出生前診断の告知のあり方と自己決定の支援について考える【泣いて笑ってBlog】

メインサイト http://www15.ocn.ne.jp/~nikomama/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

掲示板での出会い9 はるさん

はじめまして by はる 2004/10/04 11:22:40


おかよさん、はじめまして。天使ちゃんのサイトを色々見ていたらこちらにたどり着きました。21週での赤ちゃんとのお別れ・・・私も同じです。2000年6月に初めての子を原因不明の子宮内胎児死亡で亡くしてから4年が経ちました。
この4年の間に二人の子を授かりましたが、「あの子が生きていれば三人兄弟だったのに」「あの子が生きれいれば4歳でわんぱくだっただろうな」いつもいつも「あの子が生きていたなら・・・」という思いが消えません。
今は二人の子供たちに振り回されつつも幸せな毎日ですがどうしても寂しいのです。4年の月日が流れ、あの子の事を人に話す事ができません。いつまで引きずってるの・もう子供二人いるんだからいいじゃないって言われてしまう・・・でも過ぎ去った事ではなく今もこれからも私の子供である事には変わりない、皆にもあの子を忘れて欲しくないと思ってしまいます。
自分だけ忘れないようにすればいいのに。
おかよさんのhp、共感できる所が多く思わずカキコしてしまいました。自分のことばかりでごめんなさい。21週といっても、小さいだけで普通の赤ちゃんと変わりないですよね。小さい手も、足も、ちゃんと爪がはえていて開く事が無かった目にはちゃんとまつげもあっておかよさんのあかちゃん可愛かったでしょうね。天国で幸せになっている事を祈る毎日です。


[レス] Re:はじめまして by おかよ 管理人 2004/10/04 23:43:00

はるさん、こんばんは。はじめまして^同じ週数だったのですね。男の子だったんですね?
私も「男の子3人?大変ね。」と、よく言われます。そして更に「今度は女の子、作りなさいよ。」と。その時、喉元まで出かかります。「娘はいます。天国に。」・・と。
亡くなってしまった子の代わりなんて・・・・いないのですから・・・淋しいのは当然なのですよね。どんなに切望しても、もう帰ってきてはくれない・・・のですよね。でも私たちは信じていますよね。いつかきっと、また会える日が来るって。
はるさんもご自身の気持ちに、ずっと蓋をされてきたんですね。
これから・・・もしよろしかったら、赤ちゃんのお話聞かせてください。辛くてもいい。泣いてもいいじゃないですか。
地上にいる子供たちと同じように、私たちはお空に帰ったあの子のことも、ずっとずっと愛してるんですよね。
私はここで天使ママたちに会えること、悲しい反面嬉しいです。ずっと胸にしまってきた想いが、溢れ出そうになった時はいつだってここでお話していってくださいね。お待ちしています。。。^^
スポンサーサイト

別窓 | 掲示板過去ログから | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<掲示板での出会い10 AIさん・みいさん | 出生前診断の告知のあり方と自己決定の支援について考える【泣いて笑ってBlog】 | 掲示板での出会い8 のんきちさん>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 出生前診断の告知のあり方と自己決定の支援について考える【泣いて笑ってBlog】 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。