出生前診断の告知のあり方と自己決定の支援について考える【泣いて笑ってBlog】

メインサイト http://www15.ocn.ne.jp/~nikomama/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

掲示板での出会い11 理子ママさん

untitled by 理子ママ 2004/10/08 10:58:44

おかよさんこんにちは。ポコズママさんのHPからきました。
私も自然が大好きなので、いつもお写真綺麗だなぁと思いながら拝見しています。
私は、8月に41週ではじめての娘を死産しました。ICSIでやっと授かった大切大切な宝物でした。陣痛がやっときた!と思いドキドキで産院に到着したのに、その時にはもう心音が確認されませんでした。
「いよいよだね、一緒に頑張ろうね。」ってお腹に手をあてたらグニって動いてお返事してくれたのに。まだそれから数時間しか経っていないのに。
いままでとても苦しかった。原因は常位胎盤早期剥離とありました。むくみがひどく産後一気に15キロも痩せてしまったけど「妊娠中毒症まではいっていない。」という診察にそれほど気にもしていませんでした。
NSTで赤ちゃんが元気だったので安心してしまったのかもしれません。でもまさかこんな事になってしまうとは・・・。
もっと早く切って取り出してもらえば良かったとどれだけ後悔した事でしょうか。大量の出血があったものの、3334グラムの娘は意外とすんなり出てきてくれました。ふっくらとしていてとても可愛い娘なんですよ。
ポコズママさんのサイトで書き込みをしたり、カウンセリングに通ったりしながら何とかここまできました。今ではTV見て笑ったり、バカな事話したりできる自分もいます。でもまだまだ涙は涸れないみたいです。
おかよさんってすごいですね。パワフルです。私もこれから3人子供産むぞぉ!理子が舞い戻ってくれるまで。(3人というのはさすがに無理ですが前向きに行こうという意味です)

それでは。長々と失礼しました。読んでくださってどうもありがとうございました。


[レス] Re:untitled by おかよ 管理人 2004/10/08 14:43:40

理子ママさん、こんにちは^^ご訪問ありがとうございます。自然が好きな方は大大歓迎です。写真好きな方も♪



理子ママさんのあまりにも無念なお産、どれほど悲しみも深いことでしょうか。読み進めながら、こんなことがあっていいのかと目を疑うほどでした。
41週まで・・・たったさっきまで、お腹の中で元気に動いてた赤ちゃんが・・・。なぜこんなにも悲しいことが起きてしまうのでしょうね。頭では理解しています。こういうこともあるのだと。だけど、心が認めようとしないのですよね。何故私たちがこんな目に遭うのでしょう。何がいけなかったのか?あの時まで戻して欲しい。そう願ってしまいます。
私は6年という歳月を経過してみて、それでも悲しみは消化しきれていません。だから写真を撮る時、娘を想います。素敵な風景を見ると胸がいっぱいになります。

悲しくて涙が流れる時も、バカ話でぎゃははは~と笑う時も気が向かれましたら、また遊びにおいでください。お茶は出せませんが、心はいつも・・・・。



[レス] Re:untitled by 理子ママ 2004/10/08 19:15:47

おかよさん、早速お返事ありがとうございます。
いまだに納得できないし、もっと小さな病院だったらあのむくみにビビッて帝王切開して早く取り出してもらえたかも知れない・・・などと考えて気が狂いそうになります。
でもそういう私こそ何より自然なお産がしたかったんですよね。
ICSIだったせいもあるかもしれません。NSTでもとても元気だったし、帝王切開で取り出さなければならないほどのむくみでもなかったんでしょう。産院の母親クラスでも「胎児からのサインでお産は始まるんですよ、不思議ですね。」と聞きました。
私は赤ちゃんを絶対信じようと思いました。信じて待っていました。予定日を過ぎても。まわりの心配もよそに・・・。
41週0日で陣痛がきたのも理子からの何かのサインですよね。今はわからないけれど、きっと何か意味あることだと思っています。そう思わないと正気ではいられません。「陣痛をおこして心臓止めちゃうなんてどうして?」って写真の理子に問いかけてもおだやかな顔で寝てるだけです。まだまだ涙はこぼれるけどほんとこれはどうしようもないですね・・・。またつらつらと書いてしまいました。

お返事どうもありがとうございました。また遊びにきますね♪
スポンサーサイト

別窓 | 掲示板過去ログから | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<人工死産体験談<ケース12> | 出生前診断の告知のあり方と自己決定の支援について考える【泣いて笑ってBlog】 | 掲示板での出会い10 AIさん・みいさん>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 出生前診断の告知のあり方と自己決定の支援について考える【泣いて笑ってBlog】 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。