出生前診断の告知のあり方と自己決定の支援について考える【泣いて笑ってBlog】

メインサイト http://www15.ocn.ne.jp/~nikomama/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

母乳っ子のウンチ

私がまだ長男を出産する前、ミルクで育っている友人の赤ちゃんのオムツを交換したことが何度かありました。その赤ちゃんのウンチは緑色で、黄色い粒々が全体に混ざっていました。初めて見る赤ちゃんのウンチ。私は赤ちゃんてこんなウンチするんだ~・・・と、感心していました。

そしていざ、長男が生まれおっぱいを飲ませウンチを見ると・・・全く違う色。硬さ。匂い。回数も離乳食が始まるまでは多いし。母乳とミルクでは・・・こんな違いがあるのかと本当に驚きました。
長男のウンチの色は黄色。下痢かと思うほどユルユルのウンチ。匂いもヨーグルトのような甘酸っぱい匂い。回数も1日2,3回。多い時は5回ぐらい出るときもありました。

実際に母乳で育ててるお母さんが「うちの子、下痢が止まらないんです。」と、心配して受診することもあるそうです。

今では「え?そんなお母さんいるの?」と笑ってしまいそうになりますが、初めての母乳育児は知らないことばかりですし教えてくれる人もまわりにいないと、心配のあまり受診するのも無理はないですよね。

でも、最近はミルクもかなり母乳に近づいてきたとかなんとか聞きますが、それに伴ってウンチも母乳っ子のものと、さほど変わらなくなってきてるのかもしれませんね。
自分でそれを確かめることも、たぶんできませんが。
今後もミルクを与える予定は・・・今のところ、ないので。

スポンサーサイト

別窓 | 私の母乳育児 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<母乳育児のデメリット | 出生前診断の告知のあり方と自己決定の支援について考える【泣いて笑ってBlog】 | 頻回授乳 差し乳と溜まり乳>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 出生前診断の告知のあり方と自己決定の支援について考える【泣いて笑ってBlog】 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。