出生前診断の告知のあり方と自己決定の支援について考える【泣いて笑ってBlog】

メインサイト http://www15.ocn.ne.jp/~nikomama/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

人工死産体験談<ケース2>

空2


【ケース2】 2005年7月16日   

2004年4月、独身であった私の身に起きたアクシデント『妊娠』。私の場合、残念 な がら『妊娠』を報告した時、パートナーに喜ばれなかったんです。どんなに 思い 返しても『結婚しよう』を言ってもらった記憶がないです。結果的に結婚しまし た し、現在も旦那として一緒に生活をしていますが。。。旦那の親に結婚を反対さ れ、 結婚に至るまでには散々な思いをしました。だけど、母は強し!っていうんでしょ うか ?私はお腹の子を守るために、ずいぶんと我慢しましたし、頑張りました。
4月から6月は私の仕事が一番忙しい時期で、また、交代要員の居ない仕事ですので、妊娠発覚後も昼夜を問わず仕事をしながら、結婚式の準備やら何やらも完璧 にこなしました。やっとの思いで漕ぎ付けた結婚式、沢山の人に祝っていただき幸せな時間を過ごさせていただきましたが・・・その翌週に破水してしまいました。

妊娠22 週 と3日。  
その日、早朝から少し腹痛があったのですが、横になると治まる程度でした。 しか し、朝8時頃から激痛へと変化し、出血を伴いました。妊婦健診に通っていた産婦 人 科に電話をし、父の運転する車で病院へ急行!の途中で破水をしました。病院へ 到着 した時には既に羊水はほとんど残っておらず、妊娠の継続は不可能な状態でした 。  
産婦人科の先生は、「NICUのある病院を探して、搬送します。」と言い、沢山 の病 院に電話をかけて探してくれました。
あいにく、近くの病院には空きがないとの こと で、救急車で1時間30分かかる場所への搬送となると言われました。そして、「赤 ちゃんが小さすぎるので、帝王切開して出してNICUに入れるけど、無事に育つ確 率は 低く、障害の残る確率は100%です。」との搬送先の小児科医の見解を伝えてくれ ま した。

赤ちゃんの呼吸器が出来ていないというのは十分に理解できましたし、障害の 残る 確率についても当然の事という納得が出来ました。中絶死産については私のほう から 先生に提案をしましたが、先生は複雑な表情をしながらも私の提案について賛成 して くれました。
折角探してくれたのに申し訳なかったのですが・・・搬送をお断り しま した。
その翌日、中絶(人工死産)をいたしました。後に誰かに軽いお産のようなも のだ と言われたことがありますが、私にとってはとても痛く、死にたいくらいに悲し い処 置でした。全く泣かない苦しそうな顔の女の子を見せられましたが、目の前はかすんでよく見えませんでした。
抱く事も出来ず、ただ呆然としていたと思います。  

私は医療従事者です。
赤ちゃんが生きられない状態であったことを充分に理解 した つもりです。
苦しい状態で短い一生を終えるよりも、最初からその苦しみを与え ない 事を最善の方法と思い、そのようにしました。しかし、体の回復と共にあれこれ 情報 を仕入れだし、500gに満たない赤ちゃんの出生記録などを見つけては、自分が諦 め てしまったことに後悔したりもしました。
結果的には心には大きな闇が出来てし まい ました。今も度々、深い闇に覆われる日があります。闇の中では、やはり死にた くな ります。今、死ぬ訳にはいきませんが、一人で寂しく旅立ってしまったあの子を 思う度、少しでも早く、同じ場所に行って今度はしっかりと見つめて抱きしめてあげ たい と・・思います。  
先月、実妹が3200gの元気な男の子を出産し、両親は大喜びです。私もとても 嬉し く思っております。実家の雰囲気は赤ちゃん一色で、とても明るく幸せいっぱい の家 庭が戻り、赤ちゃんパワーに感謝しています。しかし、妊娠や出産の話の内容に ついて、皆が私に気を使う雰囲気には、胃がきりきりと痛みます。また、私は赤ちゃ んを どう扱ってよいのかわからないし、赤ちゃんの鳴き声なんかは悪夢に出てくるく らい ですから・・・正直、家族と一緒に居る時間がキツイのが現状です。  
赤ちゃんを作る事を諦めた訳ではないのですが、なかなか出来ません。夫婦の 時間をもっと大事にしなければ出来ないと解ってはいるのですが、夫婦で過ごす時間 は 『なんとなく』過ぎていきます。私の家も旦那の実家も、なかなか妊娠の報告が な いもので、私の体のせいで不妊状態になっていると思っているようですね。仕方が ない ですが、とても悔しいです。 延々と書き綴ってしまいましたが、焦らずに、ゆっくりと気持ちを整理していこ うと 思います。あの子が私のお腹の中で数ヶ月間生きていた事には、何か意味がある に違 いありません。これからの人生、それを模索しつつ、いつか、空の上であの子と 会え たとき、自信を持ってその答えを言えるようにしておこうかな。なんて思ってい ま す
スポンサーサイト

別窓 | お寄せいただいた人工死産体験談 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<人工死産体験談<ケース3> | 出生前診断の告知のあり方と自己決定の支援について考える【泣いて笑ってBlog】 | 人工死産体験談<ケース1>>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 出生前診断の告知のあり方と自己決定の支援について考える【泣いて笑ってBlog】 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。