出生前診断の告知のあり方と自己決定の支援について考える【泣いて笑ってBlog】

メインサイト http://www15.ocn.ne.jp/~nikomama/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

人工死産体験談<ケース6>

空6


【ケース6】 2005年7月31日  

流産・死産を経験されている方が多い中、私の経験がおかよさんとほとんど同じなのでビックリしました。今こうしてパソコンに向かってますが、何から言っていいのかわかりません。私は第2子を人工死産してしまいました。上の子は何事もなく妊娠出産していたので、まさかこんな経験をするなんて夢にも思ってませんでした。
おかよさん・・・妊娠出産って何なんでしょうね。経過が良ければ家事も仕事もスポーツもでき普通の生活ができるのに、経過が悪いと、絶対安静の入院生活、最悪「死」となり・・・。自分自身も人生もが変わりますよね。

私は長女の出産後、3回の初期流産、その後不育症と診断され大学病院でいろいろな検査をしたけれど決定的な原因がなく終わり、そして4回目の妊娠。それが一番つらい人工死産となりました。
妊娠反応が出たと同時期に高熱が出て入院しました。今思うとそれが感染症の始まりというか症状が出ていたのかな?と思います。その初期 の入院中に茶褐色のおりものが出て「まただめなのか・・・」と思ったが、ポリープによる出血だから心配ないとの事でした。でも感染症を引き起こす場合もあるからとポリープを摘出。そして退院。その後しばらくは経過が良かったのに、安定期を目前に軽い腹痛。
すぐ病院に行きましたが「経産婦はお腹が張りやすいんだよ、赤ちゃんは順調」て言われ安心して帰ったのに二日後に夜中陣痛のような痛み。でも経産婦特有なのかと信じ一晩我慢。でも二日後にドロッと真っ白いおりものが大量に出てその後鮮血な出血。ちゃんと早めに病院行ったのに何でこんな事になるの?と悔しかったけどしかたがない。子宮口が少し開いているとの事で即入院となりました。

痛みはなくなったものの出血が止まらない。24時間点滴つけて安静。入院し一ヶ月過ぎた頃、赤ちゃんの成長がよくなく、そして羊水が減っていってしまい、おかよさんの赤ちゃんと同じように赤ちゃんが狭い子宮できゅうきゅうになってきてしまい・・・先生から説明された内容もまったくおかよさんと同じ内容でした。だから私の思いもまったく一緒です。トクトク・・と心拍聞こえるのに、確かに今私のお腹の中で赤ちゃんが生きているのに、なんであきらめなくてはならないの?それって赤ちゃんの意思も聞けず殺しちゃうって事?なんで我が子を殺しちゃうの?もう現実なのか夢なのかなんだかわからない状態で・・・すごく悩みました。
このまま絶対安静でいれば・・もう少し週数が進めば未熟児でも生きられるんじゃないか・・肺に障害を持ってもわ我が子には変わりない・・すごくすごく悩みました。でも結果、あきらめることにしたけれど、それが正しい選択だったのかまた悩み、もうつらい日々でした。
昨日まで、安静でシャワーもだめだったのに、今日からシャワーの許しが出て、点滴がはずされ、回診では心音チェックもしてもらえない・・手術日までそんな日々を過ごし、私は毎日葛藤し、そして手術日。私の場合かなりの前置胎盤だったため出血がひどく、最後は掻爬になってしまいました。陣痛の時は意識があったのでひたすら歯をくいしばって耐えていましたが、掻爬の麻酔をかけられてから私はかなり暴れて叫んでいたらしいです。
もうろうと意識が戻った時には泣いていて自分では時間の感覚がなかったが2時間ぐらい分娩室で泣いていたそうです。最後掻爬になってしまったので、赤ちゃんは見せれる状態じゃなかったと先生が言ってました。でもたぶん男の子かな・・と言ってました。
確かにさっきまで赤ちゃんを産むため、陣痛とも闘い分娩室にいたはずなのになんで赤ちゃんがいないの?と現実を受け止める事ができず、頭がおかしくなりそうでした。でも私には長女がいたので、その長女の存在が私を励まし勇気づけてくれ、だからこうして立ち直れたのかもしれません。もう二度とこんなつらい経験はしたくない・・もう赤ちゃんはあきらめよう。でも母性本能ってあるんですよね・・。抱けなかった赤ちゃんを抱きしめたい、赤ちゃんの誕生を楽しみにしている長女をお姉ちゃんにさせてあげたい・・あきらめたはずなのに、やっぱりあきらめきれない。そして3年後私は今二人の子供のママになりました。引っ越しもしたのであきらかに前とは違う。今度こそ最後、もう一度だけがんばろう・・とパパと話し合い、そして妊娠。
今までの流産・死産の経験が嘘のように今回の妊娠は順調で、出血も腹痛もなく、8ヶ月まで立ち仕事もし、元気な妊婦生活を送り、予定日ビンゴに無事男の子を出産しました。今はすくすく元気に成長し4ヶ月になりました。私の経験談が今つらい思いをしてる人に少しでも勇気を与えられたら・・と思い綴りました。希望を捨てないでほしいです。
今日おかよさんに出会うことができ本当に良かったです。約2ヶ月間の入院生活は季節も変わりとても長くつらかった。入院した日、まさか空っぽになったお腹で赤ちゃんがいなくて家に戻ってくるとは想像もつかなかったけど、きっとこのつらい経験は意味のある事なんでしょうね・・。
赤ちゃんのへその緒をくださったので、毎日手をあわせ話しかけ、家族で大切にしています。
長くなってしまいましたが読んでくだっさてありがとうございました。 
スポンサーサイト

別窓 | お寄せいただいた人工死産体験談 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<人工死産体験談<ケース7> | 出生前診断の告知のあり方と自己決定の支援について考える【泣いて笑ってBlog】 | 人工死産体験談<ケース5>>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 出生前診断の告知のあり方と自己決定の支援について考える【泣いて笑ってBlog】 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。