出生前診断の告知のあり方と自己決定の支援について考える【泣いて笑ってBlog】

メインサイト http://www15.ocn.ne.jp/~nikomama/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

母乳育児は睡眠不足になりやすい?      

 
ミルクの赤ちゃんは、夜中まとめて眠ってくれる子が多いそうですね。
実際に、息子たちと同じ保育園に通っていたお友達も(月齢は5ヶ月)、夜7時から次の日の朝までぐっすりだったそうです。飲みっぷりも惚れ惚れするぐらい。ミルク200ccをあっという間に飲み干してゲフッとゲップ。面白いです。
私は母乳育児を貫いてきてますが、全てのお母さんが母乳で赤ちゃんを育てられるのかといえばそうではないですよね。その家庭での事情があり、母乳で育てたくてもどうしても無理なお母さんだっていると思います。
ただ残念なのは、本当は母乳で育てられるのに中途半端な知識のみで、その面倒さや不安に負けてミルクを足したりまたは切り替えたり・・・。
赤ちゃんが赤ちゃんでいられるのも生まれてから1歳ほどになるまでのほんの僅かな時間です。ですからできるだけ、母乳で育ててほしいなぁ・・・と私は思います。

母乳っ子は、夜中の授乳も昼間と同じ間隔で与えることが自然です。
息子たちは夜9時ごろから寝かしつけて、12~1時ごろにまた授乳。そして3~4時ごろまた授乳していました。6ヶ月以降になると、昼間に何か刺激があってそれで興奮したりして夢を見て起きる・・ということも時々あります。
私は長男を産んで以来、この6年ちょっとぐらい「ぐっすり眠る」・・・ということをしたことがありません。体がそれに慣れるまでは、本当に本当に辛かったけれど、今ではそれが当たり前になっています。
現在の私の睡眠リズムは
夜9時~ 子供たち3人を寝かしつけ
10時半~11時ごろ ハッと起きる。
~1,2時ごろまで起きてて、なにやらゴソゴソする。
2時ごろ 就寝
3~4時ごろ 授乳
5時半 起床 夫を送り出す。
                  

・・・という感じで、まさに細切れ睡眠。昼寝もほとんどしない。しても20~30分。
合計5時間寝てればいい方かもしれません。
それでもほとんど風邪はひかないし、肌も荒れない。

母乳育児中の母親って、ほんとタフにできてますよね。  

それに夜中は母乳を分泌させるホルモンが約1,5倍~になるそうで、赤ちゃんがその時間帯に美味しいおっぱいを欲しがるのは当然かもしれませんね。 

スポンサーサイト

別窓 | 私の母乳育児 | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<夜中の授乳は虫歯になる? | 出生前診断の告知のあり方と自己決定の支援について考える【泣いて笑ってBlog】 | 母乳育児のデメリット>>

この記事のコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-01-09 Wed 15:22 | | #[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 出生前診断の告知のあり方と自己決定の支援について考える【泣いて笑ってBlog】 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。