないと、私たちの心は行き場を失って、そのうちに壊れてしまいます。
今はまだお時間があるのですよね。お空にいる天使と、心を重ねてゆっくりゆっくり毎日を過ごしていけるといいですね。はなさん、またおいでくださいね。お待ちしています。。。。


こんばんわ。
 by はな 2004/10/14 00:50:53


また来てしまいました。
今日は予定日が同じ妊婦さんから久々に電話があって、ちびたろうのこと、話しました。
彼女も同じ週数の妊婦さん。経産婦さんだけど、自分の身体もたいへんだろうから言うかどうか迷いましたが、いつかは言わなきゃいけないので話しました。
電話で話すと、まだ、涙が出ます。でも彼女も妊婦さん。頑張りました。彼女は泣いてました。これで、電話で話した人は2人目です。

ちびたろうを産んでから夫と母、義父母には意外と話していませんでした。昨日、私のお産を愉しみにしてたまだ独身の仲のいい友達から電話があって「残念だったね。でもお父さん(亡くなっているので)がちゃんと見つけて遊んでくれてるよ」って言ってくれて・・・。
その言葉にまた泣いてしまいました。泣こうと思えば簡単に涙は出るけど、いつ出していいのか、わからない。そんな感じで毎日すぎています。

あさって一ヶ月検診に行きます。退院して5日目の診察のときは待合室の空気が耐え切れず、駐車場の車で待ってました。
働いてるときは本当に、不妊治療できてる人や重い病気で来てる人と妊婦さんが一緒の待合室って言うのは切ないなあ、って思ってましたが、今回、自分のみに起こってしみじみ感じました。
私が逃げ出したことも待ち時間に夫に電話して心を落ち着かせたこともあって今回はどうしても夫がついてくるといってます。今回は本当に大丈夫そうなんだけど(笑)
ちびたろうは助産婦の私に、大きな試練と経験を与えてくれたんだと思っています。自分を犠牲にして。
おかよさん。いろいろ、おかよさんの気持ちがたどってきたこれまでを参考にさせてもらって私も落ち着いていこうと思ってます。 



Re:こんばんわ。  by おかよ 2004/10/14 14:53:21

はなさん、こんにちは。
今日もこちらは晴天で、とってもてっとも青いお空が広がっています。はなさんにも、見えてるといいなぁと思いながら・・・・今、これを書いています.

はなさんは、きっと、きっと素敵な助産師さんなんでしょうね。命って本当に不思議ですよね。何処から来て何処へ帰ってゆくのでしょう・・・・.
たった数週間だったけれど、はなさんのお腹に宿った小さな命は、まぎれもなくはなさんの息子さんで、共に生きたかけがえのない宝物です。ちびたろうくんは、たとえ戸籍には載らなくても、はなさんの愛しいお子さんです。

私も6年が経ちましたが、今でも娘と最後のお別れをしたときのあの美しい顔は忘れられません.願いが叶うものならば、もう1度だけ抱きしめたい.頬擦りしたい。あなたを心から愛してると伝えたいです。
どんなに詫びても後悔しても、2度とは戻ってこない我が子たち。それなのに私が生きてるのはなぜなんだろう・・・・。なぜまわりの人たちは何事もなかったかのように今までどおり過ごせるんだろう。時が止まったのは私だけなのかな・・・なぜ皆悲しくないの?私はこんなにも寂しくて気が狂いそうなのに・・って。そんなことばかり思っていました.

「時間」という言葉のもつ意味を何度も考えました.宇宙はとってもとっても広くてその中にたった一つ浮かぶ青くて美しい星が私達の生きる地球.地球にはたくさんの人がいて、そんな中で私達の小さな天使達は、私達を母として選んでくれて胎内で生きてくれました.それは本当に本当に凄いことだと思います.

私達にこのような辛い試練が与えられたのも、私達だからこそ・・・ならば、たとえ泣き明かしても辛くて立ち上がれなくても、きっときっといつか何かを見つけられるのかもしれません.それを見つけられるまで一生かかるかもしれないし、見つからないかもしれない.けれど大切なことは・・・命の重みというものを身をもって経験し、愛しい愛しい我が子の魂に、いつかママを誉めてもらえるように焦らずにゆっくり・・泣きながら一歩一歩進んでゆくことなのかもしれません。

私も、はなさんや他のママさんたちの体験を読ませてもらう度に、いつもいつも涙が溢れそうになります。こうして心を重ねることしかできませんが、どうかはなさんが今日もやさしい1日を過ごされるようにと祈っています.  


別窓 | 掲示板過去ログから | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

掲示板での出会い15 みいさん

こんにちは  by みい 2004/10/10 15:41:35


昨日の夜 4ヶ月ぶりに上の息子と寝ました。
隣で寝息をたてて寝ている息子を見て、当たり前の事がすごく幸せなんだと改めて実感しました。
2年前にお空にかえってしまった息子を元気に産んでやれなかっった事(その時、火葬する前に会おうかどうか悩んで結局会わずにお空にかえしてしまった事をすごく後悔してます)。
そして今 病院でがんばっている次男を小さく産んでしまった事。

こういう経験をしてみて当たり前に思っていた妊娠出産という出来事がすごく奇跡なんだと思えます。辛い経験だけれど、辛い経験をしたからこそわかる事がたくさんあって、おかよサンをはじめたくさんの人に出会えたことをとても嬉しく思います。

私だけが辛いんじゃなく、その辛さをわかってくれて励ましたり励まされたりして強く優しくなれる。すごく素敵な事ですね。
何が言いたかったのかよくわからなくなってしまいましたが私は今みなさんの言葉に励まされ生かされています。これからも辛くなった時はここで弱音を吐いてしまうと思うので、よろしくお願いいたしまする(*^_^*)


Re:こんにちは
 by おかよ 管理人 2004/10/11 06:50:16

みいさん、おはようございます。^^幸せってきっと日常の中の、小さな何でもないこと なんですよね。
当たり前のことが、本当はすごく幸せなんですよね。
毎日忘れそうになってしまうけど、それに気づかせてくれた空にいる天使と地上にいる天使。。。。私たちはこの小さな命を授かって、この子たちの母となれたことに心から誇りに思っていましょうよね^^

弱音??いつでもOK♪です。私だって、へっぽこ管理人だし^^今日は素敵な青空に会えそうです。
またカメラ持ってお出かけしてきますね♪

別窓 | 掲示板過去ログから | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

掲示板での出会い14 のんきちさん

こんばんは by のんきち 2004/10/09 01:04:49


昨日は死産後初めての病院受診の日でした。
今回の死産もあり、私にとっては良い思い出のある病院ではないので結構きつかったです。どうしても産婦人科なだけに妊婦さんもいるし…。
受付で「今日は母子手帳はいりませんね」と言われ悲しくなって、内診時は隣で内診受けてる妊婦さんにDrが「赤ちゃん動いてるのわかりますか?」って言ってるの聞こえてもうダメで泣けてきて、でもあんまり泣いちゃうと他の妊婦さんが不安になるだろうと思ってぐっとこらえてました。
診察時はDrの顔みたらまた泣けてきそうで、うつむいて暗い私で何かそんな自分が情けなくてイヤで…私の主治医は結構良い先生だったんで、こんなめそめそしてる私で先生に会いたくなかったんですけど、昨日はダメでした。
でも昨日「退院後はどうしてるの、いろいろあって大変だったよね、大丈夫?」みたいな事を先生が聞いてくれたんで、「ネットで同じ経験してる人達に話聞いてもらったりして救われてます、先生もぜひそういうトコ見てみて下さい」って言ったら、1回見てみるねって言ってくれたんです。
色んな先生がいますが、こんな悲しい出来事を私達がどう受け止めているのか、どんな気持ちでいるのか、そういうトコロを少しでも理解できる先生が1人でも増えて欲しいと思うので、今回の先生の返事は私にとって嬉しいものでした。
私は今回は本当につらい結果になりましたが、良い先生に出会えたことだけが良かったかなと思います。それにしても、私の様なケースでの産婦人科受診はホントにきついです。周りはお腹の大きい幸せそうな妊婦さん…ホントに見るのつらいです。
産婦人科の医療体制どうにかして欲しいと思います。また1ヵ月後にも受診予定があるのですが、それまでに少しは気持ちの整理もつくでしょうか…?また行くの、と思うとちょっと、いや、かなりブルーです。なんて、また泣き言ばっかりでごめんなさい。
おかよさん、いつもきいてくれてありがとう…☆



[レス] Re:こんばんは
by おかよ 2004/10/09 14:00:57

のんきちさん、こんにちは。
そうですか・・・受診なさったのですね.産婦人科は産科と婦人科両方を指すんですよね.それならば・・・これほど明と暗がはっきり分かれる科も無いでしょうから、待合室なども気配りが欲しいものですよね.様々な境遇の女性が訪れる場所ですものね。。。きっと病院側もそれは承知してるはずでしょうが・・・・なかなか配慮がなされないところが、腹立たしい限りです・・・・。
受診は辛かったですね.・・・お疲れ様でした.私も赤ちゃんを連想するもの全てから、逃げたくて仕方ありませんでした。
死産後まもなく、主人の友人が幼い娘さんたちを連れて遊びにきたときは、その無神経さに無性に腹が立ちました。
ベビー用品などのテレビのコマーシャルでさえ、苦痛しか感じられませんでした.感情も浮き沈みが激しく、自分でさえ自分が何者なのかわからなくなっていました.

私が安心してるのは、のんきちさんの主治医がよい医師であるということです。
のんきちさん、1ヵ月後は長いようで短く、短いようで長いです。また悲しい想いをしたら、ここで吐き出してくださいね.情けなくたっていいじゃないですか。それだけ愛してんだから・・・赤ちゃんのこと。
そうですよね。


[レス] ありがとう
by のんきち 2004/10/09 15:58:35

おかよさんこんにちは。レスありがとうございました。
悲しみやつらさは私の心の素直な感情なんですよね。情けなくったって泣いてばっかりだったっていいんですよね。愛してるからこそ…ですもんね。
今は赤ちゃんにつながる物全てがあの子につながってつらくなりますが、だんだんとそれも和らいでくるんでしょうか。
1ヶ月後の受診でまたつらい思いをしてきた時は、おかよさん、話聞いて下さいね。泣き言ばっかりですが、いつも、ちゃんと受け止めてくれてありがとう。
別窓 | 掲示板過去ログから | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

掲示板での出会い13 なおさん

教えてください by なお 2004/10/08 23:01:07

おかよさん、こんばんは。理子ママさんと同じく、ポコズママの会からやってまいりました。
聞きたいことがあるんですがいいでしょうか?

私は、今年5月に20週で第一子の息子を死産しました。27cm、404gでした。原因は前期破水です。感染症によるものだろうとは言われましたが、はっきりとした原因はわからないと言われてしまいました。
他の病院にメールなどして問い合わせたところ、検査をして原因がわかるかもしれないと言われたので、今、悩んでいるところです。
なぜ、通っていた病院ではわからないのに、他の病院では検査を…という話になったのか。通っていた病院の先生はいい先生なので好きなのですが、原因を追究できないという点で不安を感じています。

何が聞きたいかっていうのは、おかよさんは、娘さんを亡くされたあと、次の妊娠に向けて何かしたか…ということです。病院で検査をしたり、されましたか?それとも、特に何もせずに次のお子さんを妊娠され、無事に出産されたんでしょうか?このHPを一生懸命読んだつもりですが、そのようなことについては書いてなかった気がしたので、質問させていただきました。もし、どこかに書いてあって、見逃していたらすいません。

最近、頚管無力症などという言葉を知ってしまい、さらに不安になっています。私はもしかしたらあの病気なんじゃないか、とか、いや、あれが原因かも、とか、素人判断で不安に陥っている日々です。お返事いただけたらうれしいです。



[レス] Re:教えてください by おかよ 2004/10/09 13:47:16

なおさん、こんにちは。お返事が遅れまして申し訳ありません・・・。何度も読み返させていただきました。私が娘を死産したのは6年前の5月。時期も赤ちゃんの週数もほとんど変わらないのです。ですからとても辛く読ませていただきました。

>原因は前期破水です。
>感染症によるものだろうとは言われましたが、はっきりとした原因はわからない
>と言われてしまいました。


息子さんを死産された時・・・入院中の病院で検査はされなかったということでしょうか。
私は細菌感染による前期破水でした。でもこれは検査で分かったことです.どんな菌に感染したのかを調べるためです.
そして子宮頸ガンの検査も受けました.クラスⅢaでした。なおさんがメールで問い合わせた病院が、なぜ原因がわかるなどと言ってるのか私は理解に苦しんでいます.

