出生前診断の告知のあり方と自己決定の支援について考える【泣いて笑ってBlog】

メインサイト http://www15.ocn.ne.jp/~nikomama/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

妊娠継続するか、しないか。

死産とは
妊娠12週以降、おなかの中で赤ちゃんが亡くなり(子宮内胎児死亡)、自然に陣痛が起きて出てきてしまったり、あるいはそのまま長く子宮に入れておくと母体に良くないので、子宮口を開き陣痛促進剤を使用して出産することです。
ただし妊娠22週未満では流産と定義されています。ですが妊娠12週を過ぎると【出産】という形を取らなければなりません。そのため【死産】は妊娠12週以降の子宮内胎児死亡→出産のことをさす場合もあります。

人工死産とは
妊娠12週以降、おなかの中の赤ちゃんはまだ生きていますが、子宮口を開き陣痛促進剤を使用して出産することです。
ですから、【中期中絶】とも言います。しかし、この【中期中絶】には、「お金がない」「彼や夫に産むことを反対された」「もう子どもは要らない」「まだ若いから」などの理由で人工妊娠中絶することも含まれています。
その全てをひっくるめて【中期中絶】と言われるのですが、それが耐え難いがために、泣いて笑ってのメインサイトや、当ブログでは【人工死産】という表現を使っています。

なぜ耐え難いのか?

それはこの妊娠を喜び、赤ちゃんとの未来を思い描いていたにもかかわらず、いつもの妊婦検診で突然の宣告(赤ちゃんの重篤な病気や障害)を受け、限られた時間の中で決断を迫られたり
まだ週数が早すぎるのに突然破水して(前期破水)、それが赤ちゃんの成長にも母体にも深刻なダメージであり、妊娠継続はかなり厳しいことを聞かされ決断を迫られたり
・・・などど言った、医学的な理由により私たちは我が子を諦めるという決断をしているからです。

胎児の染色体異常や形態異常により決断に至った方は、人工妊娠中絶という事実に嫌でも向き合うことになります。それぞれその症状には個人差がありますので一概に助かる・助からないということは言えません。
人工死産を決断した場合、予後は不良といわれる病気や疾患などからの決断であっても、赤ちゃんの生を全うしてあげられなかったことの自責の念はどうしても拭い去ることはできません。

また前期破水などにより決断に至った方は、もしかしたら週数が早いために赤ちゃんが生まれてきても助からないという理由で、薬も入院も無しで「そのまま様子を見て」と家に帰される場合もあります。
普通は破水すれば、その後、陣痛がついてきて赤ちゃんは産まれきてしまいます。それが【流産】や【死産】となります。

ですが、なかなか陣痛がついてこない場合もあります。
また破水したのが、22週直前の場合は決断まで時間がほとんど与えられないこともあります。
それは22週以降に生まれてきた場合、これを早産といいますが、赤ちゃんをそのまま放っておくことはできないからです。まだ肺の形成も未熟なためたとえ人工呼吸器につないでも、そのほかの様々な医療を施してもその予後は大変厳しく、助かるか助からないかは神のみが知るのかもしれません。
そのような赤ちゃんを助かるかどうかもわからないのに22週を過ぎて生まれてくれば、とにかく助けなければいけません。その処置をさせていいのかどうか、やはり医師たちの判断は分かれるところで、つまりまだ22週未満ならばこの妊娠を終結させることが可能なのですから、その選択肢があることを伝えられるわけです。

限られた時間の中で、どれほどのご夫婦が・・・ご両親が、納得のいく答えを出せるでしょうか。確かに、悩んで悩んで答えを出しはしますが、その決断を導くまでの材料(情報)は、もしかすると偏ったものであるのではないでしょうか。
妊娠継続をするか しないか。
その二つの選択肢を与えられておきながら、実は「選択の余地はない」と無意識のうちに情報を操作されているのかもしれません。

医学的知識もない一般のご夫婦にとって、混乱の中での決断を迫ることはは、あまりにも残酷です。
また医療関係者であるご夫婦の場合、医学的知識があるからこそ医療の限界を知っていて、諦めるという場合もあったりします。

このような場合、あくまでも中立の立場で、情報を伝えその決定を支えるカウンセラーのような存在が必要だと思います。
スポンサーサイト

別窓 | 人工死産に関するあれこれ | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<第11回胎児遺伝子診断研究会の討論会に参加して | 出生前診断の告知のあり方と自己決定の支援について考える【泣いて笑ってBlog】 | 西日本新聞で紹介していただきました>>

この記事のコメント

カウンセラー、必要だと思います。

私は選択の余地はなかった方です。

どうしますか?という言葉はありませんでした。

医学では脳はつくることができない。

もう、どうしようもできず、セカンドオピニオンで、もう一度、現実を自分の目で、耳で確かめたうえで、病院へ行きました。

どうしようもできなかったとはいえ、もっと考えたかった。
今思えばですけど…

もしカウンセリングできたら、結果はどうあれ、気持ちも違うと思います。
2008-01-21 Mon 23:11 | URL | 福山あいこ #-[ 内容変更] | top↑
ハイリスク合併妊娠のため、19週で人工死産しました。

本当に限られ時間しかなく、妊娠継続の可否を問われ継続を希望いたしましたが、カンファレンスの際、すでに病院の方では不可の結論がでていました。

セカンドオピニオンを受ければ、継続できるのではと思いましたが、いざ自分の身にこのような事が起るまで、セカンドオピニオンがどういうものかを解っていなかったです。

新たな治療をするのではなく、今の主治医の治療方針を別の専門家の意見として聞くだけであり、その内容は主治医宛に報告書として届く事を知りました。
突然の事で、何をどうしたらいいのか?
でも、時間は刻々と過ぎて行く中で、やはりカウンセラーは必要です。
苦渋の決断を迫られた夫婦の心に、そっと寄り添ってくれるような、医学的意見ではない、心のサポートが必要です。
2010-06-14 Mon 23:35 | URL | gy #-[ 内容変更] | top↑
このコメントは管理者の承認待ちです
2010-09-02 Thu 02:30 | | #[ 内容変更] | top↑
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-09-05 Sun 21:30 | | #[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 出生前診断の告知のあり方と自己決定の支援について考える【泣いて笑ってBlog】 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。