出生前診断の告知のあり方と自己決定の支援について考える【泣いて笑ってBlog】

メインサイト http://www15.ocn.ne.jp/~nikomama/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

掲示板での出会い21 あっこさん

はじめまして☆  by あっこ 2004/10/23 00:07:42

おかよさんはじめまして☆私は19歳の短大生です。
先月9月8日に流産ではじめての赤ちゃんをお空へ還しました。。それからおかよさんのHP・ポコズママのHPに出会い、私も今回の出来事をカキコしようか迷っていましたが思い切って書き込みさせて頂きました。

今の彼氏は私が今までで一番最高の人で初めてこの人となら結婚したいと思った人でした。
その彼の赤ちゃんが出来たと知った時、嬉しい反面不安もあり正直複雑な気持ちでしたが彼と私は絶対産むと決めていました。
その時、赤ちゃんは5週に入ったばかりでした。けれどその時、エコーでは赤ちゃんは確認できず一週間後に来るように言われました。次の検診の時はエコーに写ってくれる事を祈る毎日でした。
妊娠が判ってからも私はバイトを休む事が出来ず出勤していました。私のバイト先は結構ハードだったので不安でした。電化製品のお店で重いものを持ったり走り回ったり。。。ずっと立ちっぱなしだったので赤ちゃんにもいつもごめんね。。頑張ってと心の中でいってました。。

彼のご両親に妊娠の報告をし、結婚の話も進みバイトも辞めようと決めた翌日の出来事でした。いつものように出勤し、ふとトイレに行くと出血が。。。動揺し、泣いてしまいました。すぐに早退し病院へ。。 
一番近くの産婦人科へ彼と駆け込みました。病院は私は初診だった為、受付の人に「受付時間も過ぎてますのでいつも行っている病院へ行ってください。」と笑いながら言われました。
それからその受付の人はめんどくさそうに院長に電話していました。あまりの対応の悪さにあきれながらすぐにその病院を出ました。そして行きつけの産婦人科へ電話し、「先生は帰ってしまいましたがすぐ来てください」と。
急いでその病院へ向かうと先生が来てくれていました。。診察がおわり先生から「今回は流産の可能性がありますので明日の朝また来てください」と。。けれど私は家に帰るのが怖くて病院に泊まることにしました。ずっとずっと泣きじゃくる私に彼は「大丈夫。大丈夫」と優しくなだめてくれずっと傍にいてくれました。夜も眠れず出血は止まりませんでした。
「お願い。。頑張って」とお腹をさすりながら赤ちゃんに言っていました。夜中、トイレへ行くと塊が。。その瞬間、お腹の中にはもういない感じがしていました。けれど信じたくない、自分の思い違いだと思いたかった。。朝、看護婦さんが軽く、「もう流産してるから九時に手術するから」と。それまで何の説明も話も聞かされていない私と彼は現実に起きていることが把握できませんでした。
その後先生が来ました。私は頭が真っ白のまま手術台へ。。あまりの怖さに体が震えました。看護婦さん二人もいたのですがとても冷たい態度で怖さに我慢できず、「彼も中に入る事はできませんか?」と尋ねるとあっさり「無理に決まってるでしょ」と。。
それから全身麻酔が打たれ「痛い・・怖い」と思っている内に意識が飛びました。。

目が覚めたときにはもうお昼で時計を見てあれから三時間も経っている事に気づきおどろきました。それから吐き気との戦いでした。。その間、看護婦さんは一度も来ませんでした。
若い私たちを軽蔑というかバカにしたような態度でした。
しばらくしてやっと看護婦さんが来て、まだ完全に麻酔から覚めない私に「歩いてみて。検診しないと帰れないわよ!」と。。
その時の私はとても歩ける状態ではなかったのに。。。ふらふらしながら検診室へ。それなのに点滴をもってスタスタと歩く看護婦さん。
針が抜けそうで怖くて私は「点滴、自分で持ちます」と言ったくらいでした。病院の対応の悪さに本当に悲しくなりました。。。
退院してからの私は毎日毎日泣いてばかりでした。なんで守ってあげられなかったんだろう。。とか病院を変えてれば。。とか毎日、亡くなった赤ちゃんの事を考え自分を責めていました。
退院して一週間でバイト復帰したのですが、バイト中も苦しくて悲しくてトイレで声を殺して泣いた時もありました。。正直、バイト先にいるのが嫌だった。。苦しかった。。バイト先にいるとあの時の事ばかり思い出してしまいバイトに行くのが嫌になりました。。
体力も落ち、精神的にもきつくて自分の体の状態を知り、そしてまたショックを受け。。本当に辛くて、バイト先に嘘をついてずる休みをしてしまいました。
流産の事は店長には話していましたがズル休みした日、店長から今回の事をいろいろと言われ限界に達し、辞めようと思いその事を伝えると態度がガラリと変わり残ってもらいたいと説得されました。
今、二週間程お休みを頂いていますが私なりにいろいろ考え彼とも相談しやっぱり今のバイト先は辞めようと思っています。
今月の十五日にお寺で亡くなった赤ちゃんの供養に行ってきました。私と彼は不思議な体験を何度か経験しました。亡くなった赤ちゃんはいつでも私達の傍で見守ってくれているんだな☆って感じました。名前も決めていたので供養の時によだれかけに名前を書いてあげました☆
今も情緒不安定でしょっちゅう泣き出したり意味もなくイライラしてしまいます。でも亡くなった赤ちゃんから沢山の事、学びました。赤ちゃんの為にも前を向いてしっかり生きていこうと思っています。長くなりごめんなさい。。そしてまとまりのない文で不快な思いをさせてしまったかもしれませんがお許しください。
おかよさんのHPで元気いっぱいもらってます☆本当にありがとうございますm(__)mこれからも頑張って下さい☆応援しています!! 


Re:はじめまして☆
by おかよ 管理人 2004/10/23 12:37:58

あっこさん、こんにちは^^
まだお若いのに、お二人とも絶対に産むと決めていらっしゃたんですね。とても偉いです。そんなに好きな人と出会えてよかったですね。そんなに好きな人の赤ちゃんを授かってよかったですね。
お二人が、これからも手をつないで寄り添っていく姿をお空から赤ちゃんは、きっと、見守ってくれていると思います・・・。

病院のひどい対応には、心が痛みます。母親は、あの時こうしていれば・・・などと自分を責めてしまうものですが、責めることで自分が苦しくなるのに責めることでなんとか自分を保てるようなこともありますよね。
流産は、人生の中でも、本当にとても辛い経験になりますよね。
でも、赤ちゃんのご供養までされるお二人のことですから、赤ちゃんも、不思議なことを何度か見せて応えてくれたんじゃないかな・・・・。
こちらこそ、ありがとうございます。またいつでも遊びに来てくださいね^^彼氏さんにもよろしく・・・・^^ 
スポンサーサイト

別窓 | 掲示板過去ログから | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<掲示板での出会い22 ミルキーさん・さつきさん・のんきちさん・はなさん | 出生前診断の告知のあり方と自己決定の支援について考える【泣いて笑ってBlog】 | 掲示板での出会い20 のんきちさん・emuさん>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 出生前診断の告知のあり方と自己決定の支援について考える【泣いて笑ってBlog】 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。