私は専門家ではありませんから、一意見としてあくまでも参考にとどめておいてくださいね…。

もう10月ですから5ヶ月前の死産の原因となった細菌を調べることも、もうできないでしょう。そして頚管無力症も、細菌感染とは関係がないはずです.頚管が短い→重くなった子宮を支える力がない、といったものでそれは頸管縫縮術を受けるなどで改善されるそうです.

ただ、前回の妊娠の出血がこの無力症のものであるのか感染を起こしたためであるのか、または別のものなのかは・・・・今となっては分からないとしか申し上げられないと思います.
また今回はとても悲しい結果になりましたが、次回もまたそうなるとは決して言えません.流産・死産は、繰り返し起きるものではないと思いますし、またそうであって欲しいと願っています.繰り返すようでしたら、それは不育症と呼ばれ、細菌感染とは原因も異なってくるはずです.

不安は痛いほど分かります。。本当にわからないんですよね.なぜ細菌感染による前期破水を起こしてしまったのか・・・・。
私も、当時はインターネットという手段を持っていなくて本を読み漁り「なぜ?なぜ?」という一心でした。

私は死産後1年3ヶ月してから長男を授かりました.その時はまた仕事を持っていましたので無理が重なり、腎盂腎炎を起こして40度近い高熱を出し12週ごろに入院しました.
そして以前の悲しい思いをした教訓を、忘れてはいけなかったと反省し、仕事はやめました.

「妊娠は病気じゃないよ」と、いわれますがその言葉はもう死語だと私は思います.自分とは違う命を子宮に授かったときから、母親は無理をせず、できるだけ穏やかに過ごすことを心がけるべきだと思いました.

この掲示板の過去ログに同じように感染を起こして死産に至った方も、なおさんと同じように「どんなことに気をつけていたのですか」と、聞いてくださいました.次回、新しい命を授かったときは、また同じ病院に行かれるのでしたら、きっと注意深く診てくださるでしょう。
もし病院を変わるのであれば、細菌感染前期破水起こしたことを伝えておけば検診の度にオリモノの状態をチェックしたり、必要ならば座薬タイプの消毒をしてもらったりということもできるかもしれません。

下着はいつも清潔にし、疲れたら休んで決して無理はしない.そして妊婦ライフを楽しむことを心がけていれば、きっときっと、待望の赤ちゃんに会うことができると思います。

長くなってまとまりがなく、申し訳ありません.
またいつでも遊びに来て下さいね.


[レス] Re:教えてください
by なお 2004/10/09 14:18:27

おかよさん、ていねいにお返事ありがとうございます。

実は今日、また違う病院から返事がきていました。3つぐらいに同じ内容で問い合わせてみたんです。
今日返事をもらった病院では、前期破水の原因の確定診断は不可能だとありました。そして、特に有効な対策もないとありました。
こんなにも病院によって違うものかと、何を信用すればいいのかわからなくなっています。

入院中の病院では、白血球の数が非常に多くなっているので、感染症ではあるけれど、感染を起こして破水したのか、破水したから感染したのかはわからないって言われたんです。
おかよさんのように、どんな菌に感染したのか、調べてくれたのかよくわかりませんが、私には教えてもらえなかったように思います。実際のところ、説明を受けたとき、混乱していたのであまり覚えていないんですけど…。
残念ですけど、もう、今となっては遅いっていうのが本当のところなのかもしれないんですね。

ちょっと話がずれちゃうんですけど、私は、通っていた病院から救急車で運ばれたんです。搬送先の病院は、未熟児の対応ができるからって。検診に行っていた病院の先生は、救急車の中でまだ希望はあるようなことを言ってくれました。でも「次の妊娠は…」とか、次回についてばっかり話すので、やっぱり無理なのかなぁと思っていました。
いざ搬送先につくと、あっさり「羊水が全然ないね。今回は残念だけど…」と言われました。さっきまで先生は励ましてくれてたのに…なんでこの病院の人は最初からあきらめているのか、不思議でなりませんでした。

無理とわかっているなら、わざわざ違う病院なんかに来たくなかったです。ここにくれば助かるんだと信じていたので…。それで、この病院というのが最悪でした。最悪ぶりを話していると長くなってしまいますので、省きます。検診に通っていた病院の先生には、次回に妊娠したとき、おりものの検査などで見ていくしか方法がないと言われてしまいました。原因はつきとめられないとも言われました。座薬タイプの消毒っていうのもあるんですね。おかよさんは、それで対応されたんでしょうか?長くなってしまいすいません。実は今日、息子の予定日なんです。台風なんかきちゃって、なんだかやな感じです。
別窓 | 掲示板過去ログから | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

掲示板での出会い12 のんきちさん・みいさん・妹

妹からのメッセージです by おかよ 管理人 2004/10/06 23:22:44

みいさん、のんきちさん、そして姉の掲示板でのやりとりを、何度も何度も繰り返し読みました。自分のひと言が、こんなにも広く影響することに心が震えたし、同じような体験をした人達同士が、お互いを思い合って交わされる言葉にも感動しました。
自分の気持ちは、同じような経験をした人にしかわかってもらえないのですよね。地域の子育てつどいで何も知らない人が「○○ちゃん(娘の名前)て細いよね~、うらやましい」なんて言っても、その人は悪気があって言った訳ではいので、「これでもこの子は、産まれたときの大きさからしたら、比べものにならない程大きくなったのよ!」と心の中で叫んでいました。
こうやって同じような体験をした人達から言葉をかけてもらえたら、その言葉の重み、上っ面だけじゃない、ただの同情でもない、同じような経験をしたからこそ、かけてもらえる言葉に、本当に救われるのかもしれません。

[レス] Re:のんきちさん、みいさんへ by のんきち 2004/10/08 23:59:38

おかよさんの妹さま メッセージどうもありがとうございました。
妹サンの一言、本当にあの時見つけられて救われました。今のこの気持ちは、やっぱり同じような経験をした人の方がより共感をもって分かってもらえるし、ホントに上っ面じゃない言葉をかけてもらえるんですよね。それで本当に救われる思いです。
妹さんもみいさんも未熟児ちゃんの赤ちゃんに出会って、いっぱいいっぱい教えられたことがあると思います。私の赤ちゃんはもういませんが、でも今回の事で本当にたくさんの事を経験し勉強させられました。
それはまだまだこれからも続いていくと思います。今回の結果に答えが出せる日は多分ずっと来ないと思います。
でもそんなつらい時にここに来れば、みんなの交わす言葉の中に何かを見つけられそうです。今回の様に…。

妹さんの赤ちゃんが今大きく育っている事は私にとっても何だかすごい励みになります。本当によくここまで赤ちゃんも妹さんもがんばって…。おかよさんも…。

同じ気持ちを持つみなさんの一言の中に、私はこれからも悲しみを癒してくれる一言や、気持ちを軽くしてしてくれる一言に出会っていけたらなと思います。

おかよさん、妹さん本当にここでいつもいてくれてありがとうございます。”泣いて笑って”に出会えて本当に良かったです。
別窓 | 掲示板過去ログから | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

人工死産体験談<ケース12>

水面


私達夫婦は当時主人の仕事の都合で海外に住んでいました。
言葉は日常生活程度はできたし、病院には日本語の通訳さんも常時いたのでさほど不自由は感じませんでした。

2003年10月、待望の第2子の妊娠が発覚しました。上の娘が1歳半の時でした。
市販の妊娠検査薬で陽性が出た時は嬉しくて嬉しくて一人でトイレの中で拍手をしていたくらいでした。
それから1週間ほどしてつわりが始まりました。
上の子の時よりもひどいつわりで吐いてばかりいました。
これも赤ちゃんが育っている証拠、頑張らなくちゃと自分に言い聞かせていました。

つわりが治まらないまま5ヶ月に突入しました。
私がかかっていた病院では妊娠初期、中期、後期の1回ずつエコーをします。
明日はクリスマスイブ。検診が終わったらケーキを買って帰ったり、スーパーでチキンを買って帰ろう。家族3人でのクリスマスはこれで終わり、来年からは4人でクリスマスのお祝いができるんだとワクワクしていました。

2003年12月24日、娘を連れて病院に向かいました。
エコーは産婦人科外来とは別の場所にあり、エコー専門のドクターがしてくれるというシステムになっていました。
部屋に入ってエコーをしてもらい、エコーの先生が「頭、背骨・・・・・」と、説明してくれいましたが、突然先生の手が止まり画面に食い入るように見て、他のエコーの先生を呼んで一緒に画面を見始めました。
そして二人で「・・・が見えない」とか「主治医は誰だ?」という言葉が聞き取れました。
外国語なので私が何か聞き違いをしたのかしら?
でも何か様子がおかしいと感じ背中に冷たいものが走りました。
そして別のエコーの機械で再度エコーをし、主治医がやってきて画面を見て「診察室で話しましょう」と言って姿を消していきました。
全身フリーズした私・・・・。

診察室の横に日本語がかなり堪能な通訳さんが立っていました。
普段何もない時はまぁまぁの会話力の通訳さんがつくか、もしくは私は通訳をつけないこともあったので、これだけ日本語のできる人をつけるという事はかなり覚悟を要する内容の話をされるのだとすぐに察しました。
娘を抱っこする手に力がはいりました。

先生の話では「脳の形がおかしい。染色体異常の可能性もあるので
羊水検査で詳しく調べた方がよい」とのことでした。
私の頭の中は真っ白になり、よく分からないというよりも状況を受け入れられませんでした。
「赤ちゃんは一体何の病気なのですか?」私が質問できたのはそれだけでした。
何を聞かなくちゃならないのかすら頭に浮かびません。
先生は「検査しないとわかりません。今の時点では脳の形がおかしいとしかいえません」と言いました。
結局訳分からないまま詳しく調べてもらわないとどうにもならないのかなぁと思いながら羊水検査をうけました。
検査の時エコーの画面を見て私は「脳のどこがおかしいのですか?」と聞くと、先生は「映るべき脳が映っていない。空っぽの状態です。」と言われました。
何が起こっているのかも何をされているのかも理解できない状況でした。
検査結果は2~3週間後、年末年始を挟むのでもう少し時間がかかるかもとのことでした。


家に帰って娘が無邪気にはしゃいでいる姿を見て初めて涙が出てきました。
そして病院で録画してもらったエコーのビデオを見ました。
ピクピクと元気に動いている姿が映っています。
きっと何かの間違いだ、こんなに元気に動いているのに・・・・。
それからネットでいろいろ調べました。調べれば調べるほど深刻な病名ばかりが出てきてますます不安になるばかりでした。

それから約3週間後、羊水検査の結果がでました。
染色体には異常がないとのことでしたが、再度エコーをしたら絶望的な結果が映し出されました。
大脳が発生していないことは勿論、目の周りの骨がいびつな形をしており、鼻の凸凹が無く、口唇裂があるといわれました。
英語で病名を告げられました。「Holoprosencephaly」という病名でした。
1万人、いや2~3万人に一人と言われている病気でドクター自身も文献では知っているが、実際には見たことがないと言っていました。
家に帰って調べてみたら日本語では「全前脳胞症」という名前でした。
障害の程度によっては生存可能で社会生活もできるということですが、私の赤ちゃんはかなり重度の障害と奇形があり、このまま10ヶ月までもつかどうかも分からないという状態でした。

家に帰って主人に赤ちゃんの事を言ったら「今は脳が映ってなくても後1ヶ月したら脳ができるんだよな?」と言っていました。
冷静に考えるとありえないような事でも親というものは自分の子供には奇跡が起こるかもしれないと思ってしまうものです。主人の言葉に胸が詰まりました。

その日は主人と何時間も話し合いました。
主人はせっかく授かった命だから産もうと言っていましたが、私の出した答えはNOでした。
同じ病気で産まれてきた子を一生懸命前向きに育てている方が立ち上げているHPを見つけました。その方達の話を読んで私のしようとしている事は人としてどうなんだろうかと思いました。
でも私には障害児を産んで育てる勇気がありませんでした。

金曜日の夜、入院して寝る前に、子宮を収縮させる内服薬を飲みました。
薬をつかんだ手が震えました。これを飲んだらもう引き返す事はできません。
目を閉じて薬を口に入れコップの水を一気に飲みました。
次の日の朝、子宮口を広げる為に膣剤を挿入されました。
ところがなかなか子宮口が広がらず、結局月曜日の昼過ぎまでかかりました。
2004年1月26日、22週でお空に返しました。

