出生前診断の告知のあり方と自己決定の支援について考える【泣いて笑ってBlog】

メインサイト http://www15.ocn.ne.jp/~nikomama/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

更新できないまま2ヶ月・・・

気がつけば・・・
もう2ヶ月ほど、更新ができないままでした。

ほとばしる想い
溢れ出す想いは

いつでも「きっかけ」があれば・・・。


でも、今は
寄せられる多くのメールやメッセージ
そのお返事を書くことで、ほとんどの時間を費やしています。

私自身の想いは
そうすることで、癒され、昇華していくように思います。




今日、4月21日は母の誕生日。
9年前、切迫流産で入院していた病室でケーキを食べ、ささやかなお祝いをしたんだっけ。
時々張るおなか。。。今でも、あの日のことがよみがえる。

メインサイトにて綴っている記録
羊水過少?前期破水?
21週で人工死産(人工流産)となるまで
~私の場合~
入院中、手帳に残した記録から


を読み返さないまでも、思い出すあの日のこと。


ケーキを食べ帰っていく母や妹の後ろ姿を見送り
そして・・・夜中の2時半に大量の出血を感じたのでした。


あれが・・・破水だったなんて。


もうすぐ・・・あれから9年です。



スポンサーサイト

別窓 | その他 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<Blog Top 画像を変更しました | 出生前診断の告知のあり方と自己決定の支援について考える【泣いて笑ってBlog】 | 人工死産体験談<ケース18>>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 出生前診断の告知のあり方と自己決定の支援について考える【泣いて笑ってBlog】 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。