出生前診断の告知のあり方と自己決定の支援について考える【泣いて笑ってBlog】

メインサイト http://www15.ocn.ne.jp/~nikomama/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

長崎新聞にてご紹介いただきました

先日、6月15日に取材していただき、21日(木)に、長崎新聞社生活文化部 小出久記者が書いてくださった記事が掲載されました。

20070621-nagasaki-newspaper.jpg


上の記事の写真はクリックしていただくと大きくなります。
ネット上では名前・住所・写真に加工処理させていただきました。


小出さんは取材当日、道に迷われたり、雨の中を携帯電話を忘れたといって取りに戻られたり、なんだか緊張もほぐされました。(笑)
私の話に耳を傾けられ、ノートにメモを取られる姿を拝見し、記者のお仕事も大変だなぁと・・・感じました。
確か私の小学校6年生頃の夢は【雑誌記者】だったんですよね。雑誌と新聞は違いますが、なんだか感慨深かったです。

さて、その記事ですが、想像以上に大きく取り上げてくださっていて、驚きと同時に、ただただ感激しました。「ここに載るのが女優ばりのいい女だったらもっとよかったのに~!」と、困った苦情を聞かされた小出さん、申し訳ありませんでした。

同日、KTNテレビ長崎 夕方4時~ 【できたてGopan】でも特集が放送され、とにかくこの日はなんとなく落ち着かない日でした。
なので、わざと予定を沢山いれ、スケジュールいっぱいの1日を過ごしました。

小出さん ありがとうございました。
この掲載記事を読んで連絡くださった方もいらっしゃいます。
長崎県内に流産死産人工死産・新生児死などで赤ちゃんを亡くされたママたちが、ともに想いを共有し、支えあえる場所が提供できればいいなと考えています。

(KTNでの特集については、また別にUPします。)

◆新聞やテレビをご覧になり、ここへ御訪問くださった皆様
 ありがとうございます。
 何かありましたら、いつでもご連絡ください。





スポンサーサイト
別窓 | 各メディアでの紹介 | コメント:6 | トラックバック:0
∧top | under∨

中日新聞にて紹介されました。

2007年6月19日 中日新聞朝刊 生活面にて
【ともに生きる たとえ産声をあげなくとも】を紹介していただきました。ありがとうございます。

同様の経験をなさった方々
医療関係者の皆様に
ぜひ1度、手に取っていただけるようにと願っています。

 news-chunichi20070619.jpg


別窓 | 各メディアでの紹介 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

宮崎在住の執筆者が紹介されました。

流産・死産経験者で作るポコズママの会blogでは既に紹介されていますが、6月10日、宮崎日日新聞にて書籍【ともに生きる たとえ産声をあげなくとも】の紹介記事が掲載されました。

執筆者の一人であるこの方は、現在は宮崎在住ですが、赤ちゃんとお別れなさった当時は関東にお住まいでした。
現在、宮崎で【宮崎天使ママの会】の発起人の一人として活動を続けていらっしゃいます。


>>>【宮崎天使ママの会】のホームページは こちら


miyazaki-newspaper.gif


別窓 | 各メディアでの紹介 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 出生前診断の告知のあり方と自己決定の支援について考える【泣いて笑ってBlog】 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。