540gの男の子でした。結局私は子供を見ることも抱く事もしませんでした。
顔にひどい障害がある子を見るのが怖かったのです。
すごく悩んだのですが看護師さんが「無理矢理見なくてもいいですよ。」と言ってくださったのでそのまま見ませんでした。
見なかったことに対して子供に少々罪悪感を感じています。
どんな子でも私のかわいい子と思えなかった自分の心の狭さに、自己嫌悪を感じます。

その後、今日までに2人の元気な子を授かる事ができましたが、お空に返した子のことを忘れたことは一日もありません。
今ある命、お空に返した命、どちらもかけがえの無い尊い命です。



別窓 | お寄せいただいた人工死産体験談 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

掲示板での出会い11 理子ママさん

untitled by 理子ママ 2004/10/08 10:58:44

おかよさんこんにちは。ポコズママさんのHPからきました。
私も自然が大好きなので、いつもお写真綺麗だなぁと思いながら拝見しています。
私は、8月に41週ではじめての娘を死産しました。ICSIでやっと授かった大切大切な宝物でした。陣痛がやっときた!と思いドキドキで産院に到着したのに、その時にはもう心音が確認されませんでした。
「いよいよだね、一緒に頑張ろうね。」ってお腹に手をあてたらグニって動いてお返事してくれたのに。まだそれから数時間しか経っていないのに。
いままでとても苦しかった。原因は常位胎盤早期剥離とありました。むくみがひどく産後一気に15キロも痩せてしまったけど「妊娠中毒症まではいっていない。」という診察にそれほど気にもしていませんでした。
NSTで赤ちゃんが元気だったので安心してしまったのかもしれません。でもまさかこんな事になってしまうとは・・・。
もっと早く切って取り出してもらえば良かったとどれだけ後悔した事でしょうか。大量の出血があったものの、3334グラムの娘は意外とすんなり出てきてくれました。ふっくらとしていてとても可愛い娘なんですよ。
ポコズママさんのサイトで書き込みをしたり、カウンセリングに通ったりしながら何とかここまできました。今ではTV見て笑ったり、バカな事話したりできる自分もいます。でもまだまだ涙は涸れないみたいです。
おかよさんってすごいですね。パワフルです。私もこれから3人子供産むぞぉ!理子が舞い戻ってくれるまで。(3人というのはさすがに無理ですが前向きに行こうという意味です)

それでは。長々と失礼しました。読んでくださってどうもありがとうございました。


[レス] Re:untitled by おかよ 管理人 2004/10/08 14:43:40

理子ママさん、こんにちは^^ご訪問ありがとうございます。自然が好きな方は大大歓迎です。写真好きな方も♪



理子ママさんのあまりにも無念なお産、どれほど悲しみも深いことでしょうか。読み進めながら、こんなことがあっていいのかと目を疑うほどでした。
41週まで・・・たったさっきまで、お腹の中で元気に動いてた赤ちゃんが・・・。なぜこんなにも悲しいことが起きてしまうのでしょうね。頭では理解しています。こういうこともあるのだと。だけど、心が認めようとしないのですよね。何故私たちがこんな目に遭うのでしょう。何がいけなかったのか?あの時まで戻して欲しい。そう願ってしまいます。
私は6年という歳月を経過してみて、それでも悲しみは消化しきれていません。だから写真を撮る時、娘を想います。素敵な風景を見ると胸がいっぱいになります。

悲しくて涙が流れる時も、バカ話でぎゃははは~と笑う時も気が向かれましたら、また遊びにおいでください。お茶は出せませんが、心はいつも・・・・。



[レス] Re:untitled by 理子ママ 2004/10/08 19:15:47

おかよさん、早速お返事ありがとうございます。
いまだに納得できないし、もっと小さな病院だったらあのむくみにビビッて帝王切開して早く取り出してもらえたかも知れない・・・などと考えて気が狂いそうになります。
でもそういう私こそ何より自然なお産がしたかったんですよね。
ICSIだったせいもあるかもしれません。NSTでもとても元気だったし、帝王切開で取り出さなければならないほどのむくみでもなかったんでしょう。産院の母親クラスでも「胎児からのサインでお産は始まるんですよ、不思議ですね。」と聞きました。
私は赤ちゃんを絶対信じようと思いました。信じて待っていました。予定日を過ぎても。まわりの心配もよそに・・・。
41週0日で陣痛がきたのも理子からの何かのサインですよね。今はわからないけれど、きっと何か意味あることだと思っています。そう思わないと正気ではいられません。「陣痛をおこして心臓止めちゃうなんてどうして?」って写真の理子に問いかけてもおだやかな顔で寝てるだけです。まだまだ涙はこぼれるけどほんとこれはどうしようもないですね・・・。またつらつらと書いてしまいました。

お返事どうもありがとうございました。また遊びにきますね♪
別窓 | 掲示板過去ログから | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

掲示板での出会い10 AIさん・みいさん

untitled by AI 2004/10/05 08:37:35

ここでは初めまして♪れいさんの部屋から参上しました!!
私はおかよさんの妹さんかな。。。と同じ超低体重未熟児で男の子双子でした。私の場合は双子と言う事もあり・・・悲しい結果になりました。
双子の400グラム前後の体重の男の子生存は、かなり厳しいものです。車で片道高速道路1時間半=息子のいる病院のNICUに4ヶ月毎日通いました。おかよさんに↑自分のこと少しお話しました。お空の天使ママとして、これからも宜しくお願い致します!
*おかよさんの写真みましたよ=心に残る美しい風景ですね!私は不妊治療の時期も長く=私の通う病院のサイトでも、心を癒すため=おかよさんと同じ美しい写真を記載してあります。またお邪魔しますね~ん♪では!


[レス] Re:untitled by おかよ 管理人 2004/10/05 22:23:54


AIさん、こんばんは^^私の従姉も天使になった双子ちゃんのママなんですよ。時々、ここに遊びに来てくれてるんですが、働くママなんで忙しくて書き込みする時間は、あまりないみたいです。。。だけど、きっと従姉がAIさんのこの書き込みを見たら、嬉しいのではないかな・・・と思っています。
高速道路で片路1時間半とは遠いですね。毎日毎日、どんなお気持ちで通われていたのでしょうか・・・・。超未熟児を出産した私の妹と重なって見えるようです。。。。こちらこそ、これからよろしくお願いいたします。色々お話できたら嬉しく思います。写真、見てくださってありがとうございました。またボチボチUPしていく予定です。待っててくださいね。


[レス]Re:untitled by AI 2004/10/08 07:04:10

おかよさん気にしないでね♪私のために、謝罪してくださって有難う~☆☆*私の話が少しでもお役に立てるなら、最愛の息子たちもきっときっと天国で喜んでくれていると思うからです♪
NICUで4ヶ月=病院側にしたら長い入院で、だいたいは超低体重未熟児でも2ヶ月前後入院みたいで、私が息子たちで経験した事は、入院の4ヶ月は本当に病院関係者も治療も含めて、いろいろありました。
だからこそ現在NICUに入院している赤ちゃんの両親や家族の気持ちが分かります。私の話でもお役に立てれば幸いです♪またお話してね(^^)/

[レス] Re:untitled by おかよ 管理人 2004/10/08 10:16:10

AIさん、おはようございます。
私の配慮が足りなかったのです。申し訳ありませんでした。
そして本当にありがとうございます。

私はおごっていたのかもしれません。誰かの慰めになるのなら・・・なんて。でも、私や妹が6年前に死産・超未熟児出産をそれぞれ経験し、孤独で不安で辛かった日々を思うと・・・ここで知り会えたママたちに少しでも気持ちを吐き出してもらえたら・・とかちょっと一息ついてもらえたら・・とかその願いはどうしても消えません。
まだまだ至らない管理人ではありますが、こちらこそよろしくお願いいたします。


[レス] Re:AIサン、ごめんなさい by みい 2004/10/08 11:05:14

てっきり双子ちゃんは元気になったんだと勝手に思ってあんな返事を書いてしまいました。ほんとごめんなさい。辛い体験したことを書くのは勇気がいる事なのに。
文字だけで顔が見えない分、文章からきちんと読み取らないとダメなんですよね。勉強不足でした。AIサン、嫌な思いをさせてすみません。
良ければ、またいろいろ教えてください。よろしくお願いします<(_ _)>おかよサン、私のせいでおかよサンにまで迷惑をかけてしまいごめんなさい。気をつけますね(>_<)

[レス] Re:untitled by おかよ 管理人 2004/10/08 13:53:07

こちらこそ、お二人に気を遣わせてしまって。。。。すみません。申し訳ないです。ごめんなさい。で、またお話していただければ嬉しいです♪


別窓 | 掲示板過去ログから | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

掲示板での出会い9 はるさん

はじめまして by はる 2004/10/04 11:22:40


おかよさん、はじめまして。天使ちゃんのサイトを色々見ていたらこちらにたどり着きました。21週での赤ちゃんとのお別れ・・・私も同じです。2000年6月に初めての子を原因不明の子宮内胎児死亡で亡くしてから4年が経ちました。
この4年の間に二人の子を授かりましたが、「あの子が生きていれば三人兄弟だったのに」「あの子が生きれいれば4歳でわんぱくだっただろうな」いつもいつも「あの子が生きていたなら・・・」という思いが消えません。
今は二人の子供たちに振り回されつつも幸せな毎日ですがどうしても寂しいのです。4年の月日が流れ、あの子の事を人に話す事ができません。いつまで引きずってるの・もう子供二人いるんだからいいじゃないって言われてしまう・・・でも過ぎ去った事ではなく今もこれからも私の子供である事には変わりない、皆にもあの子を忘れて欲しくないと思ってしまいます。
自分だけ忘れないようにすればいいのに。
おかよさんのhp、共感できる所が多く思わずカキコしてしまいました。自分のことばかりでごめんなさい。21週といっても、小さいだけで普通の赤ちゃんと変わりないですよね。小さい手も、足も、ちゃんと爪がはえていて開く事が無かった目にはちゃんとまつげもあっておかよさんのあかちゃん可愛かったでしょうね。天国で幸せになっている事を祈る毎日です。


[レス] Re:はじめまして by おかよ 管理人 2004/10/04 23:43:00

はるさん、こんばんは。はじめまして^同じ週数だったのですね。男の子だったんですね?
私も「男の子3人?大変ね。」と、よく言われます。そして更に「今度は女の子、作りなさいよ。」と。その時、喉元まで出かかります。「娘はいます。天国に。」・・と。
亡くなってしまった子の代わりなんて・・・・いないのですから・・・淋しいのは当然なのですよね。どんなに切望しても、もう帰ってきてはくれない・・・のですよね。でも私たちは信じていますよね。いつかきっと、また会える日が来るって。
はるさんもご自身の気持ちに、ずっと蓋をされてきたんですね。
これから・・・もしよろしかったら、赤ちゃんのお話聞かせてください。辛くてもいい。泣いてもいいじゃないですか。
地上にいる子供たちと同じように、私たちはお空に帰ったあの子のことも、ずっとずっと愛してるんですよね。
私はここで天使ママたちに会えること、悲しい反面嬉しいです。ずっと胸にしまってきた想いが、溢れ出そうになった時はいつだってここでお話していってくださいね。お待ちしています。。。^^
別窓 | 掲示板過去ログから | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

掲示板での出会い8 のんきちさん

はじめまして☆ by のんきち 2004/10/03 13:31:43


はじめまして。
今日は私の経験したお話をぜひ聞いて欲しくてこうして書いています。ちょっと長くなると思うのですが最後までお付き合い下さいね。

私は4日前の9月30日に男の子の赤ちゃんを死産しました。ちょうど20週0日でした。私もおかよさんと同じく破水による羊水過少で赤ちゃんを亡くしました。医師から初めてその言葉を告げられた蒔、何が何だかよくわからず、頭の中を整理するのに必死でした。
とにかくまずは情報収集しようと思ってフラフラとしていたらおかよさんのトコにたどり着きました。初めてみたおかよさんの体験記は涙涙で全然読めず2日かけてやっと読みました。だって、全く私と同じ様な経緯で同じ様な症状でしたから・・・。
私がおかよさんのHPを見ていた時、医師から「産むのか諦めるのか」という、とてもつらい選択を要求されていた時だったので、本当に涙なしでは読めなくて、答えも出せずにいました。
でもおかよさんの体験をみていたら「諦める}事がどういうことなのかとてもリアルに書かれていて、とても怖くてつらくて決断なんて出来ませんでした。それでも時間は迫っているし、HPを見ては、泣いて、迷って迷ってどうしようと思う事だけで精一杯でした。
そんな中で、突然、陣痛の様な激しい腹痛と供に破水し、いいかげん無いハズの羊水がまた流れていき出血もしてしまって、もうあかんと思いましたがそれでも赤ちゃんは生きていました。
出来たらもう勝手に赤ちゃんが私から離れていってくれていたらどんなにか楽だろうと思いました。自分で決断して赤ちゃんを失うよりもずっと諦めもつくだろうと思っていたけど、赤ちゃんは私からは離れて行きませんでした。悩んで悩みました。多分人生で1番悩んだハズです。
結局私達は私達の決断で赤ちゃんを失うことになりました。こんな悲しい出来事が今、現実に自分に起こっていることがまだ信じられないんですが、おかよさんをはじめ世の中には同じつらい経験をした人がいると思うと1人じゃないという想いで慰められます。
まだ赤ちゃんをなくして4日、涙にくれる毎日ですが、こうしておかよさんとこを見ていて慰めてもらっています。最初は見とくだけにしようかと随分思ったんですけど、同じ痛みを分かってもらえる人って周りにはそうそういないしおかよさんに頼ってみました。
今のこの辛い気持ちを共感してもらえるだけで今は十分です。もう少し落ちついたら私の体験記も書きたいと思うのでぜひ載せて下さい。長々と書いてしまいましたが最後までお付き合い下さりありがとうございました。書いていたら少し楽になりました。またお邪魔しますのでその時もどうぞよろしく☆


[レス] Re:はじめまして☆ by おかよ 管理人 2004/10/03 23:09:13

のんきちさん、はじめまして。まだ退院されたばかりなんですね。お体のほうはいかがでしょうか。普通のお産となんら変わりません。くれぐれも無理をなさらないようにしてくださいね。
母乳のケアの方はどうなんでしょうか。出血もまだ続いていらっしゃるでしょう。それよりも、心の痛みの方がどれほど大きいでしょう・・・・・。
今、のんきちさんのそばにいて、ただ黙ってあなたの手を握ることができたらどんなにいいかと思っています。
今、私はとてもショックを受けています。本当にこんな悲しいことは他の誰にも起きてほしくないことなのに、のんきちさんにたった4日前に起きてしまったのですね。そしてご自身で「選択」をなさったと。。。。
私の体験がまだ選択する前ののんきちさんに、どれほどの苦痛や迷いを与えてしまったことでしょうか・・・。のんきちさんの、その気が狂いそうなこの数日間を思うと、私の当時の体験もとてもリアルにまるで昨日のことのように、今、思い出して苦しくて悲しくて泣き叫びたくなります。
これから辛くなったら、いつでも来て下さいね。なんの遠慮もいりません。私はこのホームページにあるこの掲示板は、こうしたママたちの為に設置させていただいています。確かにまわりには私と同じような体験をした人がいませんでした。当時、そのような人なり場所なりがあれば・・・と何度も思ってきました。私がのんきちさんのお役に立てるなら、いつだって待っています。
これから様々な感情がかわるがわるやって来て、のんきちさんを苦しめることになるかもしれません。どうかそんな時はご自身を責めないで、辛くても悲しくてもその気持ちや感情を認めて通り過ぎていくのを何度も何度も繰り返していきましょうね。
おかよは、いつだってここにいます。お返事が多少遅れるかもしれませんが、いつだって・・・。
のんきちさん、私は、ただ、あなたが心配です。
どうかのんきちさんを支えてくださる方がそばにいてくれますように。



[レス] おはようございます by のんきち 2004/10/04 10:53:19

おかよさま早速のお返事ありがとうございました。やっぱり涙涙で、読むのにちょっと時間がかかりました。
でもこんなつらい気持ち、わかってもらえる人がいるっていう事は本当に救いになります。
おかよさんに共感を持って接して頂けるのが本当に慰めになります。何も言わなくても分かってもらえる、それが1番嬉しいです。また、優しい気遣いにも本当に涙が出てきちゃいます。本当にありがとう。
まだ出血もあるし体調も良いとはいえませんが、少しづつ回復に向かっていると思います。おっぱいについても、事前におかよさんの体験記を読ませてもらっていたので、医師に言って14日分お薬をもらってきました。
今のところ、胸が張ったりとかはしていないのでこのまま小さくなっていくと思います。私の体はまだまだ赤ちゃんを忘れていないのですね。

ひとつ、私には支えがあって、9月に2歳になったばかりの女の子がいるんです。今回亡くした赤ちゃんは2人目の赤ちゃんでした。1人子供がいる事でずいぶん救われているし、こうしておかよさんにも話を聞いてもらえる・・・私はなんて幸せ者なんだろうと思います。
こんなつらい時期にひとりぼっちじゃない・・・と。おかよさんがつらかった時期、本当に寂しくて苦しくて暗い長い悲しみがあったのを思うと涙がでて止まりません。人事ではないからです。でも今、3人のお子さんがおられる事、それが私にとっても本当に救いになりました。また、私にも赤ちゃんがやって来てくれる日がいつかくるのかなって・・・。
まだ当分は、次の子の事は考えられないし、上の子といても泣いてしまう日々を過ごすと思いますが、つらいものはつらい、泣きたい時は泣こうと思っています。ただあまり泣いてばっかりなのは上の子にも申し訳ないので、なるべく1人の時に泣こうと思います。これからもちょこちょことこちらにお邪魔して泣き言ばっかり言うかもしれませんが、どうかおかよさん、優しく見守っていて下さい。
こんなカタチではありますが、おかよさんと知り合えたこと、本当に嬉しく思っています。いつもここにいてくれて本当にありがとう。本当に本当にありがとう!また長々とすいませんでした。またお邪魔します。


[レス] Re:おはようございます by おかよ 管理人 2004/10/04 23:23:59

こんばんは^^泣き言、いつでもOKです。ど~んといいですよ!!
こんな胸でよかったら、いつでもお貸しします^^
今ののんきちさんは、6年前のおかよです・・・私にとっても他人事ではありません。胸が痛くてたまりません。だからいつでもOKです!!泣き言でもバカ話でも、なんでもいいですから、またお話しましょうね。


別窓 | 掲示板過去ログから | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

掲示板での出会い7 べりーさん

はじめまして by べりー 2004/09/30 14:44:45

はじめまして。ポコズママさんのところからきました。
私は7月に7週で繋留流産でした。初めての妊娠で、赤ちゃんを心から望んでいたので、本当に嬉しく、おなかに赤ちゃんがいるってことが、こんなにも幸せなことなんだなぁ~と毎日やさしい気持ちでいれたことを思い出します。
でも、今はあれから3ヶ月たっているのに、寂しくて寂しくてどうしようもありません。毎日ポコズママさんのHPを眺めては、どこにもっていけばいいのかわからない気持ちを慰めています。
術後から2回の生理も見て、やっと前向きになれると思っていたのに、術後の傷跡からばい菌が入り、卵管が炎症を起こしてしまって、今はまた、家でひとりぼっちで、「どうしてこんなに辛いことばっかり・・・」って思ってしまいます。
おかよさんの写真を見せていただいて、泣きました。悲しみがこみあげてきたんではなくて、自然の美しさになんだか胸が熱くなりました。最近、いろんなことでよく涙がでます。でも、「泣いていいんだよ。」と言ってもらえたので、今は自分の気持ちに正直にいるようにしています。でも、3か月もたつと、やっぱり夫の前ではもう泣けません。だから一人で泣いています。本当はまだ「辛かったね。」って夫に抱きしめてもらいたいけど・・・。
2ヶ月しか私のおなかにいなかった赤ちゃんの存在は本当に大きすぎるくらいです。思い出すと、辛くなってしまうけど、大切なわたしの赤ちゃんを忘れてしまうことなんてできないし、ずっと大切に思いたいと思っています。なんだか、気持ちを吐き出してしまってもうしわけないのですが、文章にすると、少し気持ちが楽になりました。早く赤ちゃんを迎えにいける元気な体にもどりたいです。長々とすみませんでした。また、写真、見せてくださいね。



[レス] Re:はじめまして by おかよ 管理人 2004/10/01 12:45:28

こんにちは、べりーさん。私と同じ6月生まれ!同じ血液型さんだ^^大阪なんですね。私も大阪方面で育ったんですよ。近かったら、一緒に海に行ったり山に行ったり誘っちゃうんだけどな。
私も、娘を亡くして毎日生きているのさえ辛かった頃、自然の優しさ・大きさに心から感動して泣きました。その気持ちがべりーさんに写真を通して伝わったなら、本当に嬉しいです。
卵管の炎症。。。。お大事になさってくださいね。まだちょっとだけ体も休息が必要なんだというサインなのかもしれないですね・・・。
私も、夫には甘えることができなかったんですよ。だからお気持ち、わかるような気がします。でも、きっとご主人も悲しみを押さえ込んで毎日お仕事に行かれてるのかもしれないですね・・・・。けれど一人で辛くなったらポコズママの会でもこちらででも、いつでもお話しましょう。「元気な体」は時間が経過すれば、必ず戻ってきます。。。。今は泣きながらでもゆっくり時を過ごしていけたらいいですね。

いつだって写真、見に来てくださいね。見てくださる方がいるから、私もまた撮りたいと思えます。今日の秋空がべりーさんを慰めてくれますように。



[レス] Re:はじめまして by べりー 2004/10/01 17:26:54

おかよさん、ありがとうございます。今日病院に行ってきたら、先週より炎症も治まってきてるよって言ってもらいました。私自身はまだ痛みを感じるので、不安は残っていますが・・・。
おかよさんのお返事にあった、「元気な体は時間がたてば戻ってくる」という言葉に「そっか!!」と心が軽くなりました。そうですよね、今はまだ体が休みたいサインをだしているのかも。私は気持ちばっかりあせっているから・・・。
今度は強い体で赤ちゃんを向かえてあげないといけないですよね。また新たな悩みができた・・・と落ち込んでいましたが、体のサインだと思えば、素直に従えそうです!
11月に夫が旅行を計画してくれました。それまで、ゆっくり休めたらいいですよね。ついさっきまで、(そんな旅行よりもチャレンジのほうが大切~!)って思ってしまってました。

おかよさんも6月生まれのふたご座ですか♪いろいろ話してると似てるとこ、でてきそうですね(笑)これからもよろしくお願いしますね。本当に近かったら、一緒に楽しめそうなのに・・。でも時々お話してください!本当にありがとうございました!


別窓 | 掲示板過去ログから | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

掲示板での出会い6 hhさん

はじめまして by hh 2004/09/27 19:48:22

こんにちは。初めてHP拝見しました。
愚痴になるかもしれませんが、こちらで少しお話させてください。
一昨年排卵誘発剤で妊娠しましたが、2ヶ月で流産しました。その後は1年くらい毎日のように泣いていました。
今年6月自然妊娠しましたが、やはり2ヶ月で流産しました。
実家の母にも言えず、友人にも言えずにきました。実は、産婦人科医なので、毎日妊婦さんの診察やお産のお仕事があって、つらいです。やめたいけれど、元気な赤ちゃんができるまでの辛抱だと自分に言い聞かせ、このような経験は、これから診るであろう流産死産された患者さんに対するケアにきっと役立つと自分に言い聞かせ、がんばっています。
流産された方もたくさん診てきました。流産についての知識もあります。でも、どうにもなりません。つらいものはつらいのです。でも、このような場所で皆さんとつながりを持たせていただくことで、立ち直れたらと投稿させていただきました。吐き出して、少し楽になりました。ありがとうございました。



[レス] Re:はじめまして by おかよ 管理人 2004/09/28 00:12:59

hhさん、はじめまして。
たとえhhさんが産婦人科医であろうと、尊いかけがえの無い命を前にしては一人の女性であり、母であるのですよね。職業なんて関係ありませんよね。
私の知ってる助産師さんは母乳の外来で数多くのママたちのケアをされていますが、ご自身は乳がんで手術されています。どんなに辛いだろうかと私はただ、想像することしかできません。
hhさんも、きっとその職業を選ばれたとき、生命の誕生というものに感動し、それに携わっていきたいとお考えになったからなのでしょうね・・・。その反対側に存在するものは・・・やはりまだまだタブーなんでしょうね。そして一人でただ耐えていらっしゃるのでしょうね。
頭でわかっていても体がついていかない・・・その道のプロであるhhさんならではの苦悩は計り知れません。
本当は目に耳にしたくないものと向き合う毎日・・・私ならどうなるでしょうか・・想像もつきません。だけど私は「誕生死ケア」のできる助産師になりたいと強く思い、看護学校を受験しました。合格はしたものの、色々あって入学は辞退していますが。。。
私はhhさんには、そういうケアのできる産婦人科医になっていただきたいと願っています。でもそれは・・・ずっと先のことでいいです。今は、辛くて悲しくてどうにもできない気持ちを、一女性としてどんどん吐き出していただきたいと思います。
溢れ出る感情に蓋はしないで下さい。たとえ仕事中は毅然としていても。かろうじてバランスを保ち続けるその心が悲鳴を上げないうちに、ここに来てくださってありがとうございます。。また気が向かれましたら、遊びに来てくださいね。



[レス] Re:はじめまして by hh 2004/09/28 19:39:13


おかよさま
お忙しい中、とてもご丁寧なお返事をいただき、感激しております。お返事を読ませていただき、涙が出てしまいました。とてもとても、心が軽くなりました。一度もお会いしたことはありませんが、私の気持ちを分かっていてくださる方がいるということが、本当に本当に心の支えになります。
どうもありがとうございました。いつか、うれしいご報告ができる日が来たら、すぐメールさせていただきます。どうもありがとうございました。


[レス] Re:はじめまして by おかよ 管理人 2004/09/29 09:46:59

hh様
いつかきっと、そのお辛い時間が過去となり糧となり、hhさんが心からお喜びになれる日が来ることを私も願っています。
もし流産した女性がhhさんに担当してもらったら、それだけでその女性は救われるはずです。悲しすぎる体験は、きっときっとhhさんを助けてくれます。hhさんの白衣姿は、きっと素敵なんでしょうね。


[レス] Re:はじめまして by おかよ 管理人 2004/09/29 13:36:38

私の上の書き込み、訂正させてください。辛い時間は「過去」になることはない。と、今の時点で私は思っています。
過去になるなら、私はこうして 泣いて笑って を立ち上げたりはしなかったでしょうから。過去になることを願いながらでも過去になることを恐れています。私もまだ霧の中にいるのかもしれません。
ただ信じていたいのは、この悲しすぎる体験が、私たちにもたらしてくれるものはとても大きなものであってほしいということです。。。

別窓 | 掲示板過去ログから | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

掲示板での出会い5 みさまささん・naoさん

みさまささんへ by おかよ 管理人 2004/09/21 23:19:57

そうですよ^^奇跡って起こるんですよ。そしてだれでも幸せになることができると・・・・私は信じています。悲しみの分だけ、きっと幸せになれます。そうですよね・・・?^^


[レス] Re:みさまささんへ by みさまさ 2004/09/22 17:24:48

ありがとうございます(^^)。おかよさんの体験談には素敵な「奇跡」がいっぱい!自分にもそんな奇跡が起こってくれたら・・・、時々めげそうになりますが、信じていきたいです。
さて、今日は親友が家にきました。彼女は今回の件で本当に私の支えになってくれた友人です。娘同士が同じ年もあり、妊娠前から用事がなければほぼ毎日のように会っていました。
死産後も彼女達の存在はどんなにか心強かったか分かりません。8月末に彼女の第2子妊娠が判り、喜び合いました。「次はあなたの番よ!」と言われましたが、そう簡単にうまくはいかない・・・だってこの間だって1年も待ったんだもの・・・。親友と自分と立て続けに妊娠なんてそんなことが起こったらどんなにか嬉しいけど・・・。でも結局願いは届かず私は生理になりました。
私が死産から徐々に前向きになって次の妊娠の事をお互いに心待ちにしていました。会えばいつもその話をして子供たちも楽しく遊んでいました。でも今はその時間が辛いです。「奇跡を信じたい。また赤ちゃんが来てくれてことを心から望んでいる。だけどまた生理は来てしまうかもしれない。」後1週間で生理予定日です。彼女も私が妊娠している事を心から望んでくれています。彼女が妊娠してから、前と同じような会話にはなりません。彼女は喜びに満ちていてでもはやり不安もいっぱいあるようです。私にいろいろ話してくれますが時に辛くなります。そして、仕方のないことですが・・・以前より思いやりの気持ちがなくなってきたように感じます。でもきっと彼女も私にどう接してよいのか困っているのかもしれませんね。
今日、彼女は双子を妊娠している事が判りました。予定日は4月下旬ですが双子なのでもっと早まるだろうと。3月中かもっと嬉しそうに言っていた時には本当に辛かったです。本当は生まれていた息子と同級生か・・・と。彼女の妊娠は嬉しかった。だけど、自分が妊娠できていない状況、これからどのくらい待って自分に赤ちゃんが戻ってきてくれるわからない現実・・・そんな気持ちの中で彼女に会えば「現実の今後の楽しい妊娠出産生活の話」をする。
現実は厳しいな。「悲しみの分だけ、きっと幸せになれます。」おかよさんのお言葉、胸に染みます。後何年か後、もしくは何十年後かに、「あの時の辛い経験があったからこそ、今こんなにも幸せだと感じられる。」そんなふうになったら良いなと思っています。今は1日、1週間・、1ヶ月と・・とにかく長く感じてしまいますが、きっといつかはこの今の時間は本当に長い年月のほんのわずかな間だったと思うのでしょうね。また是非お話させてください。


[レス] Re:みさまささんへ by nao 2004/09/22 18:48:35

こんばんは。やはり1度感染したことがあると次の妊娠の時は気を使いますね。おかよさんとおなじでおりものはすごくチェックしましたよ。流産した時は普通とは違っていたんだと思います。かなり量も多かったんだけど妊娠したことで増えたのかなと思っていて・・・。自分の対処法って言ったらやっぱり下着をこまめに替えるとかシャワーで清潔に保つくらいしかないんですよね。
あと上に子供がいても全然普通に行動している人がいるけど人は人。ちょっとでも疲れたなと思ったら無理しないで休んだ方がいいです。今から思うと1人目があまりにも順調に行き過ぎて油断したのかなと思います。今回の妊娠は流産した子と予定日が近いので19週過ぎるまではプレッシャーでした。あの頃と同じ季節が巡っているようで・・・。今日の健診でおりものや貧血などの検査やりました。
36週に入ったので毎週病院に通わないと・・・。最近良くお腹が張るからお産も近いのかなと思ったらまだまだだそうでちょっとホッとしました。10月は長男の小学校の行事が多い!!せめて運動会と芋掘り遠足の弁当作り位は済ませてから出てきてねとお腹の子に頼んでます。

お友達の妊娠のことですがみさまささんが辛かったら無理しないでちょっと距離をおいてもいいのでは?!親友ならなおさら遠慮せずに今の気持ちを言ってみさまささんから連絡を取りたくなるまで待ってもらってもいいと思います。私にもそうやって長続きしている友人がいますよ。私も結局流産した年度には妊娠しませんでした。ゆっくり気長に養生していればみさまささんのところに可愛い赤ちゃんが授かると思います。


[レス] naoさんへ by みさまさ 2004/09/22 22:41:29

naoさん、もう36週だというのご丁寧にお返事をありがとうございます。「まだまだ・・・」と医師から言われたそうですが、もういよいよですね(^^)。最後の最後まで家のことやらで大忙しでしょうが、ご出産頑張ってくださいね!素敵な出産報告、楽しみにしています(*^.^*)。
私自身の妊娠は・・・きっと赤ちゃんがその時を選んでやってきてくれるものですよね。そう思ってはいてもつい先を急いで待ち焦がれてしまいますが、naoさんのおっしゃるように「ゆっくり気長に」が大切ですよね。今回、勇気を出しておかよさんの掲示板に書かせて頂いて本当に良かったです。naoさんとの出会い、とても嬉しかったです。出産後はしばらくパソコンを開ける時間もないかもしれませんが、いつかまた是非お話させてください。その日をまた楽しみにしています。


[レス] おかよさんへ by みさまさ 2004/09/22 22:52:34

おかよさん、こんばんは。もう1度来ちゃいました。「BLOG」読ませていただきました。私が連日こちらに来て、おかよさんからの温かいお返事に心安らいでいたのですが、おかよさんご自身も辛い気持ちと向き合っていらっしゃったのですね・・・。おかよさんの優しさに甘えてばかりいて本当にすみませんでした。そして・・・そんな中でお返事を絶やさずいただけたこと、とても感謝しています。
HPの中でおかよさんはたくさんの方を温かく受け入れ、励まされてきたことでしょう。こんなにも素敵なHPには皆が集まってきますものね。だけどおかよさん、どうか無理なさらず、辛い時は休んでください。
うまく言えないのですが・・・おかよさん、いつも本当にありがとう!


[レス] こんにちは^^ by おかよ 管理人 2004/09/23 16:07:02

naoさん みさまささん、貴重なお時間を割いて、ここに書き込みしてくださること、本当にありがとうございます。naoさん、我が家の三男はおしるしがあったのが、次男の2歳の誕生日でした!!もうみんな集まって3人目だからお産は早いだろう。早くバースデーケーキ食べて、出産だ~!!ってな感じで。しかし!!待てども暮らせども一向にその日は規則的な陣痛はつかず。。。
そして次の日に生まれてきてくれました。
思うに、赤ちゃんは自分で「その日」を選ぶんでしょうね。長男のように「この日にこれ位の体重で」と言う勝手なお願いをちゃ~んと聞き届けてくれる子もいれば、三男のようにみんなが首を長くして待ってるのに反発したのか恥ずかしいのか・・・次の日に生まれてくる子もいるし^^
可愛い赤ちゃんのご誕生、私も心からお待ちしています。楽しみですね。きっと、大丈夫。お空の天使ちゃんも見守ってくれているでしょうから。

みさまささん、私も友達や実の妹の出産は、正直、辛かったですよ。
自分が悪魔なんじゃないかと思うぐらい。きっと笑っておめでとうを言えると思って、出産直後の友人に会いに行き、やっぱりズタズタに傷ついて家に帰ってきて泣いてました。
出産祝いの赤ちゃんの名前入りのアルバムを、直接届けられなくて知り合いに頼みました。姪っ子が超未熟児で生まれた1週間後、仲のいい友人が結婚式を挙げる予定で披露宴に招待されていました。でも私の心はグチャグチャで、式の2日前に電話で出席をお断りしました。

生まれたての赤ちゃんを「抱きたいでしょ?」と、別の友人に差し出されたとき、私の心の中を見透かされたような気がして、ムカついて抱っこはしませんでした。その時も悔しくて悲しくて、なんで赤ちゃんと友人に会いに行ったんだろうって泣きました。
でも、いつか・・・そう・・・きっと、いつかみさまささんが赤ちゃんを授かり、出産し、育てていく過程で・・・誰かの妊娠を心から喜べる日が来ます。今のみさまささんは、悲しみと共に必死に毎日を生きているんです。責めなくていいんですよ。こちらこそ、こうして出会えお話できるご縁にありがとう。。。!!です。

別窓 | 掲示板過去ログから | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

掲示板での出会い4 マーさん

untitled by マー 2004/09/20 19:38:26

ポコズママのBBSでお返事して下さってありがとうございます。お礼が言いたかったので、あちらではなく直接こちらにお邪魔させていただきました。返事が遅くなり申し訳ないです。
おかよさんのHPも見させて頂きました。私は原因不明で18週ごろでしょうか、突然心音が確認できなくなりました。いたって健康で、出血もなくすごしていました。少しお腹が張るぐらいで何か兆候らしきものがまったくなかったのです。妊娠も初めてで何がなんだかわからない状況でした。
私は出来ちゃった婚で、親ともかなりもめ、結婚式をしないという私たちの意見と食い違い、新居探し、結婚式と多忙でした。そんなことがたったたのかもしれないと私は思っています。
結婚したことも後悔し、旦那の事は大好きですが私のせいでと思い別れた方がいいのではないかとか、お腹の赤ちゃんが死んでしまうぐらいなら、私の命も一緒にとも思いました。私も死にたいと。。。。そしたら天国でわが子を抱けるような気がして!!!しかし、私は今生きています。あの子の為に頑張らないと行けないと思い。病院の先生いわくは、流産するはずだったのがここまで大きくなったのだろうと・・・。気をつけていたつもりがこんな結果になってしまいました。
お腹の赤ちゃんは私が気づかないだけで、SOSをだしていたのではないかと後悔しましたが、結果は遅かったですが。
安産祈願にいった次の日が検診だったので、健康にそだっていると思い込んでいました。GWがかさなったのもあり、心音が確認できなくなって直後入院するのではなく、4日間ぐらいあいてからの入院でした。
5月4日に入院し、処置をし夜にかけて陣痛が起こり5月5日の朝方、子どもの日にわが子が出てきました。5月6日に火葬をしました。私は病院で寝ているばかりでした。150g、15cmと小さな小さな男の子で、皮膚もまだ出来ていませんでした。臓器は全て出来ていたので男の子ということがわかりました。火葬して灰位はのこるかと家族も思っていたのですがまったく何ものこらなかったそうです。
よって、納骨のことや色々考えていましたが、何もせず自分たちで水子地蔵に手を合わすことしかしていません。私は今思うことは、どんなに時間がたっても、またいつか私に子供が出来たとし、元気に生まれて来てくれたとしても、この悲しみはいえることがないと思いました。おかよさんは、悲しいお別れから6年経ったそうですが、HPをみていてもそう思いました。おかよさんの空の写真とても素敵です。その他の写真も!!私は天国に行った赤ちゃんの名前を「空」にしたいと旦那に相談しました。上を向いて歩いた時、いつも空があるかあらです。ずっと生まれてこれなかった赤ちゃんが側にいるように思いたかったからです。旦那は、愉快なことが好きな人で「空」って名前いいねと、付け加えてとても小さい赤ちゃんでソラマメ位の大きさだったから、あだ名はソラマメにしようと。
天国の赤ちゃんは怒ってるかもしれないけど、旦那とそんな話をしていると笑顔になれたので、名前は「空」あだ名は「ソラマメ」にしました。9月18日予定日を迎え、やはり元気に生まれて欲しかったその気持ちばかりが募りました。友達の妊娠発覚や、今月になって少し母乳がでたり。。。生まれてくるはずだったのにって自分のお腹をみて涙が止まりませんでした。私も赤ちゃんが欲しいと正直思います。しかし怖いのも事実で、天国にいるわが子が戻ってきてくれるのを望んでいる気がします。しかし、次に命を授かる事が出来たとしても、それは別の命だと思います。自分自身がもっと強くなり、精神的にも全ての環境が整った時にまた大切な命が授かる事を夢に見て、前向きに頑張りたいと思います。長々と申し訳ございません。しかし、自分の思いを吐き出せたように思います。おかよさん有難うございます。

[レス] untitled by おかよ 管理人 2004/09/21 01:04:36

マーさん、こんばんは。ますます想いを重ねてしまいます。
こちらに書き込んでくださって本当にありがとうございます。空の写真、気に入っていただけて嬉しいです。
「空」「ソラマメ」という名前&ニックネームもいいですね^^空で繋がる出会いに。。。感謝しなくちゃ。ありがとう、ソラマメくん♪

私も娘のお骨は・・・ありません。主人が一人で火葬場に行ってくれたのですが、当然持ち帰ってくれるものだと思っていました。太ももあたりの骨がほんの少し残っていたらしいのですが、私の気持ちが主人には伝わっていませんでした。
きっと主人にしてみれば、お骨を持って帰ることはこの先、私が何時までも悲しむと思っていたのかもしれません。私も当時は、写真を残したいと言えば反対され、へその緒だってもらえると思っていたらもらえなくて後悔だらけなのです。
そして霊木に彫られた水子地蔵さんを購入し、手首には数珠を今でも付けています。私なりの・・・娘への供養・・・と想いです。
私も9月7日が予定日で死産したのも5月2日でした。日が近いこともあって・・・・6年前のちょうど今頃の私を重ね見ているようです。今、マーさんにどれだけの言葉をおかけしても、きっとなんの慰めにもなりませんよね。だから写真を見に来て下さい・・・と声をかけさせていただいたのです。私も空を見て娘を想うから。その気持ちがきっとマーさんに伝わると思ったから・・・・。この連休も、写真が撮れました。前向きに頑張るには、悲しみと十分に付き合うことも大切かと思われます。一進一退。今でも、私はそうです。今でも、娘のことは思い出し会いたくてたまらなくなります。胸が張り裂けそうになります。これからも、またお話できますように。マーさん、ありがとう。。。
別窓 | 掲示板過去ログから | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

掲示板での出会い3 naoさん・みさまささん

おかよさん、みさまささんへ by nao 2004/09/19 17:21:01 

おかよさんこんにちは。
こちらの掲示板ははじめて(前回は1で)です。みさまささんと境遇が似ていたのでこちらからおじゃまします。私も4年前の6月4日に18週(生れた時は19週)でさよならした男の子がいます。当時3歳だった長男との生活は励みにもなったけど辛い事も多かったです。幸い2年保育に入園させる前年度で、1年間だけ違う幼児教室に通っていたので気分がリセット出来たのかもしれません。翌年には妊娠、男の子が生れました。そして今お腹に35週の子がいます。
今回は初期に出血していてポリープがあると言われました。流産は感染が原因ではないかと言われていたのでその話をしたら安定期に切除を勧められて11週に入った時に取りました。根が深いからスッキリしないかもと言われたけどその後は出血もなく今に至っています。何年経っても次に元気な子に恵まれてもお空に帰って行った子の事は忘れられるものではありません。みさまささん今はゆっくり自分のペースで上のお子さんと付き合ってあげるのがいいと思います。私も同じ立場の方々のHPは救いでしたよ。まだまだ無理せずに・・・。


[レス] Re:おかよさん、みさまささんへ by おかよ 管理人 2004/09/20 00:23:51

naoさん、こんばんは。お久しぶりです。いかがお過ごしかと思っていました。35週なんですね。もうすぐ正期産・・・・いよいよですね。祈っています。無事にご出産されること。ご出産後は暫くはお忙しいでしょう。でも、落ち着かれましたら、また書き込みに来ていただけると嬉しいです^^私の場合は第1子を亡くしたので、やはり、経験者であるママたちの声はとても重くありがたいです。

>何年経っても次に元気な子に恵まれてもお空に帰って行った子の事は忘れられるものではありません

そうですね・・・「お子さんは?」と聞かれて、本当は「4人です」と、いつも喉元まで出掛かるのに・・・「3人です」と、答えます。だけど姿は見えなくても、私はいつも娘のことを想っています。。。この哀しみを乗り越えようなんて思わなくていいんですよね。乗り越えられるはずないんですから・・・・だけど、こんなに辛く悲しい体験をしても私たちは生きていかなくちゃいけないのですよね・・・自分自身を責め続けたり・・・また心静かに過ごしたいと思ったり・・・時々、混乱するけれど、あるがままに・・・・。



[レス] Re:おかよさん、みさまささんへ by みさまさ 2004/09/20 03:41:12


naoさん、お話してくださって本当にありがとうございます。4年前のたった1日違い、私も19週0日での死産でしたので、男の子と言う事、とてもとても重なりますね・・・。そしてその後naoさんも無事に男の子をご出産、そして現在35週なんですね!おかよさんの現在と同様、naoさんの現在のお姿は、私にとってとても励みになります。

さて、今回ポリープが妊娠当初からあったとのこと、そして除去された今も問題なく妊娠を経過されている事、私がいろいろ悩み、今も結論が出せないでいるのですが、でもやはり自分はたまたまこのような結果になってしまったけれど、ポリープ除去自体は本当は問題のないものなんですよね?
私自身、妊娠当初からポリープ除去に関してはかなり調べました。妊娠が判ってからしばらくして出血した時には、長女の時は全く出血がなかったので青ざめてしまいました。でも受診した結果、「子宮頚管ポリープからの出血で、ポリープはよくあることで、本来ならば外来でさっと除去できる程度のもの、だけど、今妊娠中なので、念のため安定期に入ってから気になるようだったら除去しましょう。」と言うことでした。インターネットで調べても何一つ心配や危険性は書かれていない、そして実際に友人達の何人かはポリープが妊娠当初からあったとのこと、そして1人は除去せずそのまま無事出産、そして1人は除去して無事出産、それらを含めてもまず問題のないものだと思っていました。だから、除去した途端に具合が悪くなって、出血もそうですが高熱(38,8度)が入院するまでの3日間、朝ひいて夕方上がっての繰り返し、ついにはドロッと出血し、受診すると子宮頚管も2,5cmとなっていて「切迫流産」として入院しても、その時は「ポリープ除去が致命的な結果になった原因」とは考えていませんでした。
感染の目安を示す炎症値が3,77(通常は0,30)になったことも、先生も「ポリープを取っただけではこのような数値にはまずならない」と言われましたし、いったんは0,60の炎症値になり落ち着き退院した後、症状も落ち着くものと思っていました。
でも安静にしていたのに再び出血が多くなり、再入院の時には炎症値が0,90になっていました。そしてその時にはもう1度目の入院時と比較にならないほどの出血が続き、信じたくはない結果に至ってしまいました。2度目に入院した病院(息子を死産した病院)では、「今回の原因は感染であろうこと、感染はいつ起こったかは断定できないけど、ポリープを取る前から感染が進んでいた可能性もあること、出血していたことによって感染を起しやすかったこと、ポリープ自体が感染の根っ子になってしまうこともあること、いったん落ち着いたはずの炎症値だったけど、たぶん感染が完全には消えてなかったこと」などを言われました。
そこで私は、ポリープさえ取らなかったら急変しなかったのでは!?と考えたけど、たとえポリープを取らなかったとしても、もしその前から感染が進んでいたのであれば、結局同じ結果になっていたのだろう・・・とも考えました。そして、何よりも現にポリープを除去しても、除去しなくても、無事に出産されている方はいっぱいいる事実です。ただ私はその頃とても疲れていました。今現在もそうなんですが、夫の仕事はかなり激務で日曜だけはどうにか休めますが、土曜日、祭日はほぼ休めないし、平日は帰宅が深夜を過ぎることも多いです。長女の面倒は日中も夜もすべて1人でやらなければなりません。辛いなと思っていてもやっと帰ってきた夫が私よりもクタクタになっているのをみて、「ご飯食べたらすぐ寝ていいからね。」と夫がいても結局一人で娘のお風呂を入れ、寝かしつける日々でした。
それでも夫は娘の事をとても想っていてくれます。娘もパパの事が大好きです。それだけで充分だと思っていたのです。それに加えて、私は妊娠中「お腹の子が生まれたら全面的に赤ちゃんの面倒中心になってしまうから、今のうちにいっぱい娘と遊んであげよう!」と公園遊びを日々頑張っていました。ポリープを取ったその日さえ、公園へ行っていました。長女をごく順調に出産できていたので安心していたのだと思います。無理していたことは否定できません・・・。だけど、妊娠中でお子さんが上に2人、3人いて、他にいっぱい仕事を抱えたり忙しくしていても、皆さん無事に出産されているではありませんか?皆そうやって兄弟が増えていくのでしょうに、私にはその当時無理は厳禁な事だったのかもしれませんが、でもずっと順調だったのに・・・!
ポリープだって問題ないと言われてきたのに・・・!けれどやはりもし無理をしていなかったら、違っていたかもしれない・・・と思うと、とても辛いです。次に妊娠をした時に私はもう無理はしないと思いますが、それでも思います。上の子を遊ばせるために公園へ行くこと、上の子の世話や家事などを普通にする事はそんなにダメな事なのでしょうか?naoさん、おかよさんはもう実際に上のお子さんがいる状態で無事に出産されているので是非お聞きしたいのです。そして今思うことは「感染」はとても怖いと言う事です。いつ感染したか、何に感染したかは分からないことが多いのですね。自分だけでなく、多くの方が「感染」が原因で悲しいお産になってしまったことを知り驚きました。そして、naoさん、おかよさん、死産後の妊娠はとても不安も多かったと思いますが、「感染」に対して何か特別な事はされましたか?是非教えて下さい。またまた長々と書いてしまってすみませんでした。読んで下さって本当に感謝しています。


[レス] Re:おかよさん、みさまささんへ by おかよ 管理人 2004/09/21 00:40:04


みさまささん、こんばんは。私が娘を死産したのは1998年。その後、2000年3月 2001年11月 2003年11月と、それぞれ男の子を出産しています。私も今になって思うのは、死産した当時、総合病院に転院する前、産婦人科の開業医のもとに1ヶ月も入院していたのに、その間、ずっと出血も止まらなかったのに、なぜ感染を疑われなかったのか今でも残念で悔しい思いでいます。
もっと早くに適切な抗生物質を投与されていれば、破水は避けられたのではないだろうかと思ってしまうのです。。。。ただ、何かで読んだ記憶があるのです。今でこそ前期破水は細菌感染が主な原因であることがわかっていますが、ちょっと前までは原因不明とされることが多かったらしいのです。 
死産後、私は個人病院で出産する気には到底なれず、ずっと総合病院でお世話になっていました。娘のことがあるので検診の度に内診してもらってオリモノの状態を見てもらい、必要であれば座薬タイプの消毒もしてもらっていました。私は妊娠すると膣内の炎症反応数値がわりと高くなるタイプのようです。普段から常在菌というのはいますから、いたずらに怖がっていても、あまり精神的に良くないのですよね。でも、やはり私も娘の死産時「妊娠は病気じゃないから」「妊婦だからって甘えてはいけない」と、昼も夜も仕事をしていました。睡眠時間だって当然短いし、疲労だってたまります。今思えば馬鹿なことをしたと思いますが、若かった私たちは先行きが不安でどうしても経済的なことをなんとかしたくて無理を重ねていました。
上の子供がいての妊娠も、たしかに上の子のペースに合わせて体がシンドイ時もありますが、でも仕事と家事の両立よりも、精神的にはまだ楽だったかもしれません。長男は次男出産時もまだ母乳を欲しがっていましたし、本来なら妊娠すれば流産に繋がるから授乳はやめるように言われますが・・・大丈夫でした。うちも主人の仕事の関係上、育児に協力してもらうことは不可能に近く、今でも3人の息子の世話は私一人で全てこなしています。長男は現在4歳6ヶ月ですが、主人が一緒にお風呂に入ってくれたのは5回ほどしかありません。しかもそれも、遊ぶために入るのであって、洗髪、体を洗ってあげるのは私がしてあげて、その後主人がお風呂に入ってくる・・・という感じ。(苦笑)
死産後の妊娠は長男の時も、次男・三男の時も、やはり無事に産声を聞くまでは不安でした。そして産声を聞いても、なにか突然の病気や事故でまた子供を失ってしまうのではないかと、時々怖くて・・・・。

妊娠中、特に気をつけていたことはオリモノの状態に気をつけること。トイレの前後はできるだけシャワーを浴びて清潔にすること・・でした。そして疲れたな・・・と思ったら体を休めることです。そして産前2ヶ月産後3ヶ月は保育園に、上の子たちを預かってもらいました。^^ポリープは産後にできました。やっぱり出血で気づきました。取ってもらった時はやっぱり痛かったかな・・・・3個取れてビックリしました。。。


[レス] Re:おかよさん、みさまささんへ by みさまさ 2004/09/21 03:14:06


おかよさん、こんばんは。お返事ありがとうございます。当時の医師の対応、もし違っていたら結果も違っていたかもしれない・・・。私もその事を思います。だけど、結局医者だって分からない事が多い・・・それが出産なんですよね。
「妊娠は病気ではない。でもだからこそ、何か起こった時は怖い。これだ、と言う適切な療法が分からないから。」と何かの本で読んだことがあります。
妊娠中のこと、そして現在の子育てと、私が思うにおかよさんは私よりももっともっと過酷な状況で頑張られているのですね!ちなみに現在の私はぐうたらし過ぎでひどい有様です(--;)。ご主人の多忙さはご長男の入浴5回とのことで半端じゃない事が伺えます。どう考えても頑張らざるを得ない日々だと思いますが、どうか無理せず頑張ってください。
そして1人だけで子育てをしなければならない状況で、現在も子育てをこなされている事実は本当に励みになります。もちろん、今に至るまでどんなにか不安も尽きなかったでしょうが…。そして授乳しながらの妊娠のお話も私にとっては「ここにお手本あり!」なのです。
もともと私は長女の授乳は「自然卒乳」を考えていました。一般的に授乳中は妊娠しづらいと聞きますが、おかよさんもそうですが、そうではない方も多いですよね。娘が1歳半になった頃、2人目がそろそろ欲しいと思い始めたのですが、赤ちゃんが欲しいがために断乳をする気はありませんでした。それでもなかなか妊娠できない事実に少し揺れましたが・・・。結局1年間赤ちゃんは授かる事ができず、私の場合は多少は授乳の影響もあったのかもしれません。
ついに今回の念願の妊娠をした時には娘は2歳5ヶ月、良いきっかけになればと断乳というよりは「もうお姉ちゃんになるね。赤ちゃんにおっぱいをあげようね!」と卒乳の方向で話し合い、納得してくれたので、ほんの1日大泣きされ私も大泣きし(笑)大変でしたが、すぐに卒乳となりました。
おかよさんも母乳育児の所でお話されていますが、母乳をあげていることが直接流産の原因にはならないことが、近年分かったそうですね。ユネスコでは3歳までの授乳を奨励していますよね!私は卒乳がダメだったらこのまま授乳を続けても大丈夫かどうかとその当時いろいろ調べて、安心したものです。私が今後妊娠をして授乳中にまた次の子を妊娠した時、年齢的にも卒乳が難しそうであれば、授乳を継続したい気持ちでいます。ちなみに私もおかよさんと同じ「差し乳」だと思います。ただ心配なのは、今回母乳を止める薬を飲みましたので、次の妊娠時に最初は母乳が出づらいかもしれませんね。次の妊娠、とても楽しみにしています。きっと妊娠中も、出産時も、そして成長過程でさえも不安は尽きないと思います。感染に対しても今までよりはナーバスになってしまうかもしれません。だけど不安は最小限度で「きっと大丈夫!」と過ごす事が出来たら良いなと思っています。今回どんなに願っても望んでも頑張っても奇跡は起こってくれなかった・・・。だけど、きっと今度は奇跡は起こってくれる!そう思いたいです。
別窓 | 掲示板過去ログから | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

掲示板での出会い2 namiさん・みさまささん

はじめまして by nami 2004/09/17 22:11:55

ポコズママのBBSでお返事して下さってありがとうございます。お礼が言いたかったので、あちらではなく直接こちらにお邪魔させていただきました。同じ21週でのさよならだったのですね。私も女の子だったんです。上に二人娘がいて、第三子でした。6月2日、お空にいってしまいました。ここで拝見して週数だけでなく、色々おかよさんと重なるところが多いのに正直びっくりしました。
出血し、最初は自宅で安静。でも止まるどころかどんどん量が増えていき、安静入院に。羊水過少は結局前期破水で、出血が続いていたのでいつ破水したのかもわかない。おかよさんと年齢も同じなんですよ。
全部詳しく書き込みするのが今はまだまだつらくてできないんですけど、またここにお邪魔させて下さい。そして話せる時がきたら、聞いて下さいね。おかよさんが返事を下さったおかげでこうしてお話しすることができ、本当に感謝しています。ありがとうございました。



[レス] Re:はじめまして by おかよ 管理人 2004/09/18 09:51:03

namiさん、こんにちは。私もnamiさんの書き込み拝見して、今、どんなにお辛い気持ちを抱えていらっしゃるのだろうかと・・・思わず書き込みしてしまいました。
私も自分の体験を文章にするのは、最初はとても辛くてできませんでした。気持ちの整理をするために、ノートに当時の思いを綴ったりしましたが・・・とてもじゃないけどペンを持っても書き続けることはできませんでした。
以前、そのノートを読み返しましたが、当時の私の心は激しく揺れて半分気が狂いかけていたようでした。誰も・・・私の哀しみを真正面から受け止めてくれる人はいなかったのです。でもそれも当然かもしれません。
まわりの家族や友人・そして関係者はそんな私を心配するからこそ、どう接していいのかわからなかったのかもしれないのです。こうしてインターネット上で、出会い、お話しすることができて私のほうこそ感謝の気持ちでいっぱいです。同い年なんですね^^これからもたくさんお話したいです^^よろしくお願いします。



[レス] Re:はじめまして by みさまさ 2004/09/18 17:39:55

namiさん、はじめまして。6月2日に娘さんを亡くされたとのこと、私は6月3日でしたので、とても自分と重なりまして、書き込まさせていただきます。
私たちは本当に同じ時期にとても辛い経験をしたのですね。上にお二人お子さんがいらっしゃっての安静生活、とても大変だったと思います。そして、今現在、お子さん達の存在はとても心安らぐものだと思いますが、同時に亡くなった娘さんの事を考える時間がうまくとれず、育児に頑張らなければならない状態に疲れが出ていませんか?
namiさんは私よりも天使ママではない方たちと一緒にいなければならない時間が多いと思います。そんな中で無理されていないかと心配です。私も今はまだいっぱいいっぱいの自分です。namiさんに温かい良い言葉を・・・と思ってもうまく言葉が出てきません。一緒に頑張っていきましょうね!

別窓 | 掲示板過去ログから | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

掲示板での出会い1 みさまささん

はじめまして。 by みさまさ 2004/09/17 20:56:59

おかよさん、こんばんわ。こちらに初めてお邪魔しました。
私はもうすぐ3歳になる娘がいるのですが、2人目になる予定だった息子を今年の6月3日に19週で死産してしまいました。
私は妊娠当初からあったポリープを13週4日に除去したのですが、その後出血と高熱で容態が一気に悪くなり切迫流産で入院、いったんは回復して退院したのですが出血は止まらず、その後実家で安静生活を送っていたのに出血がみるみる多くなり再び今度は実家の近くの病院へ17週4日に入院、しかしその時は前回の比ではない大量出血が1日ごとにあり、血の固まりもどんどん出てきてしまい、最後は出血は水っぽいものとなり、子宮口も開き始めてしまいました。
私はその時は破水ではなく血清だったのですが、妊娠当初からあったポリープより出血が時々あったこともあり、感染を起し(ポリープ除去後はその目安になる炎症値が3,77でした。通常は0,30以下だそうです。)、お腹に圧がかかり血の塊ができ、その塊が出てくることによって出血がずっと続いていたようです。
どんなに安静にして24時間点滴を頑張っても、もう後半の入院時ではほとんど効果がない感じでした。息を殺して身動きしないでいてもお産の最後の時のようにぬるっと大きな血の塊が出てきた時には、もうダメかもしれない・・・と恐怖で眠れませんでした。
貧血の目安であるヘモグロビン値も通常の11以上のところが入院して1週間で4,6になり、そのことと、「破水か?」と疑われたあの水っぽい出血、子宮口が開き始めたのが確認された時、先生に「あぁ、きっと、これはこのまま流産になってしまうな。1人お子さんいるんだよね?今回は、残念だけど、また次に託したらどうですか?」と言われました。
呆然、そしてそれと同時に「あぁはやり・・・」でもその時は「ギリギリまで頑張ります。」と涙声で伝えました。そして車椅子で病室に戻った時、大声で泣くことを止めれませんでした。当初2歳7ヶ月だった長女、私は今回の妊娠がわかるまで授乳をしていたし、半日だって離れたことのない甘えん坊の娘が、突然の入院で私と離れ離れになり、ずっと頑張ってくれていました。ママに会えない生活はどんなに心細く悲しかった事でしょう。
そしていったんはママが戻ってきたのに再びのお別れです。
今度は毎日病院へ来れたけど、ものすごく我慢してくれていたと思います。私自身、娘を抱いてあげる事も面倒を見てあげることも出来ない日々はとても辛かったです。だけどお腹の子も大切な大切な私の子供です。授乳していたからとは言え1年かかってようやく授かった命。決して手離したくなかったです。
だけど、いろいろ考えて・・・もし今決断をする事によって私の体が1日も早く回復してもう1度この子を妊娠する事ができるならば・・・、今度は安心していられる母体になってまた産んであげる事ができるならば・・・、と夫とも話し合い、決断しました。
お産はまるで息子が私を守ってくれたかのように点滴を解除して陣痛促進剤を入れるとすぐに陣痛が始まり1時間半~2時間で息子は生まれました。当日の朝、重度の貧血だと言われているのが嘘のように力が湧いてきたことを覚えています。とてもとても綺麗な男の子でした。身長22cm、体重240g。思っていたより指先や顔立ちまで完全体でとても驚きました。でもそれと同時にやはりまだまだこれから・・・どちら似であると言う顔立ちやいろいろな器官はこれからだ、と感じました。とてもとても神聖な気がしました。
そしてこの子は神様の元へ帰るんだ・・・そして、きっとまた私たちのところへ帰ってきてくれる!と。お産はとてもスムーズだったのですが、出血は多量と記されています。ヘモグロビン値は3,5になり、輸血する事になりました。私は最初輸血を躊躇しましたが、「また赤ちゃんに戻ってきて欲しいんでしょ?このまま1ヶ月も入院してるつもり!?」との温かい看護婦さんの言葉により即決しました。とにかく「1日も早く体を戻して、1日も早く赤ちゃんに戻ってきてもらうんだ!」とひたすら体の回復に努めてきました。そして、体はみるみる元気になり生理も32日目に再開。だけど体が元気になり自宅に戻ってきてゆっくり考える時間ができると、「もっともっと、ぎりぎりまで頑張っていたら、奇跡は起こっていたかもしれないのに・・・!もしポリープを取らなかったら事態は急変しなかったのでは?」などいろいろ考えてしまい、近所へ出るのも辛くて、娘には申し訳なかったけど、しばらくは家にこもっていました。
でも3ヶ月が過ぎ、もともと毎日公園へ行っていた私たちです。近所の公園へ行くのは「公園へ行く事で体が無理をして疲労が溜まっていったから今回の事になってしまったのかもしれない・・・」など思ってしまい辛いことでしたが、息子がお腹にいて娘を遊ばせとても幸せだったのもその公園です。最近ついにその公園へ行く事ができました。娘も大喜びでしたが、私もとても嬉しかったです。ここ数日は公園へ行ったり近所を自転車で走ったり・・・。そんなふうに過ごせるようになってきました。息子を失った事はとても悲しい。だけど、今私が元気で娘の面倒を見れるのは息子のおかげ。娘がはしゃぎ、夫と一緒にいる時間はとても幸せです。そして、1日も早く息子が戻ってきてくれるように願っている日々です。
おかよさんの体験談は自分と重なる事が多く、涙が止まりませんでした。そして私がそうなりたいと望んでいる6年後の姿はおかよさんの姿なんです。子育て(しかも男の子が3人!)はまだまだ本当に大変だと思いますが、こんな素敵なHPを作ってくださって本当に感謝しています。是非、これからも宜しくお願いします。こんなにも長々と書いてしまってすみませんでした。


[レス] Re:はじめまして。 by おかよ 管理人 2004/09/18 09:40:00

みさまささん、はじめまして。とてもとても悲しい体験を、ここでお話いただいてありがとうございます。
私がこのHPを立ち上げて2ヶ月が過ぎました。こうして天使ママさんたちと出会い交流できることが心より嬉しく、またその反面悲しくもあります。毎日、誰かが悲しいお産を迎えているのかもしれない・・・
そのママさんは・・・今、どんなに泣いていらっしゃるのだろうと思うと、当時の私の経験がフラッシュバックしてきます。

亡くしてしまった、護ってあげられなかった赤ちゃんのことは忘れたくない。そして忘れてほしくない。でも何時までも泣いていたら・・・悲しんでいたらダメなのか?だけど辛くてたまらない。毎日、今までも変わらない生活に戻りつつあるけれど・・・でもふと思う。ここにあの子がいてくれたら・・・・と。

私が娘を死産後6年が経過しても、あの人生がそっくり変わってしまうほどの人工死産体験は鮮明に思い出し、今でも涙が溢れます。時間はゆっくり流れていき、哀しみを優しさに変えてくれるけれど・・・でもどこかであの時こうしていれば・・・という自責の念から解放されることはないのかもしれません。しかしそれをタブーとせず、思い出し、悲しむという辛い作業を続けて、徐々に私たちは哀しみを癒していくのでしょうね・・これから季節もよくなり、お散歩や公園遊びが気持ちいいですよね。
娘さんと素敵な秋をお過ごしくださいね。小さいながらに頑張ってくれたその思いやりに・・・本当に心を打たれます。そして時々、辛くなったら・・・いつだってここに遊びに来て下さい。


[レス] Re:はじめまして。 by みさまさ 2004/09/18 17:15:08

おかよさん、早速の温かいお返事ありがとうございます。昨夜は自分の体験談を書き綴る事に大変なパワーを要しましたが、聞いていただけて嬉しかったです。
さて、今日はここ連日公園へ行ったり、天使ママではないお友達と日々で結構無理していたのかもしれません。精神的にも肉体的にもすっかり疲れが出てしまって、家にこもってゆっくりしたかったのですが、洗濯洗剤が切れていて(*_*)、外へ出ざるを得ませんでした。
結局近所のお姉ちゃん達にも会い、家の前で少し遊び、今ようやく家に入れた所です。カーテンを引き、クーラーを入れて窓を締め切る事で少しほっとしています。外は涼しい風・・・最近は窓を開けて生活する事も多くなりましたが、やっぱり・・・嫌ですね。
自宅に戻った当初は完全に窓を締め切って、外の声も自分達の声も聞こえるのが嫌でした。せっかく涼しくなってきたけど・・・また辛くなったら締め切っちゃうと思います。公園遊びも友達と会うのも、ずっと続くときつくなりますね。やっぱり無理しちゃうからでしょうね。天使ママ同士だと心安らぎますが、現実はそうでないことのほうが多いですものね。時々頑張ってまた休んで・・・そんな感じで行こうと思っています。またいろんなことをお話させてください。それではまた(^^)。


[レス] Re:はじめまして。 by おかよ 管理人 2004/09/18 22:46:47

みさまささん、こんばんは^^娘さんがいてくれることで外との世界から、完全に逃げるわけにもいかないし、それはそれできっと引きこもりを避けるためにもいいのでしょうが・・・でも、時々、自分が悲鳴を上げてしまいそうになるのですよね。
また以前と変わらない毎日に戻っただけだと、いくら自分自身に言い聞かせてみたところで本心は全然納得できない・・・。深くて大きな哀しみを抱いているのですよね。表面上は、「何も変わらない日常」ですが、でも私たちは知っています。もう、以前の私には戻れないことを。それほど失ったものは大きいのだと・・・・。
みさまささん、きっとみさまささんなら、大丈夫かも知れないけれど・・・でもあえて言わせてくださいね。泣きたい時、泣かないと・・・悲しみは癒え難いものだと思います。だけど悲しみを癒すことは息子さんを忘れることではありません。。。まだ幼い娘さんに、余計な心配をかけたくはないですよね。。。だったら娘さんには隠れて、こっそり息子さんを想う時間を毎日の中で意識的に作られたらいかがでしょうか。
わざわざそんな時間作らなくても、ずっと心の中で息子さんのことを想っていらっしゃるのでしょうが。。。でもどこかでそんな自分を「こんなんじゃダメだ。立ち直らなきゃ。」と、思ってしまうものですよね。だから意識して毎日の中で息子さんをきちんと想う時間を作るのはいかがでしょうか。怒りや悔しさなど、時にはネガティブな感情に支配されてしまっても、それはそれでいいんだと受け止めて・・・少しずつ少しずつ自分自身を楽にしてください。は~。。。なんか偉そうなこと言ってますね、私。でも、悲しんでいいんだと自分を許してあげてほしいから・・・。また色々、こちらこそお話したいです。

別窓 | 掲示板過去ログから | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

流産・死産体験談

++まみさん 妊娠10週  稽留流産++

半年前の1月に初めての子を稽留流産で亡くしました。妊娠が判明してから、わずか5週間ほどの命でした。子供が欲しくてたまらなくて、妊娠がわかったときは夫婦二人で涙ぐむほど喜びました。
そんな中、検診で赤ちゃんが育っていないと言われました。なにがなんだか訳がわからず、ただただ先生の言葉にうなずくだけで精一杯でした。仕事中の夫に電話をかけ泣き崩れました。取り乱して泣く私を心配して手術当日には付き添ってくれました。でも、手術台で待ってる間も本当はなにかの間違いなんじゃないか・・・本当は生きてるのではないかと祈っていました。寂しくて悲しくてこのまま死んでしまいたいとさえ思いました。あれから半年が経ちますが、まだ悲しみは突然襲ってきて・・・・ひとり枕を濡らすこともあります。まだ怖くて次の赤ちゃんを考えられないでいます。

(メールにて2004/7/23にいただきました。)




++こころさん 妊娠18週++

私には、3人の子供がいます。今年5月に4人目の子供を18週でお空に還しました。今までの3回の妊娠は、多少お腹が張ったりということはあったのですが、比較的順調で満点妊婦だったと思います。ちょっと体重が増えすぎたこともあったけど3人とも安産でした。
そして4回目の妊娠。正直戸惑って素直に喜ぶことが出来ませんでした。やっと産む決心がついたのはそれから2ヶ月ほどしてからでした。妊娠5ヶ月になって検診に行った時に、先生に「ん?予定日がずれてる。」と言われて注意深くエコーを見つめる顔が・・・一瞬時間が止まったように思い出されます。
赤ちゃんはお腹の中で死んでいました。でも「死んでいる」という表現をしないので、なかなか理解できませんでした。「どーいうことですか?」と何度も尋ねましした。もう安定期に入ったのだと安心していた矢先のことです。家に帰ってからも上の子たちに悟られてはいけないと普段どおりに家事をこなし笑っていました。
夜に主人が帰宅してから声を殺し胸を借りて泣きました。子供たちにも話そうかどうしようか悩みながら、やはり話せないまま出産になりました。これほど苦しく悲しい出産は初めてでした。お見舞いに来た子供たちは、みんな泣きじゃくり家族みんなで泣きました。
あれから2ヶ月。表面上は今までと変わらない落ち着いた日々を取り戻しています。でも私もおかよさんがそうだったように、赤ちゃんを連想させる全てのものに傷つき泣いています。子供たちが心配するので隠れて泣いていますが感受性の強い長女は気付いているようです。このままではいけないと思いつつ・・・悲しみはまだ癒されていません。

(メールにて2004/7/24にいただきました)




++としさん 妊娠15週++

15週で子宮内感染が原因で死産しました。 このサイトを訪れたときに自分の経験と重なっているようで涙が止まりません でした。  

私は7週に入ってすぐに黄疸を伴うほど妊娠悪阻が悪化し、即入院になりました。水もうけつけないほどでどんどん痩せていき、ついには鎖骨下に中心静脈栄 養のカテーテルが挿入されて高カロリー輸液療法が開始されました。 身体は非常にだるく、吐くものは無くとも一日何回も吐き、ほんとうに苦しくて まるで出口の無いトンネルをさまよっているような日々が続きましたが、「つわりは子供が元気な証拠なんだ」と信じ、また自分にそう言い聞かせてきました。  
しかし、11週に出血し、トイレのみの安静になり内服が開始されました。そして、1週間後、多量の出血で絶対安静になり、子宮収縮剤の大量投与でつわりのうえにさらに激しい嘔気嘔吐と動悸がおそってきました。そしてその2日後、 39.0℃の発熱がみられ、抗生物質の点滴が開始されました。  
腹痛、腹満が持続し、抗生物質を投与し、その内容を変更してもに37.5℃ からは解熱しない発熱状態が継続しました。そして、13週目にまた出血。今度は膿がまじった赤茶色から赤色にかけての出血が継続し、尿管をいれてのさらなる絶対安静になりました。
また39.0℃の高熱がみられ、さらにひどくなる膿 混じりの出血の増加。腹痛、嘔吐、動悸、貧血、倦怠感の増強・・・しかし内診時に超音波にうつるわが子の元気な姿と医師の「赤ちゃんは元気です。」の言葉 を支えにどんなに苦しくとも頑張ろうと心に決め歯をくいしばって耐えました。  
1ヶ月は重症妊娠悪阻と戦い、一ヶ月は子宮内感染の切迫流産と戦いましたが 、再度39.5℃発熱し、なかなか38.0℃をきらずに2日が経過し、抗生物質の変更で37.0℃台に熱はさがりましたが、CRPが16.0になっており 、このまま妊娠を継続するのは私の命の危険があるために医師より堕胎を迫られました。
ずっと苦しくて、悲しくて、今までこの子のために頑張ってきたのに・ ・・なぜ・・・まだ・・・このうえにおなかの中で元気な子を自ら諦めることを 決断することまでもしいられるのであろうか・・・。  家族は泣きながら医師の指示に従うようにと私にすすめましたが私は、決断することができず・・・泣いて泣いて3日すごしました。そして医師は決心できず 苦しむ私に、「内診してみようね・・・」と内診することをすすめました。そして内診台にあがるといつもはモニターで元気に動いているあの子は静かで、亡くなっていました。
医師は静かに「ママがよく頑張って、苦しんでいるから赤ちゃんが結論をだしてくれたね・・・。」と言いました。
翌日に膣剤を使用して堕胎予定でしたが夜中に陣痛が始まり、14センチ50グ ラムと小さめの男の子を死産しました。感染で胎盤がボロボロになり、胎盤を出すのがものすごい痛みでしたが、痛みを感じることが生きて生まれてこられなかったわが子に申し訳なく・・・涙が止まりませんでした。 本当にまだまだ苦しくて悲しくて・・死産後に体調も悪く心身ともに苦しいです。

(2005/09/21に、メールでいただきました。)

別窓 | 流産・死産体験談 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 出生前診断の告知のあり方と自己決定の支援について考える【泣いて笑ってBlog】 